アーセナル

「審判が試合を壊してしまった。今日の審判はとてもバイエルンの力になっていた」byアーセナル・ベンゲル監督


[3.7 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 アーセナル1-5バイエルン]
アーセナルは7日、ホームで戦ったUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦のバイエルン戦に1-5で敗れた。敵地での第1戦も1-5で敗れていたアーセナルは、屈辱的な大敗で大会を去ることになった。
7季連続16強敗退。20年を超えるアーセン・ベンゲル体制の交代を推す声の増長も避けられそうはない。試合後の会見で、67歳の名将ははイライラが抑えきれない様子で、公然と審判批判を繰り返している。『スカイ』がコメントを伝えた。
「私たちはバイエルンにプレッシャーを与えていたが、残念な結果に終わってしまった。1-0のときのあれは100%、ウォルコットに対するPKだ。後半は審判が試合を壊してしまった。その後は、とてもむずかしい状況になった。だがいずれにせよ、今日の審判はとてもバイエルンの力になっていた」
「(ロベルト・)レワンドフスキについては、PKだけじゃなく、オフサイドでもあった。しかもなぜかこちらがレッドカードをもらうってしまった。あれで完璧に終わった。まとめると、バイエルンは良いチームではあった。だが今日に関しては、審判の後半戦における判断に、彼らは感謝しなければならない。そういう他ないだろう」
「私は怒っているし、あの場面ではフラストレーションを感じた。私たちはすでにむずかしい立場に立たされていたのに、さらにあれで厳しくなってしまったからね。起こったことを考えれば、まったくもって説明がつかないし、スキャンダルなことだよ」
「私たちは冷静に受け止めなければならないし、私も立ち上がらなければならない。多くの批判を浴びることになるだろうが、私の心は変わらない。この試合では、正しい判断が行われなかった。私たちのプレーはとても良かったと感じている。ただ審判に台無しにされてしまった。試合を壊したのは審判だ。まったくもってあの審判は無責任だよ」
去就問題は当然騒がしくなる。最後のCLになるのかという質問も飛ぶが、指揮官は次のように突き放している。
「分らない。君たちは見出しになる発言を引き出そうとしているのだろうが、私が語るのはサッカーだ。私の将来ではない」
ゲキサカ3/8(水) 12:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-01637551-gekisaka-socc

続きを読む

【ハイライト動画】サラーが2得点!「リバプール×アーセナル」試合結果!


サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!
プレミアリーグ第3節が24日に行われ、リヴァプールとアーセナルが対戦した。
開幕2連勝スタートを切った両チームによる注目の一戦。アウェイのアーセナルは11分にピエール・エメリク・オーバメヤンが、飛び出したGKアドリアンのクリアボールを拾ってループシュートで狙うが、これは枠を捉えず。リヴァプールは21分、エリア内でボールをカットしたサディオ・マネが右足を振り抜くが、これはGKベルント・レノにセーブされた。
アーセナルはニコラ・ぺぺが31分にエリア手前から左足ミドル、34分にはドリブル突破から左足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかず。リヴァプールは39分にモハメド・サラーがエリア右から右足で狙ったが、シュートは枠の左に外れる。それでも41分、トレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKをジョエル・マティプが頭で叩き込んで、リヴァプールが先制に成功した。
1点リードで折り返したリヴァプールは48分、サラーがエリア内でダヴィド・ルイスにユニフォームを引っ張っれてPKを獲得。49分、サラーがゴール左上に突き刺してリードを2点に広げた。さらに59分、ファビーニョの絶妙な縦パスを受けたサラーが、D・ルイスをかわして右サイドを突破すると、エリア右から左足シュートを流し込み、決定的な3点目を奪った。
3点を追うアーセナルは85分、ルーカス・トレイラがエリア中央でオーバメヤンの折り返しを受け、右足シュートを突き刺して1点を返した。しかし試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが快勝でプレミアリーグ唯一の開幕3連勝。アーセナルは今シーズン初黒星となった。
次節、リヴァプールは8月31日にアウェイでバーンリーと対戦。アーセナルは9月1日にホームでトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーに臨む。
【スコア】
リヴァプール 3-1 アーセナル
【得点者】
1-0 41分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
2-0 49分 モハメド・サラー(PK)(リヴァプール)
3-0 59分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-1 85分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)
【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム(69分 ミルナー);サラー、フィルミーノ(86分 ララーナ)、マネ(77分 チェンバレン)
アーセナル(4-3-1-2)
レノ;メイトランド・ナイルズ、ソクラティス、D・ルイス、モンレアル;ゲンドゥージ(86分 ムヒタリアン)、ジャカ、ウィロック(81分 ラカゼット);セバージョス(61分 トレイラ);ぺぺ、オーバメヤン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00972073-soccerk-socc

続きを読む

アーセナルファン、孫興民に「犬を食う人」


PK獲得のための「ダイビング」と見なされた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム、26)に対するアーセナル現地ファンの非難が人種差別に発展している。ダイビングとは相手のファウルを得るために意図的に倒れる行動をいう。
イングランドプロサッカーのトッテナム・ホットスパーに所属する孫興民は2日(現地時間)、英ロンドンのエミレーツスタジアムで行われた2018-19シーズンプレミアリーグ第14節のアーセナル戦で「ダイビング」をしたという批判を受けた。前半33分、孫興民はアーセナル選手のタックルを受けたが、孫興民が「演技」をして倒れたという解釈が出てきたのだ。
これを受け、アーセナルのファンは孫興民のインスタグラムに非難のコメントを書き込んだ。アーセナル現地ファンは「トリックを使った詐欺師」「ドラマ俳優としてキャリアを積むのはどうか」「孫興民が素晴らしいダイビングを見せた」と孫興民を揶揄した。「アジアン、チャイニーズ」「犬肉を食う人」という人種差別的な表現もあった。
これに対しトッテナムのファンと孫興民のファンは「明らかにペナルティーキックだった」とし、孫興民をかばった。トッテナムのファンは「アーセナルのファウルだった」「アーセナルのファンは勝ったにもかかわらず汚い行動をしている」と反論した。人種差別発言を指摘する内容もあり、論争は激しさを増した。
この日の試合の前半33分、孫興民は相手ペナルティーエリアでアーセナル選手のタックルを受け、主審はPKを告げた。このチャンスを生かしてトッテナムは得点した。しかし英BBCは文字中継で「孫興民とアーセナルDF選手の間に接触はなかった。ダイビングだった」と疑惑を提起し、孫興民に対する非難が続いた。この日、トッテナムは2-4でアーセナルに敗れた。
孫興民は試合後のインタビューで「私がペナルティボックス内でボールを持っている状況でホールディングと接触があった。私の観点でその場面は間違いなくPKを宣言するほどの状況だった。私はダイビングをする選手ではない」と主張した。
一方、この日の試合は地域のライバル、トッテナムとアーセナルのプライドがかかった対戦だった。両チームともにロンドン北部を縁故地とするため「北ロンドンダービー」と呼ばれている。
12/4(火) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000010-cnippou-kr

続きを読む

アーセナル、サンチェス退団でドルトムント・ロイスを獲得!?


アーセナルが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスをリストアップしているようだ。27日付けのイギリス紙『テレグラフ』が報じている。
同紙によれば、チリ代表FWアレクシス・サンチェスに退団の可能性が浮上しているアーセナルは、同選手に代わる新たなアタッカーの獲得を検討している。アーセン・ヴェンゲル監督が目をつけたのは、ドルトムントで香川らとともにプレーするロイスだったようだ。
ボルシアMGから2012年にドルトムントへ加入して以降、ロイスは公式戦172試合で80ゴールをマークする活躍を見せてきた。一方で負傷が多いことでも知られており、ドイツ代表が優勝した2014年のブラジル・ワールドカップは無念の欠場。さらに昨年フランスで開催されたユーロ2016でも、直前で内転筋を痛めてメンバーを外れている。
ユーロ2016を欠場後、今シーズンの開幕にも間に合わなかった同選手は、11月22日に開催されたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のレギア・ワルシャワ戦で復帰。その後は、ここまで公式戦7試合に出場し4ゴールを記録している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00547069-soccerk-socc

続きを読む

「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ?この2年間は幽霊・・・」byアーセナルOBプテイ


プティ氏も30歳レフティーの現状に厳しい評価 「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ」
アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、2018年ラストゲームとなる現地時間29日の敵地リバプール戦の遠征メンバーから外れた。低調なパフォーマンスが続き、批判にさらされている司令塔に対し、クラブOBでもある元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏も「この2年間は幽霊だ」などと苦言を呈した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。
エジルは試合前日の練習には参加していたようだが、膝の痛みを訴えたために遠征メンバーから外れたと報じられている。前節のブライトン戦(1-1)では前半のみの出場でベンチに下がり、ウナイ・エメリ監督は「戦術的な理由」としていた。
このところの低調なパフォーマンスと出場機会の減少から、冬の移籍市場で新天地を求めるのではという報道が盛んになっているエジル。首位リバプールとの大一番は負傷欠場のようだが、去就に関わる憶測がさらに加速する材料となりそうだ。
同紙では、元フランス代表MFプティ氏のエジルに対するコメントを紹介。同氏は「私はエジルの大ファン」と語る一方で、「しかし、この2年間は幽霊だ」と近年は求められているプレーができていないと厳しい評価を与えている。
「いくつものアシストやゴールを重ね、世界でも屈指の選手だったエジルはどこへ行ったんだ。私は彼がピッチ上での欲望を失っているように思うよ」
セリエAインテルやトルコのバシャクシェヒルといったクラブへの移籍が噂されるエジル。30歳のレフティーはアーセナルで本来の輝きを取り戻すことができるのか。それとも、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157804-soccermzw-socc

続きを読む