アジアカップ 2019

アジアカップで日本代表と同組のウズベキスタン代表がメンバー発表!Jリーグから2名が選出!


ウズベキスタンサッカー連盟(UFF)は26日、AFCアジアカップ2019に挑むウズベキスタン代表メンバー23名を発表した。AFC(アジアサッカー連盟)の公式HPが伝えている。
メンバーには明治安田生命J1リーグのジュビロ磐田でプレーするMFムサエフ、明治安田生命J2リーグのレノファ山口FCでプレーしているドストンベック・トゥルスノフも選ばれている。
ウズベキスタン代表はアジアカップでグループFに入っている。大会は1月5日に開幕し、9日にオマーン代表、13日にトルクメニスタン代表、17日に日本代表と対戦する。
発表されたメンバー23名は以下の通り。
▼GK
イグナティ・ネステロフ(ロコモティフ・タシュケント)
ウトキリ・ユスポフ(コーカンド1912)
サンジャル・クファトフ(ナサフ)
▼DF
エゴール・クリメツ(パフタコール)
アンズル・イスマイロフ(ロコモティフ・タシュケント)
ドストンベック・トゥルスノフ(レノファ山口/日本)
イスロム・トゥフタフジャエフ(ロコモティフ・タシュケント)
オレグ・ゾテーフ(ロコモティフ・タシュケント)
ファルーフ・サイフィエフ(パフタコール)
アクマル・ショラメドフ(パフタコール)
ダヴロンベック・ハシモフ(ナフバホール)
▼MF
オディル・オディル・ハムロベコフ(ナサフ)
オディル・アフメドフ(上海上港/中国)
オタベック・シュクロフ(アル・シャルジャ/UAE)
ムサエフ(ジュビロ磐田/日本)
ジャロリディン・マシャリポフ(パフタコール)
アジズ・トルガンバエフ(ナフバホール)
ドストンベク・ハムダモフ(アンジ/ロシア)
ジャボヒール・シディコフ(コーカンド1912)
イクロムジョン・アリバエフ(FCソウル/韓国)
エルドール・ショムロドフ(ロストフ/ロシア)
▼FW
マラト・ビクマエフ(ロコモティフ・タシュケント)
サルドル・ラシドフ(ロコモティフ・タシュケント)
12/26(水) 17:34配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00881749-soccerk-socc

続きを読む

アジアカップ開幕!ザッケローニ監督率いるUAE代表はハリルのPK弾で初戦ドロー!


【スコア】
バーレーン1-1アラブ首長国連邦
【得点者】
78分 0-1 モハメド・マルズーク・アル=ロマイヒ(バーレーン)
87分 1-1 アーメド・カリル(UAE)
http://www.the-afc.com/asiancup/news/group-a-uae-1-1-bahrain
アジアカップ開幕! ザッケローニ監督率いるUAEはハリルのPK弾で初戦ドロー
アジアカップ2019は5日に開幕した。開催国のUAE代表とバーレーン代表が開幕戦を行い、1-1のドローで終えた。
大会ファーストゴールはバーレーン。後半33分、右サイドからのクロスをFWモハメド・アル・ロマイヒが頭で合わせるが、相手DFにブロックされる。しかし再びロマイヒが左足で押し込んで、クロスバーに当たりながらゴール。バーレーンが先制に成功する。
追い込まれたUAEを率いるのは、元日本代表指揮官でもあるアルベルト・ザッケローニ監督。先制を許したUAEは後半36分にFWアフメド・ハリルを投入する。すると、この采配が的中。同43分にPKを獲得すると、ハリルが豪快に決め切り、1-1の同点となった。
試合はそのまま1-1で終了となり、痛み分けのドローとなった。UAEは10日にインド代表と、バーレーンは同日にタイ代表と対戦する。日本代表は9日にトルクメニスタン代表との初戦を迎える。
1/6(日) 6:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-15635077-gekisaka-socc

続きを読む

【アジアカップ試合結果】Jリーガー擁するタイはまさかの4失点大敗…インドが初戦を白星で飾る


[1.6 アジアカップ2019 タイ1-4インド アブダビ]
アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループAはタイ代表とインド代表が対戦。インドがタイに4ー1で勝利した。
タイは札幌所属のFWチャナティップや神戸所属のDFティーラトン、元広島のFWティーラシンといったJリーグと関わりが深い選手たちをスタメンで起用。東南アジア屈指の実力を持つタイが頂点を狙うべく、初戦でインドに挑んだ。
しかし、思わぬ形でインドが先制に成功。前半11分、PA内でGKに跳ね返ったボールがティーラトンの腕に当たり、ハンドの判定に。PKを獲得したインドはFWスニル・チェトリが冷静にゴール左に決め、1-0とスコアを動かした。
失点を食らったタイだが、慌てた様子は見せない。前半26分、中盤でFKを獲得すると、キッカーのティーラトンが左足でPA中央に蹴り込む。ティーラシンが頭で流し込んで、すかさず同点に追いついた。
前半は1-1で折り返したが、インドが後半1分に追加点を決める。鋭いカウンターから右サイドのFWウダンタ・シンがクロスを上げ、チェトリが右足を振り抜いてこの試合2点目を挙げた。さらに同23分には再びカウンター。最前線のシンがPA内に入って後方にパスを出すと、最後はMFアニルドゥ・タパが右足でループシュートを放ち、飛び出したGKを越えてゴールに吸い込まれた。
タイは1-3とリードを広げられても諦めず、後半28分には先発したチャナティップを下げて、FWシロー・チャットーンを投入する。しかし流れは変わらないまま、インドは同35分にFWジェジェ・ラルペクラがダメ押しの4点目を挙げた。
試合はそのままインドが4-1で圧勝。Jリーガーを擁したタイは大量失点での大敗を喫した。インドは10日にUAEと、タイは同日にバーレーンと対戦する。
1/7(月) 0:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-15862422-gekisaka-socc

続きを読む

韓国戦を控えたフィリピン代表エリクソン監督「何が起こるか、わからない」


サッカーフィリピン代表を率いるスヴェン・ゴラン・エリクソン監督が、韓国代表を優勝候補だと認めながらも「(試合では)何が起こるか、わからない」と明かした。
韓国代表とフィリピン代表は7日午後10時30分(以下、日本時間)、アラブ首長国連邦・ドバイにて2019アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップC組・組別リーグ1次戦に臨む。
エリクソン監督は試合を翌日に控えた6日、公式記者会見に出席し「フィリピンは今回が初のアジアカップ出場であり、より興奮し幸せを感じている。全試合に勝つため、ベストを尽くす」とし、「サッカーには、あっと驚くようなことが起こる。韓国戦でも、何が起こるかわからない」と期待を込めた。
1/7(月) 14:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000033-wow-socc

続きを読む