なでしこ

「毎日お風呂禁止令出された。あー至福のひとときだったのに。ストレス」byなでしこ猶本光


女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクに所属するなでしこジャパン(日本女子代表)MF猶本光が、13日に自身の公式ツイッターを更新し、ルームメートから「毎日お風呂禁止令」が出され「ストレス」と胸中を吐露している。
猶本は2018年7月になでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の浦和レッズレディースからフライブルクに完全移籍。足首の負傷で出遅れたものの、10月14日のリーグ第4節MSVデュースブルク戦(0-2)で後半途中から投入され、ブンデスリーガデビューを果たすと、冬の中断期間までに10試合に出場した。12月16日のボルシアMG戦(2-0)から約2カ月のブレイク期間に入り、17日の第14節から再開予定となっている。
猶本は年始に自身のツイッターを更新し、尊敬する浦和FW安藤梢との「蹴り初め」2ショットを投稿していたが、1月上旬に再びドイツへ。「乾燥機にかけてみたら、縮んじゃった」と靴下の写真を公開するなど現地での生活を伝えていた。そして13日に再び更新すると、同居しているルームメートとのエピソードを明かしている。
「最近毎日お風呂ためてたらルームメイトから毎日お風呂禁止令出された。水使いすぎ的な感じで言われた。あー至福のひとときだったのに。ストレス」
湯船に浸かる生活を送っていた猶本に思わぬ“禁止令”が出たようだ。返信欄では安藤が「それわかる!」と共感の声を上げると、スペインのマラガCFFに在籍するDF千葉望愛からも「うちもお湯溜めれないから遠征の楽しみにしてる!笑」とメッセージが届いた。最終的に猶本は「こっちの人はお風呂に浸かる文化がないんだね」と納得した様子を見せていた。
2/13(水) 20:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00170234-soccermzw-socc

続きを読む

【ハイライト動画】女子W杯!なでしこ、イングランドに0-2敗戦…グループ2位通過!


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00060337-sdigestw-socc
女子ワールドカップは6月20日、グループリーグ第3戦が行なわれ、なでしこジャパンこと日本女子代表はイングランド女子代表と対戦した。
ここまで2勝で首位のイングランドに対し、日本は1勝1分けの2位。首位通過を懸けた一戦となった。
試合は立ち上がり、イングランドの前線からの圧力に対し、日本も前線の岩渕真奈、横山久美らにボールを集め素早い展開で対抗する。しかし14分、自陣でボールを奪われた日本は、イングランドFWのホワイトに最終ラインの裏に抜け出され、ゴールネットを揺らされてしまう。
1点をリードされた後、日本はリズムの悪い時間帯が続いたが、前半も終盤に差し掛かると、徐々にイングランドを押し込み始める。しかし、前半は横山のクロスバー直撃のFKなどもあったが、得点を奪えず、1点ビハインドで折り返した。
迎えた後半も立ち上がりこそ押し込まれた日本だが、三浦成美と菅澤優衣香の同時投入を機に反撃を開始。再三に渡り決定的な場面を作り出すが、決め手を欠き得点には至らない。すると84分、再びディフェンスラインの裏に抜け出したホワイトに一瞬の隙を突かれて追加点を許してしまう。イングランドが2対0とリードを広げる。
結局、最後までゴールを狙った日本だが、ネットを揺らせず、0対2で敗戦。なでしこジャパンはグループ2位通過となった。
決勝トーナメント1回戦では、グループEの1位との対戦。オランダもしくはカナダとの対戦となる。

続きを読む

【画像】"美人すぎるMF"吉田凪沙(22)がINAC神戸入団!


吉備国大シャルム吉田 夢への一歩 INAC神戸入団 なでしこ目指す
今季からサッカー女子・なでしこリーグ1部のINAC神戸に入団する。
「絶対に自分のプラスになる、そう思って挑戦を決めた」とチャレンジリーグ・吉備国大シャルムのMF吉田凪沙(なぎさ)=22歳。
国内屈指の強豪で成長を遂げ、日本代表「なでしこジャパン」の夢を追う。
徳島市出身の元U―20(20歳以下)日本代表は豊富な運動量と献身的なプレーが魅力だ。
大学では1年時から主力で活躍し、「チームの『ひたむきさ』を象徴する存在」と吉備国大の太田真司監督。
身長166センチと体格に恵まれ、球際に強く、キープ力にも優れ、昨年の福井国体では岡山の準優勝に貢献した。
兵庫・日ノ本学園高で全国高校総体、全日本高校選手権の2冠を達成し、鳴り物入りでシャルムに加入してから4年。
「さまざまな戦術を学び、サッカーの幅が広がった」と吉田は振り返る。
一方で悔いもある。「主将、一選手としてゲームの中で悪い流れを断ち切れなかった」。
なでしこリーグ2部から降格し主将も務めた昨季、1年でのなでしこ復帰はかなわなかった。
技術面もさることながら、元日本代表で神戸でもプレーした澤穂希さんのような「不利な状況を楽しめる」精神力を養うことも今後のテーマという。
複数のクラブからオファーがあった中で、「より高いレベルで自分を磨きたい」と昨季リーグ2位の神戸を選んだ。
DF鮫島彩、MF中島依美、FW岩渕真奈ら日本代表メンバーが名を連ねる新天地。
「ピッチに立つ姿を早く岡山のサポーターに見せられるよう、チームの核としてゲームをつくれる選手になる」。
“なでしこ”への第一歩となるレギュラーの座をつかみ、温かい声援を送り続けてくれた高梁の人たちの期待に応える。
山陽新聞デジタル|さんデジ 2019年02月06日 11時35分 更新
http://www.sanyonews.jp/article/864351/1/?rct=nadeshiko
画像:豊富な運動量と献身的なプレーが持ち味

キャプチャー画像:“美人すぎるMF”吉田凪沙選手(右)

吉田凪沙(@ngs2610)さん | Twitter

画像:左から、吉田凪沙、伊藤美紀、八坂芽依、仲田歩夢

画像:高校時代の吉田凪沙
http://i.imgur.com/a78qAnj.jpg
http://i.imgur.com/rQ5YmAR.jpg
INAC神戸レオネッサ 公式サイト
http://inac-kobe.com/
選手紹介 – INAC神戸レオネッサ
http://inac-kobe.com/player/
動画配信 – INAC神戸レオネッサ
http://inac-kobe.com/movie/
日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ、チャレンジリーグ
http://www.nadeshikoleague.jp/
動画 | 日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト
http://www.nadeshikoleague.jp/movie/

続きを読む

「なでしこのボール回しがすごすぎ!手に負えない!」byスコットランド代表・カー監督


(14日、サッカー女子W杯1次リーグD組第2戦 日本2―1スコットランド)
敗れたスコットランドのミシェル・カー監督は、日本の連動性に脱帽した。
ボール回しを封じようと、序盤からパワープレーを仕掛けていく作戦だったが、「うまくできなかった。特に最初の10分間は、日本のボール回しがすごすぎて手に負えなかった」。日本のパス交換が予想以上に速く、スコットランドの選手がボールを奪おうと日本選手に詰め寄っても、体格の差やパワーを有利にいかせる間合いに近寄らせてもらえなかったという。
世界ランキングで7位の日本に対し、スコットランドは20位。その差を痛感し、「日本にはワールドクラスの選手がそろっている」とたたえた。
一方で、シュートがゴールポストに嫌われるなどして、監督は「不運だった」とも嘆いた。特に後半39分過ぎ、日本選手の手にボールが当たったようにも見えた場面に触れ、「PKをもらえるべきだった。(得点になれば)試合の結果は変わっていたかもしれない」と悔しがった。
6/15(土) 8:09配信 朝日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000008-asahi-spo

続きを読む

【女子W杯】なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!


6/14(金) 23:48配信
なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!今大会初勝利で決勝T進出に大きく前進
女子ワールドカップ・グループステージ2節の日本対スコットランドが14日、フランス・レンヌのロアゾン・パルクで行なわれ、2-1で日本が勝利した。初戦のアルゼンチン戦に0-0で引き分けていたなでしこジャパンは、今大会初勝利。グループステージ突破に向け、大きな勝点3を得た。

日本は初戦のアルゼンチン戦からスタメン3人を変更し、CB市瀬菜奈、左MF遠藤純、FW岩渕真奈を初先発させた。すると23分、岩渕がこの起用に結果で応える。バイタルエリアで遠藤からのパスを受けると、素早く前を向いて右足を一閃。強烈なミドルシュートでスコットランドゴールを射抜いた。
このゴールで勢い付いた日本は、菅澤優衣香が自ら獲得したPKを沈めて37分に追加点。完全に試合の主導権を握り、前半終盤にも決定的なチャンスを作ってハーフタイムを迎えた。
お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!
メンバーチェンジなしで挑んだ後半は、丁寧にパスをつないでくるスコットランドにボールを持たれる時間帯もあったが、日本は組織的な守備で決定機を作らせない。攻撃に移れば左SBの鮫島彩のオーバーラップを絡めたサイドアタックをメインにチャンスをうかがい、69分にはその鮫島がミドルを放った。
試合終盤はスピードとパワーを前面に押し出してきたスコットランドに苦しめられ、77分のCKでは、こぼれ球を拾われ、ポスト直撃のシュートを打たれる。そして88分、自陣での横パスがミスになり、スコットランドのクレランドにボールを奪われると、そのままミドルを打たれて1点差に詰め寄られた。しかし、そこから追加点は許さず。アディショナルタイムには追加点のチャンスも作りながら、2-1でしぶとく逃げ切った。
2大会ぶりのW杯制覇を狙う日本は、この勝利で勝点を4に伸ばし、暫定ながらグループ首位に浮上。20日のグループステージ第3戦では、決勝トーナメント進出をかけてイングランドと対戦する。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00060050-sdigestw-socc

続きを読む

なでしこ高倉麻子監督に「解任論」!?不可解な選手選考&采配に疑問の声・・・


なでしこジャパンがきな臭くなってきた。サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は、2大会ぶりの優勝を目指す日本(国際連盟=FIFA=ランキング7位)が、同37位のアルゼンチンとの1次リーグD組初戦でまさかのスコアレスドローに終わった。
日本サッカー史上初の女性代表監督として2016年に就任した高倉麻子監督(51)は、開催国枠で出場する来年の東京五輪でも指揮を執ることが既定路線だったが、不可解な選手選考や采配に批判の声が噴出。今大会で惨敗するようなら、解任論は一気に高まることになる。(夕刊フジ編集委員・久保武司)
ゴール前を固めるアルゼンチンのDF陣を崩せず、1点も取れなかったなでしこ。
振り返ってみれば、今大会のメンバー選考自体に波乱の要因があった。昨季なでしこリーグMVPで3季連続得点王のFW田中美南(25)=日テレ=を、高倉監督はあえて落選させた。日本代表でも35試合に出場して14ゴール、年齢的にも今大会が旬だったストライカーの落選は、同じフランスで開催された1998年男子W杯の直前に代表から外されたカズ(三浦知良)=J2横浜FC=になぞらえる日本協会関係者がいたほど。
田中落選の理由について高倉監督は「3人、4人がコンビネーションを作ったときに、鉄のディフェンス、大きな選手たちを翻弄する崩しができるのではないか」と語り、“個の力よりチームワーク”を強調した。
ところが、痛恨のドローに終わったアルゼンチン戦後、高倉監督は何と言ったか。「相手がゴール前を固めてくる中で、崩すアイデア、個人の力が足りなかった」とコメントしたのだから皮肉である。
フル代表の監督に就任する前に、若い世代を率いて2014年U-17(17歳以下)女子W杯を制した高倉監督は、当時の優勝メンバーからMF長谷川唯(22)=日テレ、FW遠藤純(19)=同=らをフル代表に抜擢しているが、劣勢で頼りになるのは“子飼い”の若手より、経験豊かなベテランだろう。
しかし高倉監督は、今も海外で現役を続けているFW永里優季(31)=レッドスターズ、MF川澄奈穂美(33)=スカイブルー=を今大会メンバーに入れていない。
なでしこ全盛期のDFリーダーで、昨季チームを3冠に導き13年連続ベストイレブンに選ばれた岩清水梓(32)=日テレ=に至っては、高倉ジャパン発足後一度も招集されていない。
采配に対しても、日本サッカー協会内には、「選手交代が遅いのではないか」と疑問を唱える声が上がっている。「数々の海外遠征をはじめ、高倉監督の要望には極力応えてきたのに、結果がこれでは…」と皮肉る幹部も現れた。
田嶋幸三会長(61)は「東京五輪で男女メダル獲得」を目標に掲げ、高倉監督就任にあたっては「なでしこジャパンを一番勝たせる可能性のある監督」と断言していたが、当初のもくろみから遠ざかっている。
しかも“ポスト高倉”は致命的な人材難。火中の栗を拾うのは、2011年W杯ドイツ大会でなでしこを初の世界一に導き、15年カナダ大会でも決勝進出(準優勝)を果たした前任者、佐々木則夫氏(61)ぐらいしか見当たらない。佐々木氏は現在、田嶋会長の肝いりで日本協会理事を務めている。
ちなみに一般のサッカーファンからは、今回フジテレビの解説として現地入りしている澤穂希さん(40)、現役引退を発表した宮間あやさん(34)らの代表監督就任を待望する声も上がっているが、2人はまだ代表監督就任に必要な「S級ライセンス」を取得していない。
なでしこの次戦は、日本時間14日午後10時開始予定のスコットランド(FIFA20位)戦。さらに同20日午前4時開始予定の強敵イングランド(同3位)戦が控えている。
1次リーグは各組2位以上なら自動的に決勝トーナメントへ進出。3位でも6チームのうち成績上位4チームが次へ駒を進めることができる。
なでしこの戦いはここからが本番。もちろん、挽回のチャンスはまだまだあるわけだが、最近2大会連続で決勝に進んでいるだけに、中途半端な成績では許されない。
6/13(木) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000005-ykf-spo

続きを読む

【ハイライト動画】W杯初戦!「なでしこジャパン×アルゼンチン」チャンス作るも得点奪えず・・・


【アルゼンチン 0-0 日本 FIFA女子ワールドカップ2019 D組第1節】
FIFA女子ワールドカップ2019 D組第1節、アルゼンチン女子代表対日本女子代表(なでしこジャパン)が現地時間10日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わった。
2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンはアルゼンチンを崩しきれず引き分けスタートとなった。
序盤からボールを支配するなでしこジャパンだが組織だったアルゼンチン守備陣を前に決定的なチャンスを作れない。2列目からのミドルシュートを狙うもボールは枠を捉える事が出来ない。
そんななでしこジャパンの最初のチャンスは50分、横山久美がミドルシュート、GKが弾いたボールを菅澤優衣香が詰めるもボールはバーを越えてしまう。続く56分には右サイドを崩し最後は長谷川唯がペナルティーボックスでシュートを打つもシュートはポスト左に外れる。
その後も主導権を握るなでしこジャパンが試合を支配するもゴールは遠くこのまま試合は終了。初戦を引き分けたなでしこジャパンは14日にスコットランド女子代表と対戦する。
【得点者】
なし
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00325430-footballc-socc

続きを読む

「初戦の難しさ..勝ち点1をとったことをプラスにとらえたい!」byなでしこ高倉監督


<女子W杯:日本0-0アルゼンチン>◇1次リーグ第1戦◇10日◇パリ
サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランク7位)はW杯初戦でアルゼンチン(同37位)と対戦し、0-0で引き分けた。
高倉監督の主な一問一答は以下の通り。
-この試合での勝ち点1をどう感じているか。また、ボールを持ちながらリズムが出なかった要因はどう考えているか
高倉監督
もちろん今日の試合に関して勝ち点3をとりたいと強い気持ちを持ってゲームに入りましたけど、アルゼンチンが引き気味のポジションでゴール前を固めてくる中で、前半は特にゴールに向かうパワーと言いますか、人がいることによってそこに入っていくのを怖がってる状況が続いていたので。それでは点をとることはできませんし。積極的にもっとゴールを目指せというところはハーフタイムに指示をして。
後半、ゴールを狙うパワーは増したかなと思いますけど、その中でも足を振りきることはできずに。そのへんの変化をつける、もしくはパワーを持ってゴール前に入っていくところは足りなかったかなと。最後まで相手のリズムでゲームをしてしまったなと思います。
-スコアレスで試合が進む中で最初の交代カードとして、ここ1カ月間、実戦経験のなかった岩渕選手を起用した意図と狙いは
岩渕が実戦から遠ざかっていても、そうでなくても、彼女のもともと持っているポテンシャルは信じて選んだわけですし、投入の意図というのは得点しかないです。
-グループの中で最もFIFAランクの低い相手と引き分けてしまった。苦しい状況になったと思うが、残り2試合をどう戦っていくか
高倉監督 W杯はきれいにランクが上のチームが勝っていく大会ではないですし、初戦の難しさということを考えても、勝ち点1をとったことをプラスにとらえて、チームとしては前に進んでいくだけです。
-前半は守備重視に感じたが、それはもともとの狙いか。それとも、もっといくべきところをいけなかったのか。後半はリスクをかけて選手も動きだしてよくなったと思うが、それが結果につながらなかった。そこはどう分析しているか
私たちのチームで守備攻撃に関して約束事はありますし、どの相手に対しても決して守備的にいこうという発想でチームを考えているわけではないです。ただ、初戦ですし、守備のところはしっかりやていこうという話は(している)。どの試合もそうですけど。守備的に布陣を組んだわけではないですし。発想をしたわけでもないですし、その中でやはり選手が慎重になったというところもあったと思いますし、後半はもっとスイッチを入れていかないといけないところでちょっとテンポが上がったかなと思いますけど、結果的に私たちの力がアルゼンチンを壊す力がなかったのかなと思います。
6/11(火) 7:15配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-06110074-nksports-socc

続きを読む

【ゴール動画】なでしこジャパン、3発快勝で国内初陣飾る…横山、田中、籾木のゴールでコスタリカ撃破!

日本女子3-0コスタリカ女子
[日]横山久美(23分)
[日]田中美南(74分)
[日]籾木結花(82分)
https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017040901

「キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~」が9日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とコスタリカ女子代表が対戦した。
高倉麻子監督就任後、国内で戦う初めての試合。先発にはGK池田咲紀子、DF熊谷紗希、高木ひかり、市瀬菜々、MF阪口夢穂、宇津木瑠美、中島依美、中里優、長谷川唯、FW横山久美、田中美南の11人が起用された。
積極的に試合に入ったなでしこは4分に中島、6分に横山がミドルレンジから狙ったが、いずれも枠を捉えることはできなかった。
試合が動いたのは23分。ペナルティエリア手前中央でパスを受けた横山が巧みな反転で前を向くと、左足を振り抜く。強烈なシュートがゴール右上に決まり、なでしこが先制に成功した。
前半はこのままなでしこの1点リードで折り返す。
なでしこはハーフタイムに中島と中里を下げ、隅田凜と籾木結花を投入した。
追加点を狙うなでしこは60分、細かいパス交換でエリア内に抜け出した横山が右足でシュートを放つと、DFに当ってこぼれたボールを拾い、左方向へパス。これを受けた長谷川が右足で狙ったが、惜しくも枠の右上に外れた。
68分には横山からのパスでエリア内に抜け出した田中が決定機を迎えたが、シュートはGKに阻まれてしまった。直後の69分、なでしこは横山に代えて上野真実をピッチへ送り出す。
すると74分、左サイドでパスを受けた上野からのクロスをゴール前に走り込んだ田中が左足ダイレクトで合わせ、待望の2点目が決まった。82分には左サイドの長谷川が左足でゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、籾木がダイレクトで流し込み、スコアは3-0となった。
試合はこのままタイムアップを迎え、なでしこが高倉監督就任後の国内初陣を快勝で飾った。
SOCCER KING4/9(日) 20:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00574115-soccerk-socc
なでしこジャパン公式
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/

続きを読む

【全ゴール動画】第1戦でアメリカとドローのなでしこ、ブラジルと対戦!<試合結果>


3/3(日) 5:51配信
サッカー女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」で日本代表「なでしこジャパン」は2日(日本時間3日)、米テネシー州ナッシュビルでの第2戦でブラジルと対戦、3―1で今大会初勝利を挙げた。
前半は双方が広くピッチを使った攻めを見せたが、時間がたつにつれブラジルが度々ゴールに迫った。日本の守備陣が冷静に対処し得点を許さず迎えた44分、一瞬の隙を中島が突いてボールを奪うとゴール前で右にパス、受けた籾木がループシュートを決めて先制した。日本のリードで折り返した。
後半に入ると、ブラジルの攻めが激しくなり、12分にゴール前の混戦からデビーニャに決められて同点とされた。この後も防戦が続いたが、36分、籾木の右からのクロスを小林が頭で決めて勝ち越した。
リズムの良くなった日本は40分、籾木のパスを抜け出した長谷川が受けると、ゴール前でディフェンスをかわして左足で追加点を決めた。この後、ブラジルの反撃をしのいでこの大会初勝利を飾った。
日本は5日(日本時間6日)にイングランドと対戦する。
▼高倉監督の話 我慢しながら勝ちを引き寄せる展開になればと思っていた。90分で勝ち切れてよかった。よく耐えてやってくれた。
▼籾木の話 (2戦連発となった先制点は)中島選手がタメを作ってくれた。感謝したい。最後の試合も勝利できるように準備したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000063-spnannex-socc

続きを読む