アーセナル

浅野拓磨が宮市2世に!?アーセナル移籍で合意間近!加入後はレンタルで武者修行へ

サンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨が、プレミアリーグの強豪アーセナルに移籍することで合意に近づいていると28日付の『copa90』が報じている。
21歳の浅野にはガンバ大阪の宇佐美貴史も加入することが決まったアウグスブルクが220万ユーロ(約2億5000万円)の獲得オファーを提示したともいわれている。
また、U-23日本代表のチームメイトである南野拓実が所属するオーストリアのザルツブルクやスイスのグラスホッパーなども興味を示していたが、アーセナルは他クラブよりも好条件を提示しているという。
アーセナルは浅野を獲得した場合、他クラブへレンタル移籍させて武者修行を積ませる意向のようだ。
過去にアーセナルは稲本潤一と宮市亮の2人の日本人が所属していた。今季のプレミアリーグでは2位で終え、来季は欧州最高峰の大会であるチャンピオンズリーグに19年連続で出場を決めている。
クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は若手育成に定評がある名将でもある。スピードスタータイプの選手を好む傾向にあり、過去にはセオ・ウォルコットを発掘して重宝した。
『copa90』はイングランドのロンドンを拠点とするメディアで、ニュースメディアとしてだけではなくサッカーに関するドキュメンタリー動画などを配信しており、世界各国の大手メディアとも業務提携している。
編集部はこの驚くべき移籍報道について『copa90』にコメントを求めたところ、「現地(イングランド)関係者からの確かな情報を得た。この報道に自信を持っている」との回答があった。
昨年のJリーグ最優秀若手選手にも輝いた浅野は、U-23日本代表候補としてリオ五輪での活躍にも期待がかかっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010002-footballc-socc
フットボールチャンネル 6月29日(水)6時30分配信

続きを読む

オーバメヤンよりゴールを決めた選手はメッシら5人だけ!


12日にプレミアリーグ最終節が行われ、マンチェスター・シティが2年連続4度目の優勝を果たした。
バーンリーと対戦したアーセナルは3-1の勝利を収め、2ゴールを奪ったFWピエール・エメリク・オーバメヤンは22得点で、リバプールFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネとともに得点王に輝いた。
ここ数年、得点を量産しているオーバメヤンのゴール数を、英『スカイスポーツ』が紹介している。
12-13シーズンにサンテティエンヌからドルトムントに加入したオーバメヤンは、加入初年度から2ケタ得点をマーク。16-17シーズンには31得点を挙げてブンデス得点王に輝いた。
そして、18年1月にアーセナルに加入してからもゴールを量産し、15-16シーズンからの4年間でリーグ戦でのゴール数は100に到達したという。
同じ期間に欧州主要リーグで100ゴール以上を奪った選手たちは、わずかに5人。バルセロナFWリオネル・メッシ(131点)、FWルイス・スアレス(115点)、
バイエルンFWロベルト・レワンドフスキ(111点)、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド(107点)、トッテナムFWハリー・ケイン(101点)と顔ぶれは実に豪華で、
オーバメヤンが世界屈指のスコアラーと肩を並べる位置まできていることが分かる。
ヨーロッパリーグで決勝に進出しているアーセナルは、5月29日にチェルシーと対戦する。準決勝までに8得点を奪っているオーバメヤン。
10得点で得点ランクトップに立つFWオリビエ・ジルをかわしてリーグ戦同様に得点王となり、チームをEL優勝へと導けるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-43466996-gekisaka-socc
5/13(月) 22:27配信
https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/ranking/
得点ランキング

続きを読む

アーセナル、3季連続で4位以内を逃す・・・


アーセナル
1-1
ブライトン
■得点者
アーセナル:オーバメヤン(9分PK)
ブライトン:マレー(61分PK
現地時間5日、イングランド・プレミアリーグは第37節が行われ、アーセナルはホームのエミレーツ・スタジアムにブライトンを迎えた。
試合は開始早々にヘンリフ・ムヒタリアンがポスト直撃のシュートを放ち、9分にはペナルティーエリアの角でナチョ・モンレアルが倒されてアーセナルにPKが与えられる。これをピエール=エメリク・オーバメヤンが沈めて幸先よくアーセナルが先制する。オーバメヤンはこれでリーグ戦20ゴール目。
その後もペースを握るアーセナルだが、追加点を奪えず、徐々にブライトンがカウンターの機会を得ていく。26分、GKベルント・レノのクリアミスをエリア内で拾われ、イヴ・ビスマが粘って最後は左クロスをグレン・マレーが頭で合わせるも、コースが甘くGKレノがキャッチする。
ミスから肝を冷やす場面を作られたアーセナルだが、試合の主導権をは渡さず。36分、右CKをシュコドラン・ムスタフィが頭で合わせるもGKマシュー・ライアンがファインセーブ。39分には、メスト・エジルの折り返しをオーバメヤンが合わせるも、GKライアンが再びが横っ飛びでセーブした。
前半の内にリードを広げておきたいアーセナルだが、45分にムヒタリアンの放った強烈なシュートはGKライアンが防ぎ、こぼれ球を拾ったオーバメヤンの折り返しをアレクサンデル・ラカゼットが合わせるも、今度はDFが頭でブロック。1-0のまま試合を折り返した。
後半、追加点を奪えなかったアーセナルをブライトンのカウンターが襲う。59分、カウンターからペナルティーエリア内左に侵入したソロモン・マーチをグラニト・ジャカが倒してしまいPKの判定。これをグレ・マレーが決めてブライトンが同点に追いつく。
攻勢に試合を進めながらも追加点が奪えず、嫌な流れになりつつあるアーセナル。74分には、ペナルティーエリア左からのムヒタリアンの折り返しがDFに当たってコースが変わり、ファーサイドでフリーとなっていたオーバメヤンの下へ。しかし、渾身のボレーシュートはゴール左へと外れてしまう。
77分、勝ち点3のほしいアーセナルは一気に3選手を交代。マッテオ・グエンドウジに代えてヘンリフ・ムヒタリアン、ジャカに代えてアレックス・イウォビ、そしてシュテファン・リヒトシュタイナーに代わってセアド・コラシナツと一気に3選手を入れ替える大胆策に出た。
しかし、次のビッグチャンスが訪れたのはブライトン。85分、パスカル・グロースの右クロスをマーチが頭で折り返し、最後はファーポストで押し込むも角度がなく枠を外してしまう。
終盤は猛攻を仕掛けるアーセナルに対し、ブライトンはギリギリのところで耐えつつも、時折見せるカウンターにも鋭さを感じさせる。アディショナルタイムの3分間でも決勝ゴールは生まれず、来季のチャンピオンズリーグ出場を目指すアーセナルは勝ち点1を得るにとどまった。
この結果、アーセナルは最終節のバーンリー戦で勝利し、4位のトッテナムが敗戦しても同勝ち点。得失点差は「8」となっており、4位以内が極めて厳しい状況となった。また、今節に勝利して勝ち点を71まで伸ばした3位のチェルシーが4位以内でのフィニッシュを確定させている。
5/6(月) 2:22配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010001-goal-socc

続きを読む

「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ?この2年間は幽霊・・・」byアーセナルOBプテイ


プティ氏も30歳レフティーの現状に厳しい評価 「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ」
アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、2018年ラストゲームとなる現地時間29日の敵地リバプール戦の遠征メンバーから外れた。低調なパフォーマンスが続き、批判にさらされている司令塔に対し、クラブOBでもある元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏も「この2年間は幽霊だ」などと苦言を呈した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。
エジルは試合前日の練習には参加していたようだが、膝の痛みを訴えたために遠征メンバーから外れたと報じられている。前節のブライトン戦(1-1)では前半のみの出場でベンチに下がり、ウナイ・エメリ監督は「戦術的な理由」としていた。
このところの低調なパフォーマンスと出場機会の減少から、冬の移籍市場で新天地を求めるのではという報道が盛んになっているエジル。首位リバプールとの大一番は負傷欠場のようだが、去就に関わる憶測がさらに加速する材料となりそうだ。
同紙では、元フランス代表MFプティ氏のエジルに対するコメントを紹介。同氏は「私はエジルの大ファン」と語る一方で、「しかし、この2年間は幽霊だ」と近年は求められているプレーができていないと厳しい評価を与えている。
「いくつものアシストやゴールを重ね、世界でも屈指の選手だったエジルはどこへ行ったんだ。私は彼がピッチ上での欲望を失っているように思うよ」
セリエAインテルやトルコのバシャクシェヒルといったクラブへの移籍が噂されるエジル。30歳のレフティーはアーセナルで本来の輝きを取り戻すことができるのか。それとも、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157804-soccermzw-socc
続きを読む

アーセナルファン、孫興民に「犬を食う人」


PK獲得のための「ダイビング」と見なされた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム、26)に対するアーセナル現地ファンの非難が人種差別に発展している。ダイビングとは相手のファウルを得るために意図的に倒れる行動をいう。
イングランドプロサッカーのトッテナム・ホットスパーに所属する孫興民は2日(現地時間)、英ロンドンのエミレーツスタジアムで行われた2018-19シーズンプレミアリーグ第14節のアーセナル戦で「ダイビング」をしたという批判を受けた。前半33分、孫興民はアーセナル選手のタックルを受けたが、孫興民が「演技」をして倒れたという解釈が出てきたのだ。
これを受け、アーセナルのファンは孫興民のインスタグラムに非難のコメントを書き込んだ。アーセナル現地ファンは「トリックを使った詐欺師」「ドラマ俳優としてキャリアを積むのはどうか」「孫興民が素晴らしいダイビングを見せた」と孫興民を揶揄した。「アジアン、チャイニーズ」「犬肉を食う人」という人種差別的な表現もあった。
これに対しトッテナムのファンと孫興民のファンは「明らかにペナルティーキックだった」とし、孫興民をかばった。トッテナムのファンは「アーセナルのファウルだった」「アーセナルのファンは勝ったにもかかわらず汚い行動をしている」と反論した。人種差別発言を指摘する内容もあり、論争は激しさを増した。
この日の試合の前半33分、孫興民は相手ペナルティーエリアでアーセナル選手のタックルを受け、主審はPKを告げた。このチャンスを生かしてトッテナムは得点した。しかし英BBCは文字中継で「孫興民とアーセナルDF選手の間に接触はなかった。ダイビングだった」と疑惑を提起し、孫興民に対する非難が続いた。この日、トッテナムは2-4でアーセナルに敗れた。
孫興民は試合後のインタビューで「私がペナルティボックス内でボールを持っている状況でホールディングと接触があった。私の観点でその場面は間違いなくPKを宣言するほどの状況だった。私はダイビングをする選手ではない」と主張した。
一方、この日の試合は地域のライバル、トッテナムとアーセナルのプライドがかかった対戦だった。両チームともにロンドン北部を縁故地とするため「北ロンドンダービー」と呼ばれている。
12/4(火) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000010-cnippou-kr
続きを読む

「アーセナル、ムバッペ獲得へ」←本田はどうなった?

モナコのムバッペ獲得に本腰のアーセナル、ジルーもオプションで追加

アーセナルは今季モナコで大ブレイクを果たしたフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向け、本腰を入れている。
18歳の逸材を巡る争奪戦には、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンも獲得に名乗りを挙げているが、アーセナルはサッカー史上最高額の移籍金に加えて、今季のスーパーサブを差し出すオファーを用意しているという。英紙「ザ・サン」が報じている。
今オフの注目銘柄となっている18歳へのオファーの相場は、移籍金1億ユーロ(約120億円)以上。昨年ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの1億1000万ユーロ(約132億円)というサッカー史上最高額を更新することが予想されている。
全額を現金で解決するのはどのクラブにとっても負担が大きいが、アーセナルは現金プラスアルファのプランを画策。記事では、1億ポンド(約140億円)の移籍金に加え、今季11試合の先発出場にとどまったフランス代表FWオリビエ・ジルーをオプションとして含める条件を提示する見込みだとしている。
ポグバの移籍金を超えるビッグオファーに…
ドイツの移籍情報サイト「トランスファーマルクト」によると、今年9月に31歳を迎えるジルーの市場価値は2500万ユーロ(約30億円)とされている。「金銭+選手」という変則的な形ではあるが、ムバッペに対するオファーは実質的には約170億円に相当し、ポグバの移籍金を約40億円上回る計算になる。
今季12得点を挙げたストライカーを放出することでオファーの価値を高めようというアーセナルの戦略は、神童獲得への“決め手”となるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010000-soccermzw-socc&pos=1
続きを読む