「今の日本代表はスペインにも勝てる!日本がいい状態で、相手の調子が悪かったらね」by神戸・リージョ監督


「吉田(麻也)はいいセンターバックだ」
ヴィッセル神戸監督のフアン・マヌエル(ファンマ)・リージョは、独自の所見を述べている。11月の日本対キルギス戦の翌日だった。
「(吉田は)顔つきがいい。周りのチームメイトに、戦いの真剣さを伝えることができている。ここに俺はいるぞ、心配するな、と。後ろから安心を伝えられる。一家の父親のように、ね」
リージョはそう言って、高い評価を与えた。スペインの名将が見た、日本サッカーと日本代表の実状とは――。
「日本代表は、すでにW杯でも十分に存在感を示している。今の日本は条件次第で、どこの代表でも破る力を持っているだろう。たとえそれがドイツ、イタリア、スペインのような強豪国が相手でもね。もし日本がいい状態で、相手の調子が悪かったら……必ず勝機はあるはずだ」
リージョはそう言って、日本代表のポテンシャルの高さに言及している。一方で、戦いの進め方に関しては苦言も呈した。
「ロシアW杯の(決勝トーナメント1回戦)ベルギー戦では、明らかに悪い試合マネジメントがあった。それは日本人の性格なのかもしれないが、ペナルティエリア内では、生きるか死ぬかの勝負のはずなのに、それが足りなかった」
彼はさらに言葉を継いだ。
「海外で活躍する日本人は、中盤の選手が多い。スキルが高く、優雅なプレーができる。たとえば、ベティスの乾(貴士)はそうだろう。キヨ(清武弘嗣)も、セビージャ(2016-17シーズンに所属し、当時、リージョはヘッドコーチだった)では万能だった。技術に優れ、球際を戦えたし、能力の高さを示していた。活躍できなかったのは、諸事情があったからだ。
一方で、センターバック、センターフォワードなど、エリア内で戦う日本人選手がヨーロッパで活躍するケースは少ない。日本人のキャラクターなのだろうが、少しおとなしすぎる。穏やかで、正直であることは悪いことではないが、エリア内の選手はいつも飢えてないといけない」
リージョは、日本人の潜在能力を信じているからこそ、そう厳しく指摘するのだろう。伸びるポイントを的確に示した。
「たとえば日本人選手は、もっとボールを持ち運んでいいと思う。ドリブルで相手を抜いていくというのではない。ボールを持ち運び、相手を誘い出すというのか。ボールを動かして、相手を引きつけ、(敵の)ポジションをずらし、味方をフリーにする。そこでコンビネーションが生まれる。日本人はそれをあまりしない。エリア内に入っていく、仕掛けのドリブルは好きだけどね」
日本サッカーは、世界と比肩するところまで来ているのだろう。ただ、あと一歩というのは意外に遠い。
「日本サッカーのレベルは、間違いなく高いよ。規律や技術は問題ない。あとは、そこから自由にプレーし、プレーに閃きを与えられるか。それは質の高いトレーニングを続けることによって出るようになるかもしれない。
実際、神戸の選手たちは確実に成長を示している。たとえばユウタ(郷家友太)は、(ディフェンスで相手の体とボールの間に)足を入れられるようになったし、ヨシキ(松下佳貴)はターンが速くて、尻や腿は筋肉がつき、そのフィジカルの強さを生かせるようになってきた」
リージョはそう言って笑顔を見せ、日本サッカーの肯定的な未来を展望した。そして、自らの意志でピッチを闊歩し、自由にプレーを創り出せるようになるほどに覚醒する条件について、このように語っている。
「90分間の戦いでは、『しょうがない』という考え方を捨てないといけない。失点したら心を痛める。それが強さを生み出す。アンドレス(・イニエスタ)は穏やかな性格だから、『勝てなくてもしょうがない』ように見えるかもしれない。でも、そんなことは決してないんだよ。負けたとき、彼は”恥”を感じている。誇りを傷つけられているのさ。ふざけるな、とフラストレーションを表現しないだけでね」
リージョは、神戸の選手の熱を引き出すことで、短期間でチームを変革させた。チームカラーが強く出るようになった。簡単にボールを失わなくなったし、容易に敵を侵入させず、得点の形を生み出しつつある。
いつか、リージョが日本代表を率いることになったら――。それは現時点では、妄想でしかない。しかし無冠の神戸を変革することができたとき、それはにわかに現実味を帯びるはずだ。
12/31(月) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00010000-sportiva-socc


とりあえずスペイン人だけにしてくれ
スペインのトップクラブは世界選抜じゃねえか


>日本人選手は、もっとボールを持ち運んでいいと思う。
これ俺が常々言ってた事だ。日本人選手はボールを運ぶドリブルが無いと思っていたが専門家の目から見ても同じだったか


囮のドリブルを有効活用していくって発想はなかったなあ。
まあ、ベルギー戦のデブライネは、正にそれをやってたわけだし、日本はそこが遅れてるよな


ありえんだろ
スペインに勝てるアジアの国があるとしたら韓国だけ


ゴール2つも取り消されたらそりゃスペインも勝てませんわw


反則と審判買収だね
ありえん はロッベンだ


ロンドン五輪で勝ったじゃん


都合によってアンダー持ち出すやつ


日本代表と違ってすんなりA代表になってんの多いいし


吉田はOAだしな
スペインはブスケツピケラモスの壁は経年劣化しないと超えれんし仕方ないか


リージョって気難しく見えるけど
しゃべると八百屋のおっさんのような声で早口なのでなんとなくいい人ぽい


日本とスペインは1回しか戦ったことないんだよな。1―0で負けたみたいだけど
オリンピックの時の内容見てたらフル代表同士でやっても普通に勝ち負けになりそう。
あまり戦えてないのはスペインが負けるかもしれないから嫌がってるからじゃないかな。


1-0で負けた時は、リアルタイムで見てたけど、その前の試合でフランスに5-0で負けて、トルシエがびびって、5バックどん引きにしてたからな。
まだまだスペインは、日本をナメてるよ。


【リージョ語録】
『ロナウドは、俺に言わせればフットボールをプレーしていない。ひとりの選手がチームの中で尋常じゃなく神格化されると、やがて成長が止まってしまうという典型的な例だよ。』byファン・マヌエル・リージョ
『年を取れば取るほど、選手には多くのプレー時間が必要になる。ほとんどのヤツはその逆を言うが、ベテランは使ってあげなければどんどん衰えていく。
体力が落ち、感覚が鈍り、最後には自信と闘志をも失ってしまう。もうそうなると使いものにならないんだ。』byファン・マヌエル・リージョ
『プリンは4連にすべきだ。うちは俺、妻、長女(7歳)、次女(4歳)の4人家族だが、 3連プリンを買うといつも上の子が我慢させられる。不憫で仕方ない。 』byファン・マヌエル・リージョ


プリンは、アンタが我慢すべきだろ!
とツッコんでみる


2個買えや


まあブンデス2部ってのが正しい味方。
外国人五人制になるしレベルは上がるよ。


勝てるわけねーだろ


スペインに勝てるかどうかは知らんがよく分析されてるな


しかし、リージョって清武も知ってたんだな。そこに驚いた。ずい分研究熱心な監督じゃないか。


セビージャ(2016-17シーズンに所属し、当時、リージョはヘッドコーチだった)
知らんでは済まされないw


何回に1回かも付け加えてくれや
毎回勝てないのなんて分かり切ってるし


スペイン化バルセロナ化で必ず強くなるってのもどうかな
本当に日本人に合うかわからんよ


リージョ監督は別に勝てる監督ではない
勝利というより教え込む学者タイプの監督
ワーワーサッカーから抜け出せない日本サッカーにもう一度基礎から勉強し直すのは将来への投資になる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。