イニエスタ

「イニエスタは魔法を生み出し続けている」byスペインメディア

イニエスタが相手守備陣を翻弄するループパスでポドルスキのゴールを演出


ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、3日に行われたJ1第31節の名古屋グランパス戦でセンセーショナルなループパスを披露し、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのゴールをアシストした。このワールドクラスのプレーに、世界からも注目が集まっている。
天才司令塔が度肝を抜くプレーを見せたのは、0-0で迎えた前半10分だった。敵陣中央でボールを受けたイニエスタはブロックを築く相手守備陣の位置を見極めると、空中高く浮かした右足のループパスを選択。相手守備陣の足を一瞬止めると、裏に抜け出したポドルスキが左足のダイレクトボレーをゴール左に流し込み、先制点を奪った。
この見事なアシストに、海外メディアもこぞって反応している。母国のスペイン紙「マルカ」は「イニエスタが日本で魔法を唱えた」と報じると、スペイン紙「AS」も「バルサでも見せなかったようなパス。20mの獰猛なアシスト」と綴り、バルセロナの英雄による圧巻のアシストを称えた。
フランスのテレビ局「RMCスポーツ」は「イニエスタは34歳という年齢の重みを一切感じさせない」「彼のプレービジョンやテクニックは何も失われていない」と賛辞の言葉を送ると、英メディア「スポーツ・バイブル」は「イニエスタがポドルスキへ史上最高に華麗なループパス」と綴り、「イニエスタは我々が目にしたこともないようなことをやってのけた」と、圧巻のアシストを絶賛していた。
試合はその後同点に追いつかれるものの、終盤にポドルスキがこの日2点目となる強烈な決勝ゴールを叩き込み、神戸が2-1と勝利。リーグ7戦未勝利と不振に喘いでいたなかで、イニエスタの類稀なるアイデアが勝利への突破口を切り開く形となった。
11/4(日) 11:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145771-soccermzw-socc

続きを読む

「イニエスタはアイドル!ユニフォームは僕の宝物!神戸にとって重要な選手になる」by香川真司


香川真司「イニエスタはアイドル。一緒にプレーしたかった」。スペイン紙に語る
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00294423-footballc-socc
ボルシア・ドルトムントに所属するMF香川真司は、J1のヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは憧れの存在であり、一緒にプレーしてみたかったと語った。スペイン紙『マルカ』がインタビューを伝えている。
ドルトムントは現地時間24日に行われるチャンピオンズリーグの試合でアトレティコ・マドリーと対戦する。試合を前に香川はスペイン紙による電話インタビューに応じた。
「日本のサッカーはスペインから大きな影響を受けています。僕自身も小さな頃からいつもスペインのサッカーを見て学んでいました」と香川。好きなスペイン人選手としてはイニエスタの名前を挙げ、「アイドルです」と述べている。
「マンチェスター・ユナイテッドにいた頃に一度対戦して、アンドレスとユニフォームを交換しました。そのユニフォームは僕の宝物のひとつです」と香川は振り返りつつ、「実は今の(神戸の)ユニフォームも頼みました」と明かした。
「今イニエスタは、僕が生まれた神戸でプレーしています。すごく嬉しいですし、アンドレスが自分の町でプレーすることをすごく誇らしく思います。気に入ってほしいですね」と香川はイニエスタへの思いを語った。
イニエスタを獲得しながらも、神戸はJ1で苦しい戦いが続いている。「残り3試合か4試合なので、劇的な変化はもう難しいと思います」と香川は見通しを示しつつ、「来季を考えればイニエスタは神戸にとって重要な選手になるはずです」と話している。
神戸に移籍するしかない

続きを読む

イニエスタさん、「イケメン総選挙」で断トツトップになった模様

【神戸】「イケメン総選挙」で断トツ : スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181019-OHT1T50214.html

神戸のMFイニエスタが、先日行われた全選手対象の「イケメン総選挙」で断トツだったことが19日、分かった。 インターネットに加え、試合時にはスタジアムでも投票を実施。並み居るイケメン選手を抑えて最初からトップを独走し、2位のDF大崎にダブルスコアの差をつけて「イケメン」の称号を手にした。
得票数の約8割が男性からで「心の中からあふれ出すイケメンオーラがすごい」「生き方がかっこいい」など、内面を評価する声が多数寄せられた。落ち着いた雰囲気の選挙ポスターを見て「ジョージ・クルーニーばりの座り方と、写り方がかっこいい」という意見もあったという。
20日の川崎戦では4戦ぶりの先発が決定的。非公開練習を終えた後、報道陣からの「フォト、OK?」の問いかけには、笑顔でサムアップをつくって応えた。

続きを読む

「日本のサッカーは楽しい選手が多い!日本サッカーは必ず伸びていく!」byイニエスタ


J1神戸のMFアンドレス・イニエスタ(34)が17日、神戸市内で報道各社の合同インタビューに応じた。チームのことから神戸での生活に至るまで、余すことなく思いを語った。以下、インタビュー3。
◇ ◇
(2から続く)-ヴィッセルからなかなか日本代表が出ない。もし個人名を挙げるとしたら、それに近い選手はいるか。
「個人名を挙げるのは難しい。代表というのは選ばれた人たち、レベルの高い選手が選ばれる。うちのチームから将来的に、一緒にやっている仲間から代表に行く選手が出てくれば、うちのチームはレベルが高い選手がいることを証明することになる。ただ、最終的に決めるのは日本代表監督。個人としては、それが起きることを願っている。私としては一緒にプレーしている仲間がベストプレーヤー。ただ決めるのは私ではなく日本代表監督」
-ヴィッセルでプレーして、神戸に住んでみて、この街のサッカーの温度や、熱を高めるには何が必要か。
「すでにホームスタジアムでプレーした感覚から、ヴィッセルのサポーターはいいサポーターだと感じている。熱を高めるために親近感をもってもらうこと。いい仕事をしていると感じてもらうことが大事。これはどんどんよくなると確信している。サポーターの熱はいいものだと感じている」
-プロのキャリアで、これだけ負けているのは経験のないことでは。どう思って乗り越えようとしているのか。
「あまり比較をするのは好きではない。特に今、大きな変化があるときに単純に比較はできない。このクラブに来ると決断したとき、誰も楽な挑戦になると思っていなかった。もちろん個人として負けることは好きじゃないが、このような状況に置かれた時は、より自分の責任だったり、モチベーションという意味でチームに貢献しないといけないという気持ちは、より強く芽生える。この状況を打開するために、よりよくプレーするしかない。サッカーにおいても人生においてもずっと楽なことは絶対にない。必ず浮き沈みはあるので、いかに状況を打開するかが大事」
-郷家や藤谷ら、若い選手が間近で見て何かを得ようとしている。若い選手にどのような印象があるか。
「印象はすごくポジティブなもの。タレントもある。これからの伸びしろもあると感じている。大事なのは、彼らがピッチの中で成長を続けられるように、自分のサッカーを展開できるように、経験のある選手がサポートしていくこと。彼らはこのチームの現在であり、将来でもある。これから必ず伸びていくと確信している」
-あらためて日本サッカーの将来性についてどう思うか。
「前から日本のサッカー、選手は見ていて、楽しい選手が多い。よく走って俊敏な選手がそろっている。日本サッカーとしても、今回のW杯で証明したように、ベルギーに最後負けたが、日本サッカーのポテンシャルは世界にも証明できていると思う。これから、日本サッカーは必ず伸びていく。その道中にある」(終わり)
10/17(水) 21:01配信?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000137-dal-socc

続きを読む

イニエスタの神戸移籍についてに日本代表のコメント!乾「来年もやりたかった」柴崎「関係ないので・・・」

GAKU△

イニエスタ神戸入りに日本代表ざわめく…乾「見習って」、昌子は公私の「存在感」に興味
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000143-dal-socc
> スペインで対戦経験のあるMF乾貴士(エイバル)は「人間性も含めてすごいプレーヤー。ぜひチームメートになる神戸の選手も、対戦する日本の選手も見習ってほしい」とその人物像を紹介。具体的なプレー面の特長として「ボールの置き所や前にいくタイミングだったり、あとは戦術的なところも」と話した。その上で、「来年もバルセロナと対戦するときはやりたかった」と漏らした。
「すごいですね。神戸の人はチームメートって言えるんですよ。イニエスタを」と興奮気味に話したのはDF昌子源(鹿島)。「僕らは名前では負けてはいけない立場になるし日本にはこれだけレベルが高いチームがあるというのを知ってほしい」とライバルとして対戦する覚悟を口にする。その上で、「クラブW杯のときにイニエスタが地下鉄に乗って誰1人気付かなかったことがあったけどそういうものかな。三宮とか歩いていて1人も気付きひんもんなのかな。存在感とかピッチで抜群だけど、私生活はほんまに(存在感が)ないのかもしれんし。そういうのも神戸の選手は知れるわけやし、うらやましいですね」と興味津々だった。
同じスペインでプレーするMF柴崎岳(ヘタフェ)は「今はその質問は代表とは関係ないので、コメントは控えさせてもらいます」と話した。

続きを読む