「こんな頭のいかれた選手はいない。いつも真逆にいっている」by日本代表・本田圭佑

サッカー・日本代表ベルギー遠征(21日、リエージュ)W杯ロシア大会に出場する日本代表が23日のマリ、27日のウクライナとの国際親善試合に向け、冒頭15分以外は非公開で調整した。昨年9月以来の復帰を果たしたFW本田圭佑(31)=パチューカ=は、紅白戦で控え組の右FWに入ったもよう。現状は同ポジションで2番手以降だが、今回の遠征での巻き返しを誓った。
強気な“本田節”が戻ってきた。昨年9月のW杯最終予選・サウジアラビア戦以来となる代表入り。メキシコで復活を遂げた31歳が、W杯に向けて熱くほえた。
「手応えはある。(メキシコで)毎試合、点に絡んでいる。そこのアイデアは欠かさないように準備している」
この日、23日のマリ戦に向けて非公開で紅白戦を実施。本田は控え組の右FWに入った。現状では同ポジションで久保に続く2番手以降だ。それでも、酸素の薄い標高2000メートル級のメキシコで今年に入って12試合で4得点6アシスト。体重も絞れたという。自身3度目のW杯出場にこだわりを口にした。
「いつもW杯に勝つためにやってきた。メンバーに選ばれたいからではない。日本に欠けているものは何か。自問自答しながらやってきた」
ハリルホジッチ監督がチームに求めるスタイルは堅守速攻。右FWの本田には「DF裏に飛び出す動き」を要求する。本田は「正直いえば得意ではない」と認めつつ、この4年はアタッカーとしてのプレーを追求してきたと自負する。
「足が遅いのに1対1に勝つにはどうすればいいか。晩年を迎える選手が、個人戦術に固執してきた。こんな頭のいかれた選手はいない。ボランチでパスをさばけばいいのに、いつも真逆にいっている」
本音では中盤でのプレーが希望。それでも自らを「頭のいかれた選手」と表現してまで、指揮官のスタイルに“染まる”努力を重ねてきた。
指揮官は「ケイスケにはチャンスをつかんでほしい」と話す。「W杯の切符を取るには結果を出さないと厳しい。アシストでも、その前のパスでもいい」と本田。その表情には、逆境を楽しむようなすがすがしさが漂っていた。

3/22(木) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000507-sanspo-socc


さすがに、久保よりは上だろうよw


自己紹介、乙


本田はイカれてる


本田が自分で頭が行かれた選手と言っているんだからある意味正しい


こんな饒舌な選手はいない


誰が言ったのかと思ったら自分で言ってんのか


そもそも久保が1番手ってさ…今パッとしないの知ってて書いてんのかな?


本田圭佑もイカれてるけど大好きだぜ
頑張れ!


お前が最初にボランチ拒否したんだろ


良くも悪くも日本代表のスポークスマン、宣伝マンとしては優秀
誰よりもメディアが本田の復帰を待っていただろう


アタッカーとしてのプレーを追求していたのか


なんだかんだ結果残してるから凄い
アスリートとしてインパクトはあるな


ハリルの考えるサッカーに染まれなければ最終メンバーに残れない


染まったら染まったでサッカー選手として終わる可能性も


頑張れ本田


がんばってほしい


本田「パサーがサイドにいてはサッカーにならない」


全盛期にボランチやってくれてたら、今の日本はもう少し強くなってたぞ


・・・・・大迫・・・・・
原口・・・森岡・・・岡崎
・・・山口・・長谷部・・
長友・槙野・・吉田・宏樹
・・・・・川島・・・・・
これでいいと思うんだよ


メンタルだけは強いな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。