ベトナムでは左足でボールを蹴ると「ホンダ」と呼ばれる?


東南アジア地域で唯一の8強入りを果たしたベトナムの快進撃が続いている。W杯アジア最終予選への出場は一度もなく、FIFAランクは日本のちょうど2倍となる100位。
しかし、侮ることなかれ。2014年にベトナムの第2の都市、ホーチミンに2週間滞在し、社会人リーグの公式戦2試合に助っ人外国人として出場した岡島智哉記者が、
日本に憧れる“隠れたサッカー大国”ベトナムのサッカー事情を「見た」。
ベトナム人はサッカーを知っている―。
それが第一印象だ。欧州のサッカーリーグが頻繁にテレビ放送されており、覚えたテクニックを見よう見まねで披露する。
小柄だが、動きは俊敏でプレーの選択も賢い。左足でボールを蹴ると「ホンダ!」と言われ、と笑われた。
日本サッカーにもかなり精通している。多くの子供たちが日常的に芝生でボールを蹴り、土のグラウンドは一度も目にしなかった。文化としての成熟度という面だけなら、ベトナムは日本よりも“サッカー大国”だった。
滞在期間中、ベトナムで女子のアジア杯が開催された。なでしこジャパンは1次リーグでベトナムと対戦。約2万人収容の会場は8割ほどが埋まり、ピッチに熱烈な声援が送られていた。サッカー熱の高さはここでも感じられた。
準決勝の日本―中国では驚きの光景を目にした。ベトナム人グループが太鼓やシンバルなどの楽器を鳴らし、なでしこに大声援を送っていたのだ。どこで購入したのか、日本のユニホームを着ている人や、
「合格」と書かれた日の丸ハチマキをしている人もいた。
聞けば、澤穂希選手の存在すらも知らないという。それでも「ベトナム戦争後、どの国よりも支援をしてくれたから」「日本企業が今度地下鉄を作ってくれる。その恩返しだ!」
「アジア人の誇り・ケイスケホンダを生んだ国だからね」とさまざまな理由から集まってくれたようだ。応援団は決勝にも登場。なでしこ初のアジアVに大きく貢献してくれた。
そんな日本と、アジア杯4強をかけた舞台での対決である。ここ数日、私のフェイスブックのタイムラインが騒がしい。ベトナムの友人たちが、アジア杯8強の躍進、次戦日本戦というワクワクに大興奮しているのだ。
実力に大きな開きがあるが、サッカー後進国だと甘く見ると痛い目に遭うだろう。(岡島 智哉)
1/23(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000241-sph-socc


いちびった事する奴は『マキノ』なんだな


ロッベンというあだ名のヤツがいる
サッカー下手なのに・・・


ハゲてるのか。


ケイスケホンダは世界一有名な日本人だからな


10万スタもできるからな
サッカー熱すごすぎてすぐ日本に追いつくと思うよ
もしかしたら今日追いつくw


前の試合かなりサポーターいたな
ベトナムからしたら歴史的な大会になってるんだろうけどUAEまでよく行くわ
統率が取れてたから現地在住とかじゃないはず


アジア人の誇り?皮肉られているんじゃ?


ゴールされたらカワシマだな


メシをおごってくれるとキングカズ


宇宙開発は『キタザワ』


結局はケイスケホンダだよな


批判ばかりしていると「エチゴ」


ただ、サポーターの過激さはアジア随一。
浦和サポが可愛くみえるくらい。


ベトナムは親日なのに監督だけは反日でわろた


日本では車イスに乗ると「アジジ」と言われます


問題
問1 柳沢 →
問2 ラモス →
問3 長谷部 →
問4 南野 →


問題
問5 福西 →
問6 稲本 →
問7 平山 →
問8 玉田 →


今日の試合で大迫が出てきたら「ハンパナイ」が浸透するかな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。