サウジ戦の日本代表、酷いのは「ボール支配率23.7%」ではなくシュート数?


日本のボール支配率「23.7%」に注目も…課題は“守→攻” カウンター時の迫力と精度不足
日本代表は21日のアジアカップ16強サウジアラビア戦で1-0と勝利し、ベトナムが待つ24日の準々決勝に駒を進めた。
この試合で日本のボール支配率「23.7%」に注目が集まったなか、シュート数はわずか5本。
エースFW大迫勇也(ブレーメン)が出場を見送っており、攻撃はテコ入れ必須の状況が浮かび上がる。
グループリーグ初戦トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールを叩き込み、逆転勝利に貢献した大迫は右でん部痛を再発し、
第2戦オマーン戦(1-0)、第3戦ウズベキスタン戦(2-1)に続き、サウジアラビア戦も出場を見送った。
大迫の代役として第2戦はFW北川航也(清水エスパルス)、第3戦はFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が出場し、武藤が1ゴールと存在感を発揮。サウジアラビア戦で先発の座を勝ち取った。
サウジアラビア戦では序盤から相手に主導権を握られる展開となる。前半20分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のコーナーキックからDF冨安健洋(シント=トロイデン)が頭で合わせて先制弾。
スコアが動き、相手は一層ボールを支配してゴールを狙うなか、日本もカウンターから反撃を試みた。
ボールを支配される時間が長く続いた一方、日本はリアクションの回数が増えていく。サウジアラビアのボール支配率「76.3%」を見れば、日本のシュート数は限られても不思議はないように映る。
しかし実際は、日本に何度もカウンター攻撃の場面があり、パスのタイミングや精度さえ合えば間違いなくシュート数は増え、追加点も奪えていた可能性が高い。この日は決定機に直結するパスの場面でことごとく精度を欠いた。
ボール支配率で下回った点に関して、選手たちは一様にある程度までは“想定内”と口にしている。“想定以上”にボールを持たれた感は否めないが、
「最終的な部分のケア」(DF長友佑都/ガラタサライ)という共通意識を持ちながら無失点でしのぎ切った。むしろ課題は“守→攻”であり、カウンター時の迫力と精度不足だ。
あと1本パスを通せばビッグチャンス―― フィニッシュに至らない原因は明確
右サイドハーフで先発し、MF南野拓実(ザルツブルク)が下がった
後半31分以降はトップ下に入ったMF堂安律(フローニンゲン)は、「なかなか前線の4枚が絡み合う場面はなかった」と漏らしている。
1トップに武藤、2列目中央に南野、左にMF原口元気(ハノーファー)が並び、それぞれが顔を出してあと一歩の場面は作り出した。
あと1本パスを通せばビッグチャンス――。その局面を迎えながらも肝心のフィニッシュに至らない。その原因は明確だ。
「攻撃のパスをつなげるところ。精度を上げないと強い相手には難しくなる。守備は良い形でやれているので、それをどう攻撃につなげるか。
慌てずにボールをつなぐことも必要になる」(長友)
司令塔の柴崎も「追加点を決めるチャンスはあった。今後の日本代表の武器として、距離の長いカウンターも磨かないといけないかなと思う」と、カウンター時の精度不足を指摘した。
今後の試合でもボールを保持され、押し込まれる局面は訪れるだろう。攻撃の改善をいかに図るかは大きな焦点となる。
この試合で武藤が累積2枚目のイエローカードを受けて次戦は出場停止。
その一方、試合から一夜明けた22日、大迫が全体練習に本格復帰を果たしており、エース起用ですべてが解決される可能性もある。
メンバーの変更や意識の改善を含め、どのような形にせよサウジアラビア戦から攻撃のテコ入れは必須であり、チームとしての修正力が問われそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00164472-soccermzw-socc
1/23(水) 6:01配信


原口が絡んだ時だけだものなチャンスになったの
前半
原口CK取る→冨安ヘッド
原口左サイドからクロス→南野触って堂安ミートせず
原口がワンタッチで左サイドの裏のスペースに→武藤がフリーで抜け出す
後半
原口右サイドからサイドチェンジ→武藤ドリブル…シュートいけず
原口右サイドからクロス→ニアに2人被る
終盤のカウンターの場面、原口と柴崎が全力疾走で上がるもボール出ず


守備ブロックの周りでパスだけ回し
苦しまぎれの枠にいかないアリバイシュートで本数かせいでもなんにもならんわ


韓国は枠内シュート2本だったが


オーストラリアと韓国はもっと苦戦してる
サウジアラビアは強いしな
90分で勝っただけでありがたい


失点しなけりゃええがな


消去法でいくと南野がトップ下やるよりは堂安のほうがマシだろうな
右サイドは伊東でいいよ


明日はそれで行くと思う。
ワントップは北川で後半に大迫に交替。
二点差くらいついてれば本当に終盤あたりの交替でもいいけど。
南野は疲労が溜まってると思うから、次節はお休みのほうがいいだろな。


ベトナム戦大迫出る場合は南野トップ下でいいと思う。


堂安中央とか宝の持ち腐れ
本来カットインが強い人材を中で使う意味がわからん
堂安は伊藤より酒井とな守備意識が共有出来て守備もうまかったけど伊藤は守備が怠慢すぎる
足が止まったサウジにさえ危うかったのに伊藤スタメンとか愚の骨頂


武藤が後半15分から
前線からの守備、プレッシャーをかけなかったことが全て
戦わないのなら自ら代表を辞退しろ


一人に責任追わせるのは間違い


南野、堂安が自己中すぎる
周り見えてないもんな
連携なんてねーよ


これだよな。サウジ戦を見る限り、武藤もエリアを俯瞰した見方ができないようだし。


15本打って枠内1本のサウジも深刻だろ


本当に効いているのは原口
周り生かすし献身的
あとは北川も周り生かすアシストタイプ


攻撃が単調なんだよ。
縦に早いサッカーばっかりだと雑になるから取られるリスクも多い。
中盤で球グダグタ回しながら、時折、電光石火ってのをやればいい。
支配率上げるのは簡単
監督は分かってやっているんだと思うけどね。


バーレーンに120分で枠内2本
フィリピンに90分で枠内5本
サウジアラビアに90分で枠内0本
すげぇ国が隣のブロックにいるなw


岳を2列目の中央にすればチャンスは増える。
塩谷と遠藤でボランチ


俺もそう思うんだが
柴崎はボランチにしてはDFが軽すぎる
ただ柴崎トップ下だとプレッシャーきつくてボール保持できないって意見もあるが
現状ならボランチよりトップ下で使えって思うよな


大迫ほどキープもできず浅野ほどカウンター時の怖さもない


結局大迫頼みなんだよ
ザック時代は本田頼みで、本田がいなくなったらとたんに弱体化したようなもんだ
身体張って前線でキープできる選手がいないと活きないシステム


結局これ
1人で3,4人ぶち抜いてシュートを決める選手なんか日本にいないんだから前線に起点がないとどうにもならん
原口がいなかったらもっと悲惨なことになってた
中島がいても変わらんし香川とか南野の下位互換をいれても何の助けにもならん


ボールもてる大迫とミドル撃てる中島がいないとここまで手詰まりになると
武藤じゃなくて原口と伊藤の2トップにして左に乾の方がまだ可能性あるかもね


ベトナムもガチで行かなきゃ食われるわ


北川
西 中島 東
南野
このシステムで何か発動するか試してみてほしい


西はともかく東はもう代表レベルじゃなくなっちゃったな・・・。


堂安のよさ出てないからな
攻守に伊藤のほうが貢献できてる


中島が起点になれば堂安も生きるんだが
堂安にボール集めるのはまだ荷が重い


中島なら低い位置でもボール散らすことが出来るけど南野堂安はそれをしないんだよな。サウジ戦みたいに押し込まれた時はボランチが最終ラインに吸収されちゃうから本来は2列目の誰かが下がって配球しなきゃ厳しい


みんな分かってた事だけど、大迫と中島が攻撃陣に欠かせないピースだったからな
中島が攻撃のタクトの振るってた

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。