2019年 6月 の投稿一覧

Jリーグのワースト監督といえば・・・?


リバプール(イングランド)を2018-19シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇へと導いたユルゲン・クロップ監督、マンチェスター・シティをイングランド・プレミアリーグ2連覇へと導いたジョゼップ・グアルディオラ監督を筆頭に「世界的名将」と呼ばれる指導者は世界に数多くいる。
04-05シーズン以来のCLタイトルを獲得したリバプールに象徴される通り、ラファエル・ベニテス、クロップという優秀な指導者がいる時のチームの実績は頭抜けている。「サッカーの戦績は監督の力によるところが大きい」と日本屈指の戦術家で知られる松本山雅の反町康治監督も語っていたが、どういう人物がトップに立つかどうかでクラブの命運は大きく左右されると言っても過言ではない。
Jリーグを見ても、93年のJ発足から一度も2部落ちしていない鹿島アントラーズと横浜F・マリノスは「ダメ監督」と断罪されるような指揮官はほぼいない。とりわけ、鹿島は代々の監督たちがある程度の結果を残している。近年も、2015年途中にトニーニョ・セレーゾを解任せざるを得ない苦境に陥ったが、後任となった石井正忠が巻き返しを図ってタイトルを獲得。その石井も2017年途中にクビを切られる状況となったが、後を引き継いだ大岩剛監督もチームをアジア王者へと導いている。今季に関しては小笠原満男という長年精神的支柱だった選手が引退し、大幅な若返りを図らなければならない状況ながら、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)では8強入り。「勝つべきところでは勝つ」という伝統は依然として健在のようだ。
そんな常勝軍団とは対照的に、いわゆる「ダメ監督」の登場によってチームが大きく崩れたケースは少なくない。最たる例が2012年に就任し、公式戦5連敗と最悪のスタートを切った時点で更迭されたガンバ大阪のジョゼ・カルロス・セホーン監督だろう。
そもそも同氏就任に関しては、最初から「いわくつき」と言われる状況だった。
AERA6/30(日) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00000006-sasahi-socc

続きを読む

長友佑都&平愛梨夫妻の「ラブラブ帰国」に、世間からは意外な反応!?

5月30日、サッカー日本代表DFの長友佑都選手(30)と、タレントの平愛梨(32)夫婦がイタリアから帰国。成田空港での二人の様子に、世間からは意外な反応が寄せられているようだ。
この日、長友選手と平愛梨は、手をつなぎながら仲むつまじく空港に登場。二人の手はがっちりと指を組んだ、いわゆる“恋人つなぎ”。ファンや報道陣を前にしても手を離すことはなく、愛の深さを見せつけた。
二人の帰国の模様は、ワイドショーやスポーツ紙などで報じられたが、世間の反応は意外に冷ややか。「長友すっかりデレデレだ……なんとなく残念」「わざわざ手をつないで登場する意味ある?」「完全にアモーレ芸人になってしまったな……カメラ意識し過ぎ」と、ネットには厳しいコメントが相次いだ。
「30日に更新された平のブログによると、飛行機の中では眠ることもなく、二人で話をしたり、心理ゲームをやったりと、終始ラブラブだったようです。平も“楽しい移動だったー”とつづっていましたが、そのままの雰囲気で姿を現したので、ハッピーさがあふれ出てしまったんでしょうね」(芸能ライター)
一方の長友選手はインスタグラムに二人のツーショット写真をアップ。「少し休んで、代表合宿が始まります。勝利のために良い準備をしていきます!」とコメントしている。長友選手は日本代表として、6月7日に親善試合のシリア戦、13日にはワールドカップアジア最終予選のイラク戦が控えている。次はファンをハッピーにする大活躍を期待したい。
https://taishu.jp/detail/28048/

続きを読む

コパアメリカでの日本代表・上田綺世(20)を誰もが庇っている!?


海外メディアも“手加減”

コパ・アメリカでの上田綺世(20)を誰もが庇っている。例えば、フットボールチャンネルは公式サイトに「上田綺世が味わった『無力感』。外し続けた決定機…南米との対峙で得た唯一無二の感覚【コパ・アメリカ】」(6月27日)の記事をアップした。
***
記事の内容は、冒頭の一文を読めば分かる。「自分をさらに大きくする、一番大きいチャンスがきた」という上田の述懐から始まっている。
フットボールチャンネルは、上田がコパ・アメリカで手も足も出なかったことを認めながらも、素晴らしい経験を得たと総括する。これを糧に、今後は一回りも二回りも大きな選手として成長し、日本代表に選ばれてほしい――
こんなことが書いてあるわけだが、噴飯物と言わざるを得ない。
上田は戦犯中の戦犯ではなかったのか。例えば初戦のチリ戦、上田はスタメン出場した。そのプレーをご記憶の方も多いだろう。
1点を先制された前半44分、柴崎岳(27)のスルーパスを巧トラップで抜け出したまではよかった。だがGKを外しながらのシュートは右サイドネットの外だった。
0-2とされた後半12分には柴崎のアーリークロスにペナルティーエリア内左で完全なフリーだったにもかかわらず、ボレーシュートは左に外した。
後半24分、安部裕葵(20)の左クロスに飛び込んだ場面ではボールに触れることができなかった。後半28分には久保建英(18)のパスにGKと1対1になりながらシュートは右手でストップされた。
チリ戦は0-4の大差となったが、上田が4度の決定機のうちどれか1つでも決めていれば試合の流れが変わった可能性は高い。上田は日本代表の決定力不足――――常に指摘されていることだが――――を象徴している。
2戦目のウルグアイ戦は2-2の同点となり、最終戦のエクアドル戦で上田は後半から途中出場を果たした。
後半23分の久保のスルーパスに上手く抜け出しながらシュートはブロックされ、後半24分のGKと1対1でのチャンスもループシュートはクロスバーを越えた。
さらに後半45分、前田大然(21)のシュートのこぼれ球にフリーとなって狙った一撃もゴール枠を捕らえられなかった。
もし最終戦のエクアドル戦に勝利していればベスト8に進出し、地元ブラジルと対戦するはずだった。
日本は勝ち点2をあげ3位だった。パラグアイと並んだことは評価に値する。とはいえベスト8への進出を得失点差で阻まれたことを、日本人はもっと悔しがるべきだろう。
チリ戦の失点が響いたことは言うまでもない。日本代表の得失点差はマイナス4だったが、パラグアイはマイナス1。こうして日本はグループリーグの敗退が決まったのだ。
ベスト8に進出できた可能性が存在したにもかかわらず、現実は敗退に終わった。だからこそ上田の責任は追及されるべきなのだが、その前に森保ジャパンに対する評価を振り返っておこう。
試合後のインターネットや26日のスポーツ紙などの報道は、とても日本代表に対して好意的だった。
勝機のあったエクアドル戦を引き分けてしまったにもかかわらず、日本のスポーツメディアは地元メディアやスペイン紙の電子版を引用しつつ、特に久保建英を絶賛することでお茶を濁してしまう。
確かに日本人は、外国人からどう見られているかを気にする傾向が強い。褒められればうれしいし、批判的な意見にも素直に耳を傾ける。
久保が絶賛されたのは18歳という若さが前提にあり、善戦したのはチームの主力が23歳以下というBチームだったからだろう。だからメディアは“暖かい目”で試合を振り返り、“同情的”な記事を書いた。
彼らにすれば森保ジャパンは“高校生との練習試合”に等しいのだ。
我々日本人に、そんな配慮は必要ない。今大会の成績は「不甲斐ないものだ」と堂々と書くことからサッカージャーナリズムは始まる。選手が若いからと好意的に報じるのは疑問だ。
日本代表が「できたこと」と「できないこと」をしっかりと直視し、検証すべきではないだろうか。
6/30(日) 6:02配信 ディリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00568993-shincho-socc

続きを読む