欧州で最大の成功を収めた日本人選手は香川真司!

数多くの日本人サッカー選手が欧州の舞台でプレーしているが、最も成功を収めている選手は誰なのか。リーグやクラブ、時代も異なるだけに議論百出のテーマだが、UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイトでは「日本の欧州最大の成功事例」という特集を組み、日本人選手にスポットライトを当てている。
UEFA公式サイトは11日に記事をアップすると、「建国記念日のため、UEFAでは欧州に影響を与える日本人選手に敬意を表します」と記して日本人選手の特集を組んだ。内容は、欧州でのプレー経験を持つ日本人選手を対象に4部門を設けてランキング形式で紹介している。
「UEFAチャンピオンズリーグ(CL)/欧州チャンピオンズカップ(予選含む)」の通算出場数と得点数、UEFA主催クラブ大会での通算出場数と得点数をそれぞれ部門別に掲載。全4部門でトップに輝いたのは、欧州3カ国でプレーした本田圭佑(パチューカ)や元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)、元日本代表MF中田英寿氏ではなく、「小さな魔法使い」として欧州で結果を残し続けるドルトムントMF香川真司だった。
同記事では「シンジ・カガワが日本人選手全4部門でトップ」と言及。CL出場記録では、シャルケで長年活躍したDF内田篤人の31試合を上回り、香川が32試合でトップに君臨。また得点数でも、2位本田の3得点と僅差ながら、香川が4得点で1位に立っている。
「日本人初のUEFAトロフィー優勝者」は…
UEFA主催クラブ大会においても、香川は52試合で日本人最多だ。マンチェスター・ユナイテッドでも出場するなどキャリアを積み重ね、2位の内田より12試合多い。また得点数では、5得点で2位の本田を大きく引き離し、香川が11得点でトップとなっている。
また、2002年UEFAカップ決勝でドルトムントに3-2と勝利し、フェイエノールトの優勝に貢献した小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)も記載され、「日本人初のUEFAトロフィー優勝者」として紹介されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180212-00010020-soccermzw-socc


最多試合出場 CL本選予選
32: Shinji Kagawa (Dortmund, Manchester United)
31: Atsuto Uchida (Schalke)
19: Shunsuke Nakamura (Celtic)
11: Keisuke Honda (CSKA Moskva)
11: Shinji Ono (Feyenoord)
10: Yuto Nagatomo (Internazionale)
7: Junichi Inamoto (Arsenal, Galatasaray)
6: Makoto Hasebe (Wolfsburg)
6: Yuya Kubo (Young Boys)
6: Shinji Okazaki (Leicester)
6: Takayuki Suzuki (Genk)
最多ゴール数 CL本選予選
4: Shinji Kagawa (Dortmund, Manchester United)
3: Keisuke Honda (CSKA Moskva)
2: Yuya Kubo (Young Boys)
2: Shunsuke Nakamura (Celtic)
2: Shinji Ono (Feyenoord)
1: Mike Havenaar (Den Haag)
1: Junichi Inamoto (Arsenal, Galatasaray)
1: Daigo Kobayashi (Stabæk)
1: Takumi Minamino (Salzburg)
1: Shinji Okazaki (Leicester)
1: Atomu Tanaka (HJK Helsinki)
1: Atsuto Uchida (Schalke)
最多出場数 CLELなど国際カップ戦
52: Shinji Kagawa (Dortmund, Manchester United)
40: Atsuto Uchida (Schalke)
33: Hidetoshi Nakata (Perugia, Roma, Parma, Bolton)
32: Shinji Ono (Feyenoord)
31: Takayuki Seto (Astra Giurgiu)
25: Yuto Nagatomo (Internazionale)
24: Yuya Kubo (Young Boys, Gent)
22: Hidetoshi Wakui (Nõmme Kalju)
22: Shinji Okazaki (Stuttgart, Mainz, Leicester)
21: Keisuke Honda (CSKA Moskva)
最多ゴール数 CLELなど国際カップ戦
11: Shinji Kagawa (Dortmund, Manchester United)
5: Keisuke Honda (CSKA Moskva)
5: Junichi Inamoto (Arsenal, Fulham, Galatasaray)
5: Shinji Ono (Feyenoord)
5: Hidetoshi Wakui (Nõmme Kalju)
4: Hidetoshi Nakata (Perugia, Roma, Parma, Bolton)
4: Yuya Kubo (Young Boys)
4: Shinji Okazaki (Stuttgart, Mainz, Leicester)
3: Atomu Tanaka (HJK Helsinki)
2: Takumi Minamino (Salzburg)
2: Yuto Nagatomo (Internazionale)
2: Yuya Osako (Köln)
2: Takayuki Seto (Astra Giurgiu)
2: Naohiro Takahara (Hamburg, Eintracht)
最初の勝利
Shinji Ono (Feyenoord 3-2 Borussia Dortmund, 2002 UEFA Cup)


ラ・リーガ、ブンデス、プレミアの世界三大リーグでもっとも活躍した選手って香川だもんな。


中田は活躍したのがイタリアの小クラブだったししょうがない。
レアル、バルセロナ、バイエルン、ユナイテッドに次ぐドルトムントで絶対軸だからな香川は。


まあ文句無しだろうな


香川は低レベルリーグでしか活躍してないからなんとも


そんなに凄い選手なら代表でもチームメイトにごっつぁんさせまくりなはずなんだが
どうでもいい試合でごっつぁんしか出来ないという…


香川ってそんな凄かったんか、代表にフィットさせようぜ 以下無限ループ


まぁ当時のマンUいけただけで歴代トップなのはゆるがないだろう
もうレアルかバルサしかないで


俺は岡崎だと思うけどね
ガチでストライカーとして二年連続二桁出したし
レスターの使い方はもったいない


香川は日本で過小評価されすぎだわな
サッカー好きは香川推し、代表厨は本田推しって感じ


まあ客観的な事実積み重ねたら、香川だろうな
中田はCL出れなかったのがな
中村、小野はトップリーグでないし
本田はお話にならない


中田は短かったもんなぁ


まあ日本の慎司真司伸二が活躍してるのはたしか


自分にあったクラブに所属するのが一番だってのがよくわかるな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。