レアルにとって今回のクラブW杯は意味がなかった?


●驚きはなかったマドリーの3連覇
「レアル・マドリーが史上初のクラブワールドカップ3連覇を達成」。
このような見出しが、今朝のスポーツニュース欄には多く載っていたが、大して驚きはない。チャンピオンズリーグ3連覇の偉業を成し遂げた時点で、ほぼマドリーのクラブW杯優勝は決まっていたようなものだからだ。
事実、準決勝から登場した銀河系軍団は圧倒的な強さでこの大会を制覇した。マドリーにとっての初戦となった鹿島アントラーズとのゲームでは、前半立ち上がりこそスローペースだったが、試合が進むにつれ本来の力を発揮。ガレス・ベイルのゴールで先制すると、以降もギアを上げ続け鹿島を圧倒した。結果的にはベイルのハットトリックがあり、3-1でアジア王者を退けている。
そこには計り知れない「差」があった。そもそも、この大会にどれほどのモチベーションで挑んでいるか定かではないマドリー相手にこれほど圧倒されるのは屈辱的以外のなにものでもない。ただ、それが欧州とアジア、あるいはその他の大陸王者との間にある「差」なのだ。
2016年のクラブW杯決勝戦もそうだ。鹿島はマドリー相手に2点を奪い、延長戦まで勝負を持ち越すなど奮闘したが、最終的には2-4で敗北を喫している。昌子源はマドリーが「全然本気ではなかった」とも話していたが、「本気ではない相手」に対しても勝つことができないのは、明らかな実力不足なのだ。近年は欧州と他の大陸王者との差がさらに広がったようにも感じている。
もちろん、鹿島に限った話ではない。現地22日に行われたクラブW杯決勝戦、アル・アイン対レアル・マドリーとの一戦も同じだった。
●如実に表れた力の差
開催国王者の枠で今大会に出場しているアル・アインは、準決勝で南米王者のリバープレートを破るなど快進撃を見せてきた。もちろん、地元UAEの人々の優勝への期待はかなり高まっていただろう。
ただ、待っていたのは厳しすぎる現実だった。立ち上がりこそビッグチャンスを作るなど奮闘していたアル・アインだったが14分、ルカ・モドリッチに見事なミドルシュートを叩き込まれあっさり失点。ワールドクラスの一撃が皮切りとなり、試合はここからマドリーの独断場となる。
マドリーはパスを回しながら自分たちが主導権を握り、相手の一番痛い所を突こうと狙いを定める。両サイドバックのマルセロとダニエル・カルバハルは高い位置を取り、攻撃に厚みを加え、組み立ての部分でもサポートに回る。アル・アインはその両SBが空けたスペースを使いたかったはずだが、なんせボールを奪うことができない。
最前線のマルクス・ベリにボールが収まり、カイオらサポートの選手が飛び出してある程度のところまで押し込むことはできていたが、以降のアイデアはマドリー守備陣にすべて消された。前半、開催国王者はわずか2本のシュートしか放つことができなかった。
前半だけで11本ものシュートを浴びたアル・アイン。力の差は、如実に表れていた。
そして60分にはマルコス・ジョレンテにゴールを決められ2点目を献上。さらに79分にはコーナーキックからセルヒオ・ラモスが頭で合わせダメ押しの3点目を決められる。
その後、お互いに1点ずつを奪い試合は4-1でマドリーが圧勝。アル・アインはほぼいいとこなく、成す術もなかった。
●クラブW杯は必要?
大会前の予想通り、マドリーの優勝で幕を閉じた今回のクラブW杯。
ただ、毎年開催されているクラブW杯で毎年言われ続けているのが大会の存在意義だ。アジア王者やアフリカ王者といったクラブは世界の強豪クラブと勝負できる数少ない機会をこの大会で得られるため、彼らにとっては多少意味のあるものになっているかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00010001-footballc-socc


しかし、欧州王者はどうだろうか。彼らはリーグ戦が行われている真っ只中で異国の地に飛び立ち、必ず2試合を終えて帰国するという少し無駄なスケジュールを組んでいる。マドリーの選手は「重要な大会だ」と口を揃えてコメントしているが、それがどこまで本心なのかは定かではない。さらに、今回のマドリーの場合は、クラブW杯より成績の怪しいリーグ戦の方が気になっているはずである。
2年前のクラブW杯決勝のマドリーは明らかにやる気がなかった。それは昌子も「本気ではなかった」と認めている。
今回の銀河系軍団にやる気がないという雰囲気は感じなかったが、アル・アイン相手に勝利し、満足感を得ている感じもしない。彼らにとって、クラブW杯とはどういうものなのだろうか。
そもそも鹿島が出場していなければ、クラブW杯の日本での注目度はさらに落ちていただろう。「優勝するクラブがどこになるかわからない」といった状況なら、多少は見る人も増えるだろうが、ここ最近は「どうせ欧州王者が優勝だ」という先入観が勝り、誰も観戦しようとは思わない。
それでその結果通りになってしまうのが、クラブW杯の弱いところだ。現在、欧州勢はこの大会を6連覇している。
話を戻すが、マドリーにとっては無意味な大会だった。この優勝がリーグ戦で復調のカギになるのならばそれは大きな意味を持つものになるが、それは今の段階では判断できない。欧州とその他大陸王者との差が広がり続けている今、クラブW杯とは本当に必要なのだろうか。
2021年にはレギュレーションの大幅変更が予定されているクラブW杯。そうなれば多少の注目度は伸びるだろうか。
いずれにしても、「欧州王者の優勝で幕を閉じる」ということに変わりはないだろうが…。


南米が弱くなりすぎた


それいっちゃったらリーガのほとんどの試合も意味ないだろ


そこはレアルも必死だよ
負けるわけにはいかないからな


南米王者やアジア王者をELに招待すりゃ充分だろ


日米野球みたいなもんだろ
遊び


リーグ優勝チームはUCLの予備予選1回戦からでも出してもらえないものか


日本王者と南米王者だけで
試合すれば良いよ(´・ω・`)


ユーロ6
南米1
その他1
くらいでトーナメント


強い選手大抵欧州リーグだろ
やる意味どこにあんだよww
CLくらいだろ見る価値があるのは


ACL王者をCLに参加させてもらえば問題なし


予選から決勝までほぼ一年かけて行われる大会だし
移動距離が明らかに増えるし1試合1試合の間隔が空いているのに試合の度に何度も移動させるとか馬鹿かよ


トヨタカップに戻せばええやん


ブランド誇示できるから意味あるやん


トヨタカップでいいわ


クラブW杯なんていらないわな 疲れるだけ
南米も力落ちた


もうヨーロッパは決勝シードにすれば?


W杯のクラブ版って位置づけだから
意味も糞もない


アルアインは悪くなかったよ
勝てないこともないと思った
問題は鹿島よ
世界中がはてなマークやったと思う


あれな全然走れないレアルに
激怒するどころか合わせやがった


全体的に
盛り上がらない試合ばかりだったな


欧州王者的には罰ゲームでしかないわな
せめて欧州王者の国で開催してあげればいいのに


EL王者に出てもらおう


まあ、エキシビジョンマッチでええやん


欧州枠4にしよう


レアルは本気でクラブ世界一取りに来てんのにちょっと三連覇したらこれ (´・ω・`)


さんまが言うにはイスコは手抜きしてたらしいぞ


アジアやアフリカのチームが公式戦でレアルとやれるなんて夢がある話じゃんか
そりゃレアルからすれば面倒くさいかも知れんがもっとグローバルな視点で考えないと
世界中のクラブが年に2回レアルと戦える訳じゃないんだし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。