ブンデス1部に昇格決定…レッドブルが創設した“金満”新興クラブの野望

2016-17シーズンのブンデスリーガ1部に、RBライプツィヒが参戦する。
エナジー飲料メーカーのレッドブルが創設したチームは、発足からわずか7年で5部からトップリーグまで駆け上った。
しかし、ライプツィヒが注目を浴びる理由はそこではない。
「金満ライプツィヒの昇格はドイツサッカーの低落」と言われるほど、群を抜いて嫌われているのだ。
RBライプツィヒの創設は2009年。オーストリアに本拠を置くレッドブルが、ライプツィヒに位置する
マルクランシュタットのスポーツクラブからサッカー部門のライセンスを買収したのが始まりである。
新たに発足したクラブはRBライプツィヒと命名され、10年以内のブンデス1部昇格を目標にスタートを切った。
レッドブルはオーストリアでもアメリカでも、企業名を冠したサッカークラブを運営している。
ところが、ドイツサッカー連盟(DFB)は宣伝目的でのクラブ命名を禁止しているため、それができない。
また、ドイツ・フットボールリーグ(DFL)は、クラブ運営の全権を投資家に握らせないよう、
オーナー権をクラブメンバーと投資家の共同保有とし、クラブメンバーの株式保有率を最低でも51%とするよう規定している (これを「50+1」ルールと呼ぶ)。
製薬会社バイエルをオーナーとするレヴァークーゼン、自動車メーカーフォルクスワーゲンをオーナーとするヴォルフスブルクはどうなのかと言えば、こちらはそもそもの成り立ちが「従業員のサッカーチーム」であり、DFBのルールは適用外。ちなみに、「50+1」ルールは、20年以上クラブを保有していれば適用外となる。
というわけで、「レッドブル・ライプツィヒ」が使えなくなった上層部は知恵を絞った。
規約違反を回避しつつ、ブランド戦略もかなえるには──。そこで生まれたクラブ名RasenBallsport Leipzig」、直訳すれば「芝球技ライプツィヒ」である。といっても、「RB」の文字から「RasenBallsport(ラーゼンバールシュポルト)」 という造語を思い浮かべる人などいないわけで、RBライプツィヒと言えば当然「レッドブル・ライプツィヒ」である。
ドイツメディアもRBライプツィヒを「die Roten Bullen=レッドブル」と呼んでおり、戦略は成功した。
名称の次はロゴである。ライプツィヒはザクセンリーグ(5部)を戦っていた当初、
クラブエンブレムにレッドブルロゴをそのまま採用しようとした。しかし、ザクセン・フットボール連盟からひじ鉄を食らい、気持ち程度に修正。2部に昇格したときにも、DFLから企業ロゴとはっきり区別をつけるよう要請され、またまた修正。 それでも、2頭の赤い雄牛が角を突き合わせる姿は健在で、誰が見てもこれはレッドブルである。
RBライプツィヒは金満だからというだけではなく、このように商魂たくましいところが嫌がられている。
ドイツサッカーの伝統の破壊者というわけだ。選手たちはアウェイ戦のたびに敵サポーターから罵倒され、チームバスには札束(もちろんフェイク)が投げ付けられ、監督のラルフ・ラングニック(当時はSDと兼任)にはスタンドからビールのコップが飛んでくる始末。
嫉妬が憎悪にまで転じた一部のサポーターは「お前らをぶっ殺す」とのバナーを掲げ、嫉妬を隠したい人間は「伝統のかけらもないチーム」とあざ笑った。 RBライプツィヒの嫌われエピソードは枚挙にいとまがない。
ちなみに、2015-16シーズン開幕前に経済紙『ハンデルスブラット』が報じたところによると、
2部クラブ全体が補強に投じた額は合計2530万ユーロ(約31億円)。
そのうち1560万ユーロがライプツィヒの懐から出たものだった。ほかの17クラブが費用工面に四苦八苦するなか、 ライプツィヒはブレーメンからFWダヴィー・ゼルケを800万ユーロでポンと買い、同時に嫉妬も買った。


そのライプツィヒが2部で2位となり自動昇格をかなえたとあって、市場には「RBの補強資金は1億ユーロ」 とのうわさが飛び交った。しかしレッドブルのオーナー、ディートリッヒ・マテシッツは「とんでもない。
根も葉もないうわさだ」と否定。以前から「補強は24歳未満に限る」という方針を掲げているラングニックも、 『Sport1』に対し「うちはブンデス1部の最年少チームとして戦う」と、方針に変更がないことを示している──今のところは。
ブンデス1部に所属するクラブの予算は2部勢に比べればケタ違いである。
そういう意味で、ライプツィヒはもう余計な嫉妬を買わずに済みそうだ。
嫌われ者としての側面ばかりを強調してきたが、プレーするのは金ではなく生身の選手。
U-23の選手たちがトップ4争いに絡めば痛快だ。旧東ドイツ地域から1部に臨む唯一のチームとして、思う存分引っかき回してほしい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160607-00000139-sasahi-socc


南野ここいけよ


日本人選手売り込みかけろ


今なら川島がお買い得w


サカマガの記事は面白かったな
ドイツも本来企業名をチームに入れなれないのを強引に入れたって


噂の悪の帝国か


油田王や不動産王がいきなりビッグクラブで
サカつくを始めるよりはまともじゃんと思っちゃうけど
まあドイツというよりは下部リーグ特有の現象なのかね


でもリアルサカつくやるならここみたいに下部からいっきに成り上がる方が楽しそうやん


Jリーグにもこういうクラブがあってもいいのに


いわきFCあたりが近いことしようとしてるかな


コンビニとかでよく見るけど1度も飲んだことがないレッドブル
スポーツのスポンサー凄いやってるけど、そんなに儲かってるんかね


タイの企業ってなにげにすごいよな
大正製薬も経営判断次第ではこうなれたはず
ジャップ何やってたんだよww


プレミアにいけばいいのになんでブンデスなんだろう


レッドリボン軍かと思った


レッドブルの広告戦略って半端ないよなぁ
同じ商品持ってたとしても日本人には無理よ


南野と奥川も成長してココに移籍して
ブンデスで活躍して欲しいな


でもこういうヒールもいたほうがいいよね
盛り上がる


F1も強いがレッドブルってなんでそんなに金持ってんの?
飲み物以外なんも知らんわ


宣伝費をスポーツやスポーツイベントに使っているらしい


バイヤン1強のブンデスにとって明るい話題だよ
馬鹿みたいに金使って選手揃えてブンデスをもっと盛り上げてくれ


ザルツブルグが2軍みたいなもんだな


そのザルツブルグに本田ホルンは勝てるようになるんかね?
来季はまだ2部だけど1部に行ってCLに出るにはそこに勝たなきゃ始まらん
まあまずは2部だけど


F1やらサッカーやらレッドブルは忙しいですな


WEユナイテッドみたいなもんか


ゲッツェここでいいじゃん


マキノやウサミがいってこいや
そして帰ってくんな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。