ガンバ宇佐美、ゲームやめギター始める…娘思いの新米パパ「将来はなでしこ」

G大阪、そして日本代表で活躍する日本サッカー界注目のストライカー・MF宇佐美貴史(23)がパパとして、夫としての素顔を見せた。今季から新たな本拠地となった吹田スタジアムでタイトルを狙うG大阪はもちろん、代表としても6月のキリン杯や、9月から始まる18年ロシアW杯に向けたアジア最終予選で活躍に期待がかかる男が、昨年12月の第1子誕生をきっかけに、変わりつつある自身の内面などについて語った。(金川 誉)
G大阪のエースストライカーとして、2014年にJ1、ナビスコ杯、天皇杯の3冠を達成。15年も天皇杯を制覇した。
活躍はハリルホジッチ監督の目に留まり、日本代表メンバーにも定着した。
さらなる飛躍に期待がかかる宇佐美の原動力は、充実したプライベートライフでもあった。
「最近空いている時間は、娘と奥さんと犬(3匹)を連れて散歩したりしています。
以前は趣味でゲームをしていたんですけど、子供が生まれてやめました。代わりにギターを始めました。家ではよく練習しています。ゲームをする父親は(子供にとって)嫌かな、と思ったんで。
自分の親父がゲームをしているのも、見たことはないですし」
17歳でプロデビュー。切れ味鋭いドリブル、柔らかなボールタッチなど鮮烈なプレーでファンを魅了し、“天才”“至宝”と呼ばれた。当時はまだ少年としての印象が色濃かったが、家庭を持ち、その姿は徐々に変化した。 昨年暮れにアコースティックギターを購入したのも、そんな成長の表れだった。
「ギターを始めたのは、しっかり打ち込める趣味が欲しかったんです。何曲かは弾けるようになりましたね。 どんな曲かは内緒ですけど。奥さんいわく、子供に楽器の音を聞かせる方が、ゲームの音を聞かせるよりずっといいとも言うので。ギターは難しいので長く続けられるかなと。
指先も動かして脳にもいいだろうし、メリットしかないんじゃないかと思って。今はめっちゃ楽しいですよ、肩はこるけど」
昨年12月24日に第1子となる長女・菫(すみれ)ちゃんが誕生。“新米パパ”は、やはり娘にメロメロのようだ。
「やっぱり笑ってくれたり、ちょっとずつできることが増えているのがうれしいですね。テレビをじっと見たり。 自分の手をずーっと見たり。その辺のちょっとした成長を見たりするのが楽しいですね。
子育てのツラい部分は全部、奥さんがやってくれています。だから、本当にすごいなって思っているんです。 寝る部屋も別々。夜泣きで起こされることもない」
19歳で世界屈指のビッグクラブ、ドイツ1部・バイエルンに期限付き移籍。同時に、幼なじみでタレントの蘭さん(24)との結婚も発表した。
海外で思うような活躍ができなかった時期も支えてくれた愛妻の存在は、子供ができたことでさらに大きくなっている。
「奥さんへの感謝はずっと強くなりましたね。普段から、感謝の気持ちを示すようにはしています。
自然に、というか、いつもありがとうって。節目ではプレゼントもしますね。最近はバレンタインデーにネックレスを贈りました。
(去年の)クリスマスイブに娘が生まれ、自分も天皇杯の試合があって、ばたばたしてプレゼントをしていなかったんです。 僕が持つ指輪と同じデザインのネックレスで、喜んでくれましたね。僕もうれしいし、機嫌も良くなりますしね」
プロサッカー選手であると同時にパパとして、夫としても奮闘する23歳。
理想とする父親は、やはり自らを育ててくれた父・和彦さんだという。
「僕は男3兄弟なんで、厳しさはあったけど、サッカーを精いっぱいやらせてもらった。
生活はギリギリの状態で男3人育てた、というのはあったと思う。買ったばかりの車が、
いきなりなくなったことも覚えています。『車は?』って聞いたら、当時は『もういらなくなった』って言われて。 後から聞くと、車を売らないと生活が厳しかったみたいで。貧乏というわけではないですけど、兄2人が高校サッカー、僕もガンバ(の下部組織)で遠征費だったり、色々お金がかかって大変だったはずなので」
自らが父親となった今、家族の存在をより強く感じるようになった。
それは選手としてのメンタル面にも、好影響を与えているようだ。

続きは↓の記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000145-sph-socc


宇佐美に足らないものを金崎が持ってる気がする


以下PK禁止


おい、早いぞ


サッカーに集中出来ないな理由これか


リア充すぐる


もう海外挑戦は諦めたんだな


メンタルが弱すぎるからな
もうこいつは終了


クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


不細工なのにギターとか


さりげなーくdisってるよね この記事


PK始めました


優しいパパ


宇佐美は都市伝説


たしかに売れないしょぼしょぼバンドマン顔だもんな
いっしょミュージシャン目指したらどうか


かつて比較されたネイマールやコウチーニョは欧州で戦っているが宇佐美さんは地元でまったりとギター弾いていた
バイエルンの選手たちにぜひ今の宇佐美さんを見せたい


これからの成長が望めなそうなインタビュー内容だなw


こいつはもう駄目だな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。