ACLでFC東京に敗れた上海上港のエリクソン監督の言い訳が酷い!?「地震の影響で休めなかった」

2016年5月18日、新快報によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合のために来日した上海上港のエリクソン監督が、FC東京との試合に敗れたことについて、地震が影響したことを示唆した。
試合の前日の16日午後9時ごろに、茨城県で最大震度5弱の地震が起き、試合会場のある東京も震度3~4の揺れを観測した。この時、ホテルにいた上海上港の選手たちは相当な恐怖心を感じていたという。
その影響からか17日の試合では動きが重く、上海上港はFC東京に2-1で敗れた。エリクソン監督は、「我々は先週土曜日に北京で厳しい試合を行い、日本に来てからもしっかりと休めなかった」と語り、試合結果は地震の影響を受けたとの考えを示した。
一方で、「こうした状態は一時的なものだと信じている。選手たちのコンディションは問題ないし、ホームに戻ったらもっと良くなる」と自信をのぞかせた。
http://www.recordchina.co.jp/a138936.html
2016年5月17日、東方網によると、AFCチャンピオンズリーグの決勝トーナメントで東京FCとの試合のため日本を訪れていた中国のサッカークラブ・上海上港の選手が試合の前夜、茨城県南部を震源とする地震に遭い、「もう運を天に任せるしかない」とその恐怖をつづった。
地震が発生した当時、選手たちは練習を終え、ホテルで休息中だった。チームの中心的存在の武磊(ウー・レイ)は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、
「宿泊先は32階。かなり揺れ、警報や携帯電話が鳴ったが、この階では逃げようがない。どうしたらいいか、頭の中が真っ白になって、もう運を天に任せるしかないと思った。震度5クラスだったと後で知ったが、地震に遭うのは初めてで、本当にびっくりした。日本人はもう慣れっこのようだけど」と書き込んだ。
http://www.recordchina.co.jp/a138867.html

続きを読む

「日本代表選出はうれしいですが、正直早いと思います」by久保建英

F東京・MF久保、A代表初招集に「光栄です。正直早いと思います」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000134-sph-socc

初のA日本代表入りを果たしたF東京MF久保建英(17)が23日、F東京の練習場で取材に応じ「光栄です。正直早いと思います。うれしいですが、びっくりしています」と率直な心境を明かした。

続きを読む

日本代表・森保監督が「出場0の川島」「得点0の岡崎」召集の理由を語る!


長年にわたって日本代表の主力を担ってきたGK川島永嗣(ストラスブール)とFW岡崎慎司(レスター・シティ)が23日、ロシアワールドカップ以来となるA代表復帰を果たした。所属クラブでは定位置を失っているが、森保一監督は「たくさんの経験をチームに還元してもらえれば」と信頼を語った。
今季からストラスブールに所属する川島はリーグ・アン最終節を残した現段階で、プロ1年目の2001年以来となる公式戦出場ゼロ。すでに全日程を終了したプレミアリーグで21試合に出場した岡崎も、先発は1試合にとどまっており、プロ2年目の2006年以来となるシーズン無得点に終わった。
それでも森保監督は2人の初招集に踏み切った。メンバー発表会見の場では「プレーできるだけのコンディションであることをリサーチした上で招集させてもらっている」と述べ、それぞれの選出理由を語った。
川島は「なかなかトップで試合に出場できていないが、しっかり練習を積めていることと、まだ最終節があるので出場に向けてやれている」と日々の練習を評価。岡崎については「試合の出場時間は短いが、継続してやれている中で、最終節のチェルシー戦も映像でチェックして十分プレーできると招集した」と述べた。
森保監督は前回合宿を控えた会見で「基本的にロシアW杯に参加していた選手たちはみんな力があると思っているし、私が監督になってからも全員招集したいと思っていた」と立場を表明。今回川島と岡崎が招集されたことで、大会後に代表引退を表明したMF長谷部誠、MF本田圭佑、DF酒井高徳の3人を除くロシア組全員が一度は再招集に至ったことになる。
前回合宿でMF香川真司(ベシクタシュ)を抜擢した際にも語っていたが、森保監督がロシアW杯組に求めるものは明確だ。「プレーの面でチームに貢献することがまず第一だが、彼らが持っている経験というものを、プレーとピッチ内外のコミュニケーションで経験が浅い選手に伝えてもらえればと思っている」。
「私が監督をさせていただいている中で、A代表と東京五輪チームの代表の中で、世代間の融合をしたいと思っている。これまでたくさんの経験をしてきて、日本代表を支えてきた選手たちの持っているものを少しでもチームに還元してもらえれば、活かしていければと思っている」(今回の会見より)。
今回の合宿には新たなロシアW杯組だけでなく、U-20世代のGK大迫敬介(広島)とMF久保建英(FC東京)、東京五輪世代のDF中山雄太(ズウォレ)といった次世代の若武者たちも初めてメンバー入り。カタールW杯に向けた“世代間融合”を進めていく上でも、経験豊富なベテラン勢に求められる役割は大きい
5/23(木) 16:08配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-43467331-gekisaka-socc

続きを読む

「イニエスタのモチベーションは明らかに低下、トーレスはもっと最悪・・・」by英メディア

Jリーグで不振に苛まれているスペインの両英雄 「日本で本当に苦しんでいる」

スペイン代表で活躍したJ1ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、J1サガン鳥栖のFWフェルナンド・トーレスは昨夏にJリーグへと参戦し、日本で2度目の夏を迎えようとしている。しかし、予想以上の不振を強いられる日が続いていることから、英メディア「GIVE ME SPORT」は「イニエスタとトーレスが日本で本当に苦しんでいる」と見出しを打って注目を寄せている。
昨季10位と不本意なシーズンを過ごした神戸は、今季から元スペイン代表FWダビド・ビジャ、MFセルジ・サンペールを獲得し、上位進出に向けて“バルセロナ化”を進めた。しかし不振に喘ぎ、4月17日にフアン・マヌエル・リージョ監督が退任。吉田孝行監督が再登板となり、イニエスタは新主将に任命された。
それでも神戸は負のスパイラルから抜け出せず、リーグ戦で泥沼の7連敗。同メディアは「この苦戦ぶりは欧州の活躍ぶりから見ても十分に説明できる材料がない」と、想定外の不振であることを強調し、「イニエスタは新たなキャプテンに就任したが、モチベーションは明らかに低下している」と悲惨な状況を綴った。
「トーレスはもっと最悪だ」 不振ぶりを不安視
また、記事では「トーレスはもっと最悪だ」と指摘。昨季は加入当初から残留争いを強いられ、前線で孤軍奮闘するターゲットマンとして体を張る仕事を全うし、瀬戸際の残留を勝ち取っていた。今季はルイス・カレーラス新体制の下、攻撃的スタイルにシフトしている最中だったが、未曾有の大不振に陥り、開幕10試合でわずか1ゴールとJ1ワーストを更新した後、指揮官は解任されることになった。
直近の2試合で連勝して復調の兆しを見せている鳥栖だが、トーレスはベンチ要員となっており、不本意な日々を過ごしている。今季10試合出場(520分)でノーゴールが続き、ピッチ上でチームの得点に絡んだのは途中出場した第11節ガンバ大阪戦(3-1)のみとあって、「わずか1ゴールにしか関与していない」と苦境ぶりを伝えている。
記事では「イニエスタとトーレスは日本で挽回することができるのか?」と投げかけ、「確かなのは、シーズンを通して挫折せずに進む価値はあるということだ」と締めくくっている。スーパースターたちにとってJリーグは思わぬ苦難の戦場となっているが、中盤戦以降の盛り返しに注目が集まる。
5/23(木) 18:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00190938-soccermzw-socc

続きを読む