日本のサッカー専門家・山本昌邦「ロシアW杯、日本は組1位!韓国は最下位敗退!」

日本のサッカー専門家が2018ロシアワールドカップ(W杯)で日本はグループリーグ1位、韓国は最下位になると予想した。
スポーツ報知は2日、1980年代の元日本代表でサッカー専門家、山本昌邦氏による2018ロシアW杯の予想を伝えた。山本氏は韓国はグループリーグで敗退する一方、日本は1位で決勝トーナメントに進出するという見方を示した。
山本氏は韓国が属するF組について「ドイツは世界連覇という野望に向けてスキが見当たらない」と評価し、韓国については「アジア最終予選は4勝3分け3敗で冷や汗のA組2位通過。武器はイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する孫興民(ソン・フンミン)の得点力。申台龍監督が17年7月に就任し、戦術浸透度が心配」と分析して最下位を予想した。
一方、日本についてはポーランド、コロンビア、セネガルを抑えてH組1位で決勝トーナメントに進出すると分析した。コロンビアついては「ロドリゲス、ファルカオら強力なアタッカー陣は脅威だが、攻撃重視で守備意識が低いのも事実」と評価し、ポーランドはエースのレバンドフスキーへの依存度が高いと分析した。
セネガルについては「身体能力が高い選手がそろうが、その一方で連係不足と気分屋の面は否めない」と評価した。
1/2(火) 15:59配信 中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000034-cnippou-kr
【山本昌邦氏のW杯完全予想】F組はドイツの層厚い
ドイツは世界連覇という野望に向けて、スキが見当たらない。GKノイアー、MFクロース、エジル、ミュラーら優勝経験のあるタレントに加え、コンフェデ杯Vの若手も加え、選手層が厚い。メキシコはロンドン五輪の金メダル世代が中心の強みがある。
◆ドイツ
過去決勝に8度進出し、4度V。前回覇者は17年のコンフェデ杯も制覇し盤石の態勢。レーブ監督の下、【攻守に隙のないサッカー】で欧州予選を10戦全勝で突破。【サイドバックの層の薄さ】が唯一の不安要素か。初戦のメキシコ戦を落とした場合は連覇に暗雲。
◆メキシコ
愛称「ロス・トリコロレス(三色旗)」は北中米カリブ海予選を1位で通過。【連動するパスサッカー】を武器に94年から6大会連続で16強の成績を残す。一方で【カウンターの対応の弱さ】に不安も。ボール支配時間が長くなるため、速攻に注意したい。
◆スウェーデン
準V(地元開催58年大会)、3位(94年大会)1度ずつの北欧の強国はプレーオフでイタリアを2戦合計1―0で下し、3大会ぶりの出場。アンデション監督のつくる【強固な守備】が特徴。昨年代表を退いたFWイブラヒモビッチ不在による【得点力不足】が課題。
◆韓国
02年日韓大会で4位に入った「アジアの虎」。アジア最終予選は4勝3分け3敗で冷や汗のA組2位通過。武器はイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する【孫興民の得点力】。申台龍監督が17年7月に就任し【戦術浸透度】が心配。
ドイツ代表予想フォーメーション

1/2(火) 7:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000212-sph-socc


【山本昌邦氏のW杯完全予想】H組は日本が1位突破だ
1/2(火) 7:03配信
優勝はドイツと予想した。名将レーブ監督が全7試合トータルの勝ち方をわかっている。延長戦なども考慮すると、主力に加え、若いMFゴレツカ、ドラクスラーらも計算でき、クオリティーを落とさないで戦い抜ける。今大会からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用される見込みだが、代表のほとんどがプレーするブンデスリーガでも採用され、対策も万全だ。ブラジルはトップのインテンシティー(激しさ)の中での高い技術は抜けている。個ばかりが取り上げられがちだが、チッチ監督が組織的なものも植え付けた。守から攻への切り替えは屈指で、新しいサッカーの未来を提示してくれる可能性を秘める。日本は、決勝T1回戦のイングランドはプレミアで活躍するDF吉田が把握しており勝機はある。8強を期待。気温も暑くないことでパフォーマンスが全体的に上がる大会になる。欧州代表や欧州でプレーする選手を多く有するチームが有利となるだろう。
H組は日本は期待をこめて1位突破。初戦がコロンビアとなったことで前回大会の悔しさでメンタル的にアグレッシブに入れる。初戦でコロンビアを倒せば、勢いにつながる。コロンビアは守備に不安を抱えるが、ロドリゲス、ファルカオら攻撃陣は強力だ。
◆日本
W杯経験があるバヒド・ハリルホジッチ監督の下、勤勉さと団結力で個の力不足を補おうとするが、課題は【決定力不足】。本田や香川ら軸は固まっていないが、指揮官が提唱する【縦に速いサッカー】がハマれば、決勝トーナメント進出も見えてくる。
◆コロンビア
アルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督の下、前回大会得点王のバイエルンMFロドリゲスとFWファルカオら【強力なアタッカー陣】は脅威。攻撃重視で【守備意識が低い】のも事実。14年のブラジルW杯1次リーグ第3戦では日本に4―1で大勝した。
◆ポーランド
16年欧州選手権8強で自信を深め、欧州予選では8勝1分け1敗。なんといっても世界屈指のストライカーである、バイエルン【FWレワンドフスキ】が大黒柱。戦術はオーソドックスなため、予選10戦16得点の【エースへの依存】は武器にも弱点にもなる。
◆セネガル
前線には「セネガルの至宝」と名高いリバプールのFWマネら【タレントぞろいの攻撃陣】。その他にも身体能力が高い選手がそろうが、その一方で【連係不足】と【気分屋】な面は否めない。監督は、02年日韓大会で8強に貢献した元代表のシセ氏が務める。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000223-sph-socc


当たりだろうね


人間力かー


まあ妥当な予想だなw


決定力不足だけど1位通過


ワールドクラスな予想だな


世界基準


わかってる専門家ってこういう人だよね


まあそう予想するわな
就任半年だもの
日本相手には巨人使って勝ったけどwドイツとかにはあれは通じない


人間力はなぁ・・・忖度するから


2002の韓国ってマジで強かったよね
八百長とかしなくても普通にベスト8はいけてたろ
まあ意外と組み合わせキツかったけど


八尾長したからあそこまで行った。
そんだけ。


結局日本はどの順位もあり得るんだよね


行けそうな気がしてきた
うん、行ける


日本、優勝すると思うよ。


今の日本代表に勝者のメンタリティーが備わっていると思えないしバラバラだし無理やな


さすが世界基準の分析だな


コロンビアに勝てるのか…


日本決勝でれるの?
今年は残念賞でおわるとばっかり


米紙「USA TODAY」予想
【グループA】1位ロシア、2位ウルグアイ、3位エジプト、4位サウジアラビア
【グループB】1位スペイン、2位ポルトガル、3位モロッコ、4位イラン
【グループC】1位フランス、2位デンマーク、3位ペルー、4位オーストラリア
【グループD】1位アルゼンチン、2位ナイジェリア、3位クロアチア、4位アイスランド
【グループE】1位ブラジル、2位コスタリカ、3位スイス、4位セルビア
【グループF】1位ドイツ、2位スウェーデン、3位メキシコ、4位韓国
【グループG】1位ベルギー、2位イングランド、3位チュニジア、4位パナマ
【グループH】1位日本、2位コロンビア、3位ポーランド、4位セネガル


スウェーデン2位の時点で見る目なすぎる
スウェーデンってマジで名前だけだからw


カンコク最下位ってそれ予想じゃねーだろ


1位は無理だろ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。