ドイツメディアがドルトムント香川に辛口評価!「この日本人は、まだ調子の悪さを克服できていない」

2-0勝利のマインツ戦で3カ月ぶりのゴールも「組み立ての貢献はほとんどなし」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、13日に行われたマインツ戦に公式戦4試合ぶりに先発しフル出場。昨年12月5日のヴォルフスブルク戦以来の今季リーグ5得点目を決めて2-0の勝利に貢献した。
しかし、地元メディアからはチームワーストタイの評価で、「まだ復調していない」と厳しく指摘された。
独地元紙「WAZ」の採点(1が最高、6が最低)で、香川はFWオーバメヤンとともに4点で、チームで最も低い点数をつけられた。 随所に切れのある動きを披露し、勝利を確実なものとするチーム2点目も決めたが、かつてのレベルからは程遠いとして、厳しい見方をされていた。
「この日本人は、まだ調子の悪さを克服できていない。組み立ての貢献はほとんどなかった。
後半始まってすぐ、マークを外してペナルティーエリアに侵入したが、地面に倒れたGKカリウスにシュートを当ててしまった」
約3カ月以上の沈黙をついに破った香川だったが、まだまだできるだろうと、大きな期待をかけられているようだ。
チーム最高点は先制点のロイス
チーム最高評価は先制点を決めたMFロイスで1.5点。主将のDFフンメルスとMFムヒタリアンが2点で続き、負傷から復帰したDFソクラティスが2.5点。先制点アシストのMFカストロら4人が3点だった。
首位バイエルン・ミュンヘンを追いかけ、確実に勝ち点3を積み上げたドルトムント。
2016年に入ってから公式戦13試合無敗と波に乗るチームの中で、再浮上を狙う香川は、ゴールという結果こそ残したが、地元メディアから高い評価を得るには至らなかった。

Soccer Magazine ZONE web 3月14日(月)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160314-00010001-soccermzw-socc
動画
http://sports.yahoo.co.jp/video/player/89641


実際得点シーンの直前もパスミスして攻撃チャンスを潰しかけてたな


点取って最低点とかガチで嫌われてるじゃん


香川よ
お前の活躍次第でこうやって「日本人」のイメージが左右される
ピッチ中はもちろん、ピッチ外も見られている
そのことを忘れるな


WAZワロタw


>まだまだできるだろうと、大きな期待をかけられているようだ。
香川の記事を書く人は大変だなw


点決めたのに最低点ってよっぽど酷かったんだな


まさに点を取っただけ、という表現が相応しい


香川にトップ下やらせるなって
なんでポストプレーやらせんだよ
ミス多くて潰されて前向けないから可哀そうだわ


調子悪くても点入って良かったじゃん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。