シーズンも佳境!Jリーグ順位争いの現況は?


各々の目指す目標に向け、全18チームがここまで戦いを続けてきたJリーグ・J1。リーグ開幕から約8か月、各チーム残すはほぼ3試合となった。
長きに渡る戦いにも、いよいよ終わりが見えてきた今季。それぞれの順位争いの現況はどうなっているのか、確認の意味も込めて以下に記していきたい。
本稿執筆時点(5日現在)において、「19勝6敗6分・勝ち点63・得失点差+28」で首位に立っているのが川崎フロンターレ。それを「17勝9敗5分・勝ち点56・得失点差+14」の2位サンフレッチェ広島が追う展開となっている。2位に7ポイント差をつけるフロンターレは、次節の結果次第で2年連続のリーグ優勝が決定する。
来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権がかかる上位3位(注・天皇杯の結果次第では4位も対象)に位置しているのは、前述のフロンターレ、サンフレッチェと、「14勝8敗9分・勝ち点51・得失点差-1」の北海道コンサドーレ札幌の3チーム。仮にこのままの順位で終了となると、コンサドーレはクラブ史上初のACL出場ということになる。
ただ、3位コンサドーレの下には「14勝10敗7分・勝ち点49・得失点差+8」の4位FC東京と、「14勝10敗7分・勝ち点49・得失点差+7」の5位鹿島が共に勝ち点2差でつけている。前節まで4連敗中の2位広島を含め、ACL出場権争いは全く予断を許さない状況だ。
J2への無条件降格となる18位、17位には、それぞれ「8勝18敗5分・勝ち点29・得失点差-18」のV・ファーレン長崎、「10勝18敗3分・勝ち点33・得失点差-11」の柏レイソルが位置。また、J2の3位~6位チームと共にJ1参入プレーオフに臨むことになる16位は「10勝16敗4分・勝ち点34・得失点差-7」の名古屋グランパスとなっている。来季もJ1の舞台に立ち続けるため、この3チームは死に物狂いで残り試合に臨むことだろう。
以上が、ここまでにおける主な順位争いの現況となっている。来月1日の全日程終了までに、この状況はどれだけ変わることになるのだろうか。
https://news.nifty.com/article/sports/rl/12184-43852/


長崎と柏はきまったね


まだ町田さんが


44億の豪華な食堂が完成


ACL出たらたぶん降格するでしょ
だから出たくないです


>次節の結果次第で2年連続のリーグ優勝が決定する
まあどうせロスタイム同点弾とか逆転弾で最終節に持ち越し、
最終節で広島に抜かれるよ。
4-0がセイフティリードではないフロンターレをなめるなよ。
どこからでも逆転負けして見せるぜ。


Jリーグの神様はそういうシナリオ望んでそう
少なくとも最終節までもつれない展開にはさせない


あと三試合で勝ち点差7だぞ?


これだけは言いたい
日 程 く ん 神


ふざけたことに下手したら1チームしか落ちない可能性があるんだよね
その場合は柏が長崎にまくられて1人負けのドラマを期待したい


柏は17位で奇跡の残留するよ


このまま行くと・・


その前にやってたんだ


名古屋も鳥栖も残ってほしい


土曜日は神戸vs鳥栖だな。
まあ上位のはう見るけど


優勝にも降格にも係わらないチームはどう楽しめばいいんだい?


川崎の優勝は揺るがないと思うが、
毎回最終節で決まって忖度だー忖度だーと叫んでた輩は
今どんな気持ちなんだろうな?
まぁ、鹿島の方々だろうけども。


群馬は? 群馬はどうなったの!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。