韓国誌が思ったより謙虚!?母国の市場規模&競争力に警鐘!「劣勢に陥る可能性が高い」

韓国メディアは鹿島の堅守と、GKクォン・スンテ&チョン・スンヒョンのコンビを称賛

鹿島アントラーズは現地時間10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝でペルセポリス(イラン)との第2戦で0-0のスコアレスドローとなった。2戦合計スコア2-0でクラブ史上初のACL制覇を達成し、12月のFIFAクラブワールドカップ(W杯)出場権を獲得。この快挙に韓国メディアも注目している。
スポーツ紙「スポーツ韓国」は「Jリーグチームが2年連続でアジア王者を輩出した。同じリーグから2年連続で優勝チームが出たのは、2009年(浦項スティーラーズ)と2010年(城南一和)にKリーグチームがACL王者になってから8年ぶりのこと」と伝えた。また、ニュース総合サイト「イーデイリー」は「鹿島は鉄壁の守備で、2点を守り切ることに徹した。ペルセポリスは10万人の観客の声援を受けて、計6本の枠内シュートを打ったが鹿島のゴールを破ることはできなかった」と固い守備を評価している。
さらに、スポーツ誌「スポーツ朝鮮」は母国の2選手の活躍ぶりも伝えた。
「GKクォン・スンテ、DFチョン・スンヒョンが優勝に一役買った。二人とも決勝の2戦ともフル出場を果たした。特に2戦目の徹底した守備はとても印象的だった。クォン・スンテは度重なるピンチをスーパーセーブで切り抜け、過去Kリーグの全北現代在籍時に2度のACL制覇に続き、3度目のアジア王者を手にした。また、チョン・スンヒョンも鹿島の守備の中心選手として無失点に貢献し、11月の国際親善試合にも招集されている」
韓国専門家が分析「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」
こうしたJリーグの躍進について、「スポーツ朝鮮」は現地専門家に話を聞いて分析。「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」と伝えている。
「Jリーグはイギリスのパフォームグループと2017年から10年間、2000億円の放映権の契約を結び、その結果、Jリーグクラブの資金の流れが良くなった。FCバルセロナからイニエスタや韓国代表クラスのGKが多くJリーグに流れ、観客数も伸びている」
一方で、記事では盛り上がりを見せるJリーグに比べ、Kリーグの現実は厳しいという見方を示している。
「クラブの投資が縮小している。全北現代を除いたほとんどの企業クラブが予算を縮小させる傾向にある。Kリーグの観客数も2017年1部リーグは計148万人、1試合当たり平均6486人と集計されている」
記事では最後に「KリーグとJリーグの市場規模は、すでに大きな差が開いている。この差が、競技力につながるのであれば、今後ACLはもちろん、A代表、そして年代別代表で韓国が劣勢に陥る可能性が高い」と専門家の声で締めくくっている。
韓国にとっても、日本との差を痛感させられる結果となったようだ。
11/12(月) 6:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00147230-soccermzw-socc


思ったより謙虚だな


いや来なくていいですから


お前ら、サッカーの話なんかしている場合じゃないぞ!


韓国選手引き取ればよくね


もう陥ってるぞ。
サッカーは数少ない韓国が日本を上回ってた分野だったのに残念だったな。


どの道KリーグはJリーグに飲み込まれていく運命
プレミアとリーグ・アンみたいな関係になるだろうね


2年連続アジア王者のJリーグに対して上から目線なんだよ


韓国の平均観客6千人しかいないのか。
JリーグはJ2の水戸がこの前ホームで観客1万人超えてたくるいなのに。


韓国は日本を絡めないと何も考えられないのか

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。