イニエスタ

【動画】イニエスタの珍ハプニングに海外は驚愕・・・


清水戦でポドルスキの先制弾を演出も… 看板で転倒の瞬間に母国紙「恐怖のアシスト」

J1ヴィッセル神戸は17日、J1リーグ第4節で清水エスパルスと対戦し、1-1で引き分けた。
神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先制ゴールを決めた際、アシストした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが勢い余って看板に乗り上げ、するりと転倒する珍ハプニングが発生。
母国スペイン紙もその決定的瞬間に「恐怖」と注目を寄せている。
試合が動いたのは後半4分だった。左サイドでボールを保持したイニエスタは、ループパスを狙うが、これは相手DF立田悠悟がクリアするも、こぼれ球を拾ったイニエスタがドリブルでエリア内に侵入。
ゴールエリア内まで入り込んで中央にラストパスを送り、こぼれ球をポドルスキが流し込んで神戸が先制に成功した。
だが、ここで思わぬ出来事が起きている。アシストしたイニエスタは勢い余ってゴール裏まで駆け抜け、そこに設置してあったJリーグの三角看板に乗り上げると、足を滑らせてツルリと転倒。
その場で大きく転んで体を打ち付ける事態となった。
幸いにも大事には至らなかったが、ゴール映像ではイニエスタが転倒する様子が収められており、母国スペイン紙「AS」も「イニエスタの恐怖のアシスト」と言及。
転倒した決定的瞬間の1枚を公開し、「ポドルスキにアシストした後に転倒。広告につまづいた」と記している。
試合は後半43分、清水FW鄭大世に同点ゴールを奪われて1-1のドローに終わった。
あと一歩のところで勝利を逃した神戸だが、その結果以上に母国ではイニエスタのハプニングが大きく取り上げられている。
3/17(日) 20:13 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00177025-soccermzw-socc

続きを読む

デロッシが日本でイニエスタと共演の可能性!伊メディアが報じる


デ・ロッシ本人も妻も「親日家である」と紹介
足掛け18年間をASローマに捧げた男が、日本にやって来るかもしれない。イタリアの地元メディアがその可能性を報じている。
現地時間5月14日、ローマは公式サイトで元イタリア代表MF、ダニエレ・デ・ロッシが今シーズン限りで退団すると発表した。
アカデミー時代から籍を置く生粋のローマっ子で、2001年10月にトップデビューを果たして以降、公式戦615試合に出場して63得点を決めてきた。
まさにフランチェスコ・トッティと並び称される、生けるレジェンドである。
現在35歳のダイナモは、「正直先のことは決めていないけど、現役はもちろん続けたい。これからオファーを待つよ。
家族や弁護士に相談しながらね。まだまだやれると確信している」とコメント。さっそく新天地を探すことになりそうだ。
これを受けてデ・ロッシの行き先を展望したのが、イタリア・メディア『Calciomercato.com』である。
アメリカのMLS行きを最有力としつつ、日本のヴィッセル神戸も選択肢に挙がっていると報じたのだ。
デ・ロッシは大のNBA好きで、時間を見つけてはアメリカに足を運んでいる。
現実味のある入団先はLAギャラクシーで、同メディアは「(所属選手の)ズラタン・イブラヒモビッチの存在が大きく、彼とデ・ロッシは互いをリスペクトし合っている」と説明し、
「家族にとっても歓迎だろう。妻で女優のセイラ・フェルバーバウムがアメリカで新たな仕事を掴めるかもしれない。もっと言えば、彼女の父はアメリカ出身である」と記した。
一方で、デ・ロッシ夫妻が親日家であることも紹介。「デ・ロッシと妻は東方に針路をとるかもしれない。
エミレーツ(アラブ首長国連邦)ではなく、極東の地・日本である」とし、「日本でイニエスタと共演することになるかもしれない。
ヴィッセル神戸でプレーするというアイデアも浮上している」と綴った。
さらに、「日本のプロリーグではかつてスキラッチとマッサーロがプレーしたが、昨今は中国リーグのマネーパワーの前に(アジアで)影が薄くなっている」と論じている。
デ・ロッシ自身は欧州以外のクラブでの現役続行を模索しているようで、そのほかではボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)などが新天地候補に挙がっているという。
攻守両面で絶大な存在感を醸し出し、中盤にダイナミズムをもたらすデ・ロッシ。
もし今夏の神戸加入が決まれば、調子が上がらないチームを救う格好のビッグタレントとなるが……。
はたして、カルチョの名手はいかなる決断を下すのか。動向を注視したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00010000-sdigestw-socc
5/15(水) 5:11配信

続きを読む

イニエスタさん、「イケメン総選挙」で断トツトップになった模様

【神戸】「イケメン総選挙」で断トツ : スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181019-OHT1T50214.html

神戸のMFイニエスタが、先日行われた全選手対象の「イケメン総選挙」で断トツだったことが19日、分かった。 インターネットに加え、試合時にはスタジアムでも投票を実施。並み居るイケメン選手を抑えて最初からトップを独走し、2位のDF大崎にダブルスコアの差をつけて「イケメン」の称号を手にした。
得票数の約8割が男性からで「心の中からあふれ出すイケメンオーラがすごい」「生き方がかっこいい」など、内面を評価する声が多数寄せられた。落ち着いた雰囲気の選挙ポスターを見て「ジョージ・クルーニーばりの座り方と、写り方がかっこいい」という意見もあったという。
20日の川崎戦では4戦ぶりの先発が決定的。非公開練習を終えた後、報道陣からの「フォト、OK?」の問いかけには、笑顔でサムアップをつくって応えた。

続きを読む

イニエスタは限界に近い!?イニエスタの理学療法士が告白・・・


ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの理学療法士であるエミリ・リカルト氏が同選手のコンディションについて語った。スペイン『バルセロナ・ノティシアス』が伝えている。
イニエスタは先日、スペイン『TV3』のインタビューを受け、その一部が『テレノティシエス』で放送された。
昨年夏に神戸へ移籍したイニエスタ環境の大きな変化に「当初はストレスを感じた」というが、現在は「家族と一緒にとても快適に過ごしている」ようだ。Jリーグについては「今まで経験したことがなく、学ぶことも多い。常に最高の目標を設定している」と語っている。
また、同番組ではイニエスタの理学療法士を務めるリカルト氏のコメントも紹介。イニエスタのコンディションに関して同氏は「正直に言うと、肉体的には限界近くまで来ている。水曜日と日曜日(の週2回)に試合をするのは難しい」と明かした。
ただ、イニエスタ自身はまだまだトップレベルでプレーできるとアピールし、「バルセロナとの試合ではきっと活躍できるだろう」と、今夏に予定されている古巣バルセロナとの親善試合に向けて意欲を示している。
https://web.gekisaka.jp/news/amp/?269912-269912-fl&269912-269912-fl=&__twitter_impression=true

続きを読む