【ハイライト動画】大迫は途中交代・・・【ケルン×ヴォルフスブルクの結果!】


大迫先発も2戦連発はならず…ケルンはヴォルフスブルクを破り2連勝
SOCCER KING 2/5(日) 1:34配信
ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンとヴォルフスブルクが対戦した。
大迫は18試合連続でスタメン出場している。
ケルンは前節のダルムシュタット戦を6-1の大勝で飾り、7試合ぶりの勝利を収めた。
上位陣から離されないためにも、ホームで連勝を飾りたいところだ。
一方、ヴォルフスブルクは14位と低迷。敵地で2試合ぶりに勝利を収めたい。
試合は序盤からケルンが押し気味に進める。
25分には大迫がロングシュートを狙ったが、相手DFに当ってしまい、GKディエゴ・ベナーリオがキャッチした。
その後もケルンがチャンスを迎えたが得点を挙げられず、このままスコアレスでハーフタイムを迎える。
後半開始早々にチャンスを作ったのはケルン。右CKを獲得すると、キッカーのコンスタンティン・ラウシュが左足でクロスを上げる。
鋭く曲がったボールがクロスバーを直撃したが、ここも得点にはつながらなかった。
スコアレスドローの可能性も見えてきた81分、ケルンはアントニー・モデストがエリア内でベナーリオに倒されてPKを獲得。
これを自らゴール左下に決め、ケルンが先制に成功する。
モデストにとっては今シーズン15点目となった。
ケルンは86分に大迫を下げてドミニク・マローを投入。
このまま1-0でケルンが逃げ切り、ホームでリーグ戦2連勝を飾った。
なお、大迫は86分まで出場している。
次節、ケルンは敵地でフライブルクと、ヴォルフスブルクはホームでホッフェンハイムと対戦する。
【スコア】
ケルン 1-0 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 81分 アントニー・モデスト(PK)(ケルン)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549309-soccerk-socc


大迫2週連続はならなかったけどよくケルン勝ち越したわ


今日のMOMは審判だな。
イエロー7枚で平均値超え達成。


相手ペースに乗せられた感があるなかよく勝った
今日の大迫は普通だったかな


つまんない試合だったなあのPKもとっちゃダメだろ


まだまだ本田は超えれんな
本田のポジションを奪う選手が出てこない限り代表は強くなれない


今日の狼は悪くなかった
ボールを直ぐに拾いやがる
ただ決定的シーンまでは持ち込めない
今シーズンの出来の悪さを物語ってた


試合勝ってるじゃんよかったな


今日は微妙だったな
前半はいつものクオリティを出せてたが後半はイマイチ
よくわからんイエローももらって途中交代
結局この審判のせいで居合がギクシャクしちゃったな


しかしヴォルフスブルク勝てないな。もう10敗目で暫定14位だぜ
ヘッキングが就任したボルシアMGはどんどん浮上して行ってんのに


しかしモデストのあのPK妥当だったのかな
倒れ方がわざとらしかったが


ケルンのオフェンシブMFは繋ぎの受け方ができないのか。
あれだとモデストと大迫が離れちゃうんだよなぁ・・・


中盤にもう一人いたらなー


ベナーリオ2試合連続やらかしたな
狼はそろそろGK変えないとヤバイんじゃないか?


やっぱ香川と岡崎ぐらいゴールできるやつは当分でてこないやろな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。