激辛ドイツ紙がついに香川真司に“降参”!「いいアプローチ」「ミスなし」と高評価ゲット

DFBポカール準決勝で躍動 「ルールナハリヒテン」紙が合格点を与える
3得点演出の香川に激辛ドイツ紙がついに“降参” 「いいアプローチ」「ミスなし」と高評価ゲット
日本代表MF香川真司は、20日のDFBポカール準決勝ヘルタ・ベルリン戦で先発フル出場を果たした。チーム2点目となるMFロイスへのアシストを含む、全3得点に絡む活躍でチームを3-0の勝利に導き、決勝進出に大きく貢献した。香川のハイパフォーマンスに対して、辛口評価を与え続けたあの地元紙もついに称賛を送った。
世界的にも希少な「両利きベストイレブン」を英紙が選出 元Jリーガーの名前も…
リーグ戦、UEFAヨーロッパリーグ(EL)と合わせて公式戦4試合連続スタメンとなった香川。リーグ戦では最近3試合で2得点1アシスト。17日のハンブルガー戦ではドリブル突破で相手GKの退場を誘発するなど、好調を維持している。その好調ぶりをこの試合にも持ち込んだ。
前半20分にはMFムヒタリアンのスルーパスを受けた香川が右サイドからクロスを送ると、一度はクリアされかけるも走り込んだMFカストロがこぼれ球を押し込んで先制。さらに後半30分には、カウンターから再び右サイドを抜け出した香川のグラウンダーのクロスをロイスが右足で決めて追加点。さらに同38分には中央の香川からロイスへとつなぎ、完璧なお膳立てから最後はムヒタリアンが無人のゴールに押し込み、試合を決定づけた。
足の指の剥離骨折で戦線離脱したFWオーバメヤンを欠いたドルトムントだが、今季前半戦に「ファンタスティック4」と称された強力攻撃ユニットのうち、オーバメヤンを除く香川、ロイス、ムヒタリアンの3人が躍動した。
独地元紙「ルールナハリヒテン」の採点(1が最高、6が最低)で、香川は先制点のMFカストロ、ムヒタリアン、ロイスら5人と並ぶ2.5点。良いパフォーマンスを見せた試合でも香川に激辛評価を続けていた同紙が、ついに高評価を与えた。主将のDFフンメルスと左SBのDFシュメルツァーが2点でトップタイ、右サイドバックのDFピスチェクが4点で単独ワースト評価となった。
バイエルンとの決勝で4年ぶりの戴冠狙う
寸評では「日本人はイルカイ・ギュンドアンより先んじて先発することになった。理由はトゥヘルがドイツ代表を終盤の過密日程に温存したがったことだ」と分析。来季マンチェスター・シティ移籍で合意とレポートされている香川の親友が大一番で温存されたとの見解を示す一方で、「カガワは素晴らしいアプローチを見せた。ミスはほとんどなかった。1点目を演出後、2点目につなげるプレーを見せた。いい試合だった」と絶賛されている。
一方、「WAZ」紙では平均点と言える3点。寸評も「彼は滅多に姿を見せなかったが、2点に関与した。1-0の場面では香川からのパスが防がれたところをゴンサロ・カストロが得点した。2-0の場面は、マルコ・ロイスの足元へボールを送った」と、得点に絡んだシーンを評価されたが、一方、ゴール以外の貢献はそれほど多くなかったと分析された。
チームトップは、ダメ押しゴールを決めたムヒタリアンで1.5点。ロイスが2点で続いた。フンメルス、カストロ、シュメルツァーは2.5点で3位タイ。香川らその他の6選手が3点だった。
EL準々決勝でドルトムント前監督の恩師ユルゲン・クロップ率いるリバプールに衝撃的な大逆転負けを喫して敗退。クラブにとって今季タイトルの可能性を残すのは、リーグ戦とこのDFBポカールのみとなっていた。リーグ戦は残り4試合の時点で首位バイエルン・ミュンヘンに勝ち点差7をつけられているため、現実はかなり厳しい。
決勝ではそのバイエルンと対戦する。香川が加入2年目だった2011-12シーズンには宿敵を倒してポカール優勝を果たしている。4シーズンぶりのタイトル獲得に向けて、最高の舞台が整った。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160421-00010003-soccermzw-socc


通販番組のコメント見たい


次バイエルン戦なのか
また亀戦法で香川autoなのかね


手の平返しのし過ぎで腱鞘炎


ガゼッタ「ドイツ誌が激辛とか失笑」


バイエルン戦楽しみだな
ビッグマッチで通用しない香川さんが見れるぜ


あとはシュートが全盛期並に戻れば


全盛期はアジリティ勝負のシュートだったから
年取って身体も変わってるしもう無理だろ
GKとの駆け引きで決めれるようにならないとな


香川だけを見てる新聞なんてねーからな


どういうこと?
セルジオ越後が日本代表をほめるようなもんか?


ここの評価とアメリカのやつの高評価は何なんだろ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。