ここが変だぞ!ハリル監督!勝てる試合をみすみすドローにした背景

■サッカー・ロシアW杯アジア最終予選(11日、豪州・メルボルンほか)
日本(世界ランク56位)は、オーストラリア(同45位)と1-1の引き分け。2勝1分1敗の勝ち点7で3位とした。
解任論がやまないバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、FW本田圭佑(30)=ACミラン=を日本代表では4年ぶりとなる1トップに配置するなど“勝負手”を打ったが、勝ち切れなかった。もともとセオリーに反し周囲が戸惑う采配を振るうことが多い指揮官。この日も、勝てる試合をみすみすドローにした背景には“ハリルの4つの間違い”があった。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)
【1】原口を溺愛
前半5分。MF原口元気(25)=ヘルタ=は最終ライン裏に抜け出し、本田からのスルーパスを受けると相手GKと1対1。冷静に決めた貴重な先制弾は「監督から何度も言われた形」だった。
これで3試合連続ゴール。W杯アジア最終予選での3戦連発は、1994年W杯米国大会最終予選のFWカズ(現J2・横浜FC)、98年同フランス大会最終予選でのFW呂比須に次ぐ、日本代表史上3人目の快挙だ。
しかし、値千金の得点を奪ったのも原口なら、痛恨の失点の原因を作ったのも原口だった。
後半6分、FWユーリッチにペナルティーエリア(PA)内で接触。同点PKを献上したのだ。
「本当に申し訳ない」。試合後本人はうなだれるばかり。拮抗した場面でのPA内では、ファウルを誘う接触を相手が仕掛けてくるのが定石。これにまんまとはまってしまった。
ハリル監督からフランス語で「デュエル(闘える選手)」と評され、寵愛を受けて“ハリル・チルドレン”ともいえる原口。しかし、「大きな仕事もやるけれども、大きなミスもやる選手」(代表OB)というのが関係者の一般的な評価だ。
浦和時代の2009年の練習中には、助っ人FWエジミウソンと小競り合いを起こし、11年にはチームメートと練習中にけんかになり、相手に左肩関節脱臼(全治3週間)のけがを負わせた過去がある。気性の粗さが裏目に出ることも多い。
昨季からドイツのヘルタに移籍して「すっかり大人になった」(浦和関係者)との見方もあったが、まだまだ日本代表を背負って立つには課題の多い選手といえる。
【2】本田たらい回し
本田が代表で1トップのポジションに入るのは、ザッケローニ監督時代の2012年10月16日、ブラジル戦(ポーランド)以来。今月6日のイラク戦(埼スタ)での右サイドからのコンバート。過去にはトップ下も務めている。
「僕だけがいつも違うポジションなんで…」。試合後、本田は思わず顔をしかめた。
それでも与えられた仕事はできる限りこなす。原口の先制ゴールのアシストも本田だった。
「あの(先制の)形を多く作り出せれば、良かったんじゃないかなと思いますけど、アウェーということで守備的に戦ったんで仕方ない」
終盤“引き分け狙い”で守備的に転じたハリル戦術を、チクリとひとさししたように聞こえた。
一方、ハリル監督も負けてはいない。試合後の「本田がもっとパフォーマンスがよければこの試合は勝てたと思う」と発言。勝ち切れなかった“戦犯”に本田を名指しした格好だ。
本田は先のイラク戦後には「もっとボールを回さないといけない」と苦言を呈し、カウンター一辺倒のハリル采配とは真逆な戦術を「自分が得意とするやり方」と語っていた。
これだけ指揮官とエースの溝が広がってしまっては、日本代表に安定した戦いを求めるのは無理というものではないか。

つづく
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161013/soc1610131140001-n1.htm


【3】指揮官のビビリ采配
後半7分に追いつかれた試合で、ハリル監督が初めて動いたのは、なんと30分後。右太ももを負傷したMF小林(川崎)に代え、MF清武(セビリア)を同37分に投入した。
しかしベンチでは、ドリブラーの斎藤(横浜)も準備を整えていた。
指揮官は「斎藤のような経験がない選手では、プレッシャーに負けてしまうのではないかという不安もあった」と説明した。
しかし、だ。斎藤に対する日本協会内の評価は、ハリル監督のそれに比べるとずっと高い。
海外組を優遇し、Jリーグ組に冷や飯を食わせているのもそうだが、ハリル監督は固定観念ばかりが強く、
過去の実績はないけれど才能あふれる人材を、指揮官としてリスクを負って抜擢する胆力に欠けている。“ビビリ”といってもいい。
【4】J回避の選手選考じゃ…
「『Jリーグが世界で一番素晴らしいリーグだ』と言ったら、『おまえ、フットボールを知らないのか』といわれるよ」
今回のイラク戦&オーストラリア戦のメンバーを発表した際、ハリル監督はこう言い放った。
一方で、「本田や香川らが(所属チームで)先発じゃないからといって、サヨナラといえるのか。簡単に排除することはできない。メンタル的にチームが壊れてしまう」と擁護した。
Jリーグでプレーしている“井の中の蛙”は世界の大舞台に弱く、対照的に海外組はたとえ所属クラブで出場機会を得られていなくても頼りになる。指揮官にはそんな、揺るぎない固定観念があるようだ。
しかしJリーグにも、ゲームメークにたけたMF中村憲や、海外組も脱帽の決定力を誇るFW大久保(ともに川崎)がいて、日本代表に選出されることを心待ちにしている。
また、遠藤保(G大阪)や中村俊(横浜)らベテラン勢は、ベンチにいるだけでも日本代表に、キャリアに裏打ちされた指示や安心感を与えることができるだろう。
早急に選手選考の根本を見直さないと、ハリル監督自身の首を絞めることになりそうだ。


すまん本田たらい回しで笑ってしまった
いや、ポリデントは大事やでw


召集メンバーに口出すOB連中か
原因だよ
あのサッカーやるのに
あの召集はないから


ハリルがオーストラリアを過度に恐れていた
試合前ならそれでも良かろうが、なぜか試合終了までそのビビりが続いた


香川を使わなかったら勝てた試合


今やアジア最強のオーストラリア相手なのに「勝てる試合」
なんて言ってる連中の言葉には何の価値もない
何か勘違いしている


試合見た?中東勢より弱いよ豪州。
かなりレベル下がってる。


香川がスタメンって項目がない


勝ちに行かなかったのは確かだが勝てる見込みはそこまでなかったぞ。


(夕刊フジ編集委員・久保武司)


だからピクシーを代表監督にすればよかったんだ。
中国で4年20億の監督になってしまったぞ。


ポゼッションサッカーやったらカンターでオージーに負けるしな
ハリル正しいよ


日本の将来に希望をともさない方の久保さんの記事じゃないかw


海外組のほうが優れた選手なのはわかるけどさ
選手のレベルは落ちても国内組中心でチームとして成熟させる方が強いんじゃないの?


ハリルはそういう手法の引き出しがないんだよな
特に攻撃はほとんど規律がない
その辺りも日本とミスマッチな監督と言われてる


試合中はあれこれハリルに不満も持ったしバカじゃねえのとも思ったけど
自分がハリルの立場に立って何がなんでも負けるのだけはダメと考えたら、あの采配もやむを得ない気がしてくる
俺らは勝ちに行って欲しかったけど、ハナホジ的に敗戦回避に一所懸命だったんだろう


何だかんだ点にからむ本田を外せないんだよな


海外選手ばかりでほんと日本での試合に勝てなくなった。


そりゃー走れないんだからスロースローキックキックと
パス回さなきゃいかんか
前半でおさらばさせてけば
違った結果になってたかも


ハリルの人選云々ってより協会やスポンサーから突きつけられる選手と
ハリルの目指すサッカーがマッチしないんじゃないかね
今どき流行らんパスサッカーやってたほうが日本はソコソコの成績出せそうだけど
どうせソコソコ以上行かないんだし、今後の事も考えれば個の突破力を重視した戦術と育成に
シフトしていった方がいいと思うけどね


八百長かどうかは分からないが長友の頭に乗る必要は無かったわな槙野
まあ長友は週末の試合スタメンのようだし結果的には良かったのかもしれんが
槙野のプレーは実に酷かった


正直に言うよ
このオッサンがこの先どんな馬鹿采配を見せてくれるか心の中で楽しみにしている俺がいる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。