アジアカップ

「アジアカップで韓国は日本に借りを返さないといけない」by韓国メディア


来年1月にUAEで開催されるアジアカップを前に、韓国メディアが若返りを図っている日本代表に注目している。
韓国紙「国民日報」は「日本代表は若返った。チームの平均年齢は26.1歳。ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場したナイジェリア代表の平均年齢が25.9歳で、参加国中、最も若かったが、日本もそれと大きな差がない」と報じた。
また、森保一監督が2022年カタールW杯に向けて描く構想についてもまとめ、「アジアカップメンバーに含まれた23人のうち、11人が25歳以下の選手だ。ロシアW杯に出場した選手と比較すると、平均年齢が2歳も縮まった。その時、活躍したベテラン選手はほとんど除外された」と伝えている。
同紙が強調したのは、こうした年齢の違いだけではない。
「本田圭佑と長谷部誠をはじめ、香川真司、岡崎慎司、乾貴士などは今回のアジアカップに出ない。彼らはこれまで日本代表の中心選手だったベテラン。すべて欧州でプレーする選手たちだ」と現状を伝えつつ、「それでもアジアカップ通算4度優勝の日本は、依然として強力な優勝候補だ」と日本の実力を警戒している。
そのうえで、日本は絶対に負けられない相手だと強調している。
「イラン同様、日本は韓国にとって警戒対象の一番手。ただ、韓国は日本に借りを返さないといけない。2011年カタール大会の時、準決勝で日本に敗れて、決勝に上がれなかった。日本はこの試合でオーストラリアを破り優勝を手にした。しかも同大会がパク・チソンとイ・ヨンピョなど、韓国サッカーにおけるレジェンドたちの代表チームの惜別の舞台だった」と2大会前の記憶を振り返りつつ、今大会で雪辱を果たさなければいけないと締めくくっている。
12/27(木) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00157090-soccermzw-socc

続きを読む

タイ代表、アジア杯初戦大敗で監督が電撃解任!


アジアカップに参戦しているタイ代表は6日にグループステージ初戦でインドと対戦したが、1-4で大敗。試合後、タイサッカー協会はセルビア人のミロヴァン・ライェヴァツ監督を解任したと発表した。J1北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティプ・ソングラシンらJリーガーも擁するタイに激震が走った。
国の経済成長により、国内リーグが発展するなど進境著しいタイ。チャナティップや昨季までヴィッセル神戸で活躍したDFティーラトン、前サンフレッチェ広島FWティーラシンら豊富なタレントがインド戦の先発に顔を揃えた。
前半はティーラトンのセットプレーから、ティーラシンのゴールも生まれて1-1で折り返したが、後半に入るとPKを含む3失点。FIFAランキング118位のタイは同97位のインドに大敗スタートとなった。
そして、試合後にタイサッカー協会はライェヴァツ監督の電撃解任を発表。昨年2月に2020年まで契約延長を果たしたが、大舞台の初戦でつまずいたことから協会が英断を下した。
アジアカップの残りの試合はアシスタントコーチのシリサク・ヨディヤタイ氏が暫定的に指揮を執ることになった。
1/7(月) 12:43フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159809-soccermzw-socc

続きを読む

韓国がアジアカップで58年間優勝できない理由って?


韓国サッカー協会が15日、1960年のアジアカップ優勝者に本物の金で作った金メダルを代表選手の遺族に贈呈した。15日に英メディア『BBC』が報じている。
韓国で開催された1960年のアジアカップで、韓国代表は優勝を成し遂げた。名誉ある実績を残したものの、代表選手に渡された金メダルは本物の純金ではなく、金色で塗装された偽物で、簡単にコーティングが剥がれるようなメダルだったという。
それ以来、アジアカップで優勝を逃し続けていることから、“偽メダルの呪い”と言われているようだ。1961年から2019年までの間に、14回アジアカップが開催されている。しかし、予選敗退やグループリーグ敗退などで、58年間タイトルを逃していた。
同メディアによると、2014年頃から順次、偽メダルと本物の金メダルの交換を進めているという。今月も、新たに4人の代表選手遺族に贈呈したとのこと。しかし、まだ8人の代表選手遺族は交換を終えていないようだ。なお、2015年のアジアカップは準優勝。今回の大会では現在、決勝トーナメントまで駒を進めている。
1/16(水) 8:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00305153-footballc-socc

続きを読む