【イタリア人監督の視点】日本代表は組織戦術の観点で言えば、これほどオーガナイズされた代表チームは世界でも少ない

キリンカップの2試合は1勝1敗。ブルガリア戦では大量7点を奪ったものの、続くボスニア・ヘルツェゴビナ戦は1点にとどまった。一方、守備では2試合ともに2失点を喫している。
例えば相手がイタリアなら2-1、3-2の勝利は有り得るが…
この欧州代表チームとの2連戦を、戦術解析に定評がある現役イタリア人監督はどう見たのか?
現在の欧州スタンダードやブラジル・ワールドカップを戦ったザッケローニ監督時代との比較、
また日本代表の課題についての見解を、前編・後編に渡ってお届けする。
―――◆―――◆―――◆―――
大勝したブルガリア戦と逆転負けしたボスニア戦、結果こそ対象的だったものの、日本代表のチームとしての振る舞い、パフォーマンスは一貫していた。

それを総合的に評価するならば、ダイナミズムとアグレッシブネスを合わせ持ち、チームとして極めてよく組織された好チーム、ということになる。組織的な戦術という観点から見れば、これほどよくオーガナイズされた代表チームは世界でも数少ないのではないかと思う。
サッカーのコンセプトは、ザッケローニ監督時代の延長線上にある。
すなわち、フィジカル能力よりもテクニック、個人能力よりも組織的な連係を重視し、グラウンダーのパスをつないでボールを支配し積極的に主導権を握って戦うチームだ。
「ザックジャパン」と相違点があるとすれば、攻撃の局面で両SBが同時に高い位置まで進出すること。 これにより多くのプレーヤーをボールのラインより前に送り込み、攻撃に厚みが出ているが、
その反面ネガティブトランジション(攻→守の切り替え)に備えてボールのラインより後ろで
カバーリングポジションを取る人数が少ないため、ファーストプレスを外されてカウンターアタックを受けた時には失点のリスクが高くなる。
実際、今回の2試合でも日本は多くの決定機を作り出した一方で、SBの戻り遅れから失点の場面が生まれている。
これはコインの両面であり、攻守のバランスポイントをどこに置くかという、監督のフィロソフィにかかわる問題だ。 ザッケローニに比べるとハリルホジッチのほうが、より積極的にリスクを取りに行く姿勢を持っているということ。
しかしその点を除くと、チームとしてのコンセプト、戦い方には明らかな一貫性が見てとれる。
そしてそれは、テクニック、クイックネスとアジリティ、持久力、規律と献身性といった日本サッカーの特徴と長所を活かし引き出すものだ。 その点ではザッケローニとハリルホジッチのアプローチにほとんど違いはないと言えるだろう。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00016449-sdigestw-socc


アンカーを置いて3バックにすれば解決するのに


選手が12人必要になる。


親善試合ではそこそこやれても本番では通用しないサッカー


セルジオに読ませてあげたいわ


戦術的な話が聴きたいんじゃなく褒められたいだけの人多いしな


要約:学習せず本番撃沈するぞするぞ


ザックより攻撃寄りかぁ
ブルガリア戦しか見れなかったけど
ボスニア戦でもサイドバック
ガンガン上がってたんか
どうせ本番は選手がビビってライン下げて
両サイドの上りも少なくなるのに


アジア予選とか東アジア杯の戦いをみると、ザックよりはるかに守備重視できてるね
今回は親善試合ということで攻撃的にどれだけやれるか試しただけだと思う
最終予選は守備的な布陣をひくだろ


要はSB上げて攻撃力を上げるかSBを下げて守備力を上げるか


両方のSB上がったらさすがにスペース広すぎてワールドクラスのCBでも抜かれる可能性高くなるよ
今季前半のドルトムントがそんな感じだったがフンメルスぼこぼこに叩かれててかわいそうになった


今時だと攻撃時にこういう風に両CBがワイドに開いてSBを高い位置に置く
という戦術が割と当たり前になってるけど、CBの間に誰が入るのかが問題だな
MFが降りてくるパターンもあるけど、GKもビルドアップに絡むべき
SB SB
CB CB


西川くんなら出来るか、川島は、、、うん


守備の局面になったときに4-4-2ブロックがちゃんとできてないよな


結論:アギーレ最強


誰かと思ったらイタリア4部の監督じゃねーか!


でもスピードに乗って相手がドリブルしてくると脆いよね
止められなくてぐちゃぐちゃになる


同じ場所でおなじことをやってるようなフットボールは飛びぬけた個人能力が必要になり、相手もパターン化されたら対処はしやすくなるわけだろう。
カウンターでロッベン戦術みたいなのなら、それでもいいわけだが、日本人じゃ無理だろ。
だから攻撃に人数をかけて、早い連携で崩す必要があるわけで、ここまでは間違ってないわけ。
だとしたらポジションが定まってない方がいいわけで、そうすると流動性、つまりスペースを利用する能力が重要になる。
ただそういった攻撃面だけの都合の良さを優先していったら、守備の規律が取れなくなるという問題が起きるわけ。
こういった相反する矛盾でさえ、意識できてない家畜が多すぎる。それ自体が責任感の欠如なわけ。
どうやったら上手くいく、などという考えはない。どうやってある程度のリスクマネージメントするか、バランスのとれた規律を作るかだ。


サイドが個でもっと仕掛けられるようにならないと駄目


てかボスニア戦ほとんどファールなかったな
カード覚悟で止めるプレーも必要では


お仕事ファールは少なかったな 覚えてるのは長谷部吉田遠藤が一回ずつ


まとめ
戦術的欠点は見当たらない
ブルガリア戦、ボスニア戦の違いは決定機決めたか、決めないかだけ
SBが攻撃に多く関われば、得点チャンスも増えるが、失点の可能性も増す
ホーム以外でもこの戦い方を続ける精神力必要
欧州のトップリーグで15点以上取れるFWと、強力なCBがいれば世界のトップ10に入れる可能性あり


ブルガリアとボスニアの守備の仕方の違いが、決められたか決められなかったかの
違いに関わってくるんだけどね。


岡崎とか倒されて上に乗られて押さえ付けられてたけど
もちろんノーファールです


ジャッジはとにかく酷かったな。試合の中で一番レベルが低かった。試合のレベルに付いてこれなかった感じ。


個の力の無い劣化アーセナルって感じ


フットボールというのは相対的だからな。同じことをやってれば良い、というものではない。


なにが442ブロックだよ。別に451でもいいだろ。
相手の人数に対処するということでしかない。
あと、何がなんでも数的優位な守備をしろといってるわけじゃない。
あえて守備のほころびを作ることで効率化させるということも不可能ではないわけ。
ただ個々の抜けた判断力や信頼関係、ボールやスペースに対するアプローチが必要になるということだ。


4-5-1のブロックって前線からのファーストディフェンスを捨ててでもサイドをケアしたい場合だよね
レアルバルサクラスが相手って場合くらいかな、それをやるのって


632はGKも含めた画期的な戦術ビジョンだから突っ込まなくていいぞw


世界のカワシマならできる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。