JリーグがFIFA17に収録!全18クラブがフルライセンスで収録!

Jリーグのトップパートナー、Electronic Arts Inc.
(代表取締役社長:Andrew Wilson、本社:Redwood City, California、以下「EA」)から
今秋9月に発売されるEA SPORTS?『FIFA 17』に明治安田生命J1リーグ全18クラブと
所属選手(*1)を収録することになりましたので、お知らせいたします。
明治安田生命J1リーグに所属する全18クラブのロゴ、ユニフォーム、
選手は全て実際と同じ形で収録されるJリーグオフィシャルライセンスゲームとなります。
『FIFA 17』では業界で最も最先端をいくゲームエンジンの一角をなすFrostbite(*2)が採用され、
リアルで、現実味のあるアクションが可能となり、プレイヤーを新たなサッカーの世界へと誘い、
さらにキャラクターの深み、感情全てが表現されることとなります。

2016/06/24 12:00
http://www.jleague.jp/release/post-43856/

続きを読む

日本サッカー協会「もう長居とか日産とか陸上トラック付きの見にくいスタジアムでサッカーするのやめます」


日本協会が、20年東京五輪以降は国際Aマッチの試合をサッカー専用スタジアムでのみ開催する意向を持っていることが、17日までに関係者への取材で分かった。
これまでは日産スタジアム、長居陸上競技場など陸上トラック付きの競技場で数多く国際試合を開催してきたが、ハード面でも世界基準を目指していく。
日本のサッカー界が、ハード面でも世界基準に近づくかもしれない。
関係者によると、日本協会が、20年東京五輪以降の国際Aマッチを、サッカー専用スタジアムのみで開催することを検討していることが判明した。
サッカー観戦が日本以上に文化として根付いている欧州などの地域では既に、試合が専用スタジアムで行われるのは当たり前。
若いうちから多くの選手が海外移籍を果たし日本代表も本気でW杯上位を目指すようになった今、新たな時代に突入する。
背景にあるのは、各地で構想、建設が進む専用スタジアム化の流れだ。
各Jクラブが動いており、例えばJ2長崎では長崎市内に、直接試合を観戦できるホテルなどを併設する大型多機能複合施設の構想が浮上。
20年から工事に着手し、23年の完成を目指している。
また京都では亀岡市で球技(サッカー、ラグビー、アメフット)専用の京都スタジアム(仮称)の工事が進む。
他にも岡山が5年以内にサッカー専用スタジアムを実現したいという意向を表明し、広島でも建設への動きがある。
20年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場も、大会後は球技専用に改修されることが決まっている。時代の波が、後押ししている。
現時点でもパナソニックスタジアム吹田をはじめ、カシマスタジアム、埼玉スタジアムなど既に使用されているサッカー専用スタジアムも全国各地にある。
17年には福岡県にタッチラインとの距離わずか8メートルという臨場感あふれる球技専用のミクニワールドスタジアム北九州が完成した。
02年、W杯日韓大会の決勝ブラジル―ドイツ戦が行われた日産、その1次リーグ最終戦チュニジア戦で森島、中田が決めた長居。
数々のドラマが生まれた舞台が使われなくなることになるが、時代の変化に不可欠な改革となるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000010-spnannex-socc

続きを読む

「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」by原口元気

「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」と語り、同僚宇佐美へのエールを贈っている。
現地時間17日、ブンデスリーガ2部デュッセルドルフvsG・フュルトの試合が行われるが、この試合でMF宇佐美貴史の出場が有力視されている。負傷で欠場確実となっているMF原口元気が、同僚宇佐美に対してエールを贈った。
現地メディア『ビルト』は原口元気の「まだ目めいがする」という言葉を紹介。今月2日に行われたザントハウゼン戦で頭部を強打し、その後まだ万全の状態になっていないと伝えている。
そこで、次節は宇佐美貴史の出場が有力視されている状況。本人は「スタメンでようやく出場できるかもしれない。今季、初めて90分フル出場できることを願っています」と述べている。
欠場が確実となっている原口は宇佐美に対して「宇佐美は僕のためにゴールしてもらいたいですね」と語り、同僚宇佐美へのエールを贈っている。
前節、ベニート・ラマンがイエローカードを受け、次節は累積警告で欠場が確定。その代役として宇佐美の先発を予想する声も多いが、デュッセルドルフのフリードヘルム・フンケル監督は「ベニートの代わりに誰が出場するか、複数の選択肢がある」と述べ、スタメンについては明言していない。果たして宇佐美はヒュルト戦で先発起用されるのか。そして、同僚原口の期待に応えてゴールを記録することができるのか、注目が集まる。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?238000-238000-fl

続きを読む