イブラヒモビッチ

「マンUとPSG・・・どっちが勝とうが勝者は俺だ!」byイブラヒモヴィッチ


ビッグゲームを前に、『Fox Sports』でこの試合を展望したイブラヒモヴィッチは、「少し前だと俺はこう言っただろう。
『そうだな、PSGが有利だ』と。だが、今は少し違うと思う。
とはいえ、それでも選手を見ればPSGの方が少し有利か」と、エース不在の中でもPSGが上回るとみた。
さらに、“サービストーク”を忘れないイブラヒモヴィッチは、以下のような“ズラタン節”でメディアに話題を提供した。
「まぁしかし、どっちが勝とうが、勝者は俺だ」
「どっちが勝ち抜けても、俺のチームがチャンピオンズリーグを戦っていることになる」
「だから、どっちが勝とうが構わんよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010000-goal-socc
続きを読む

【動画】36歳!直近16戦17発!イブラヒモヴィッチが「サンダーボルト・ショット!」

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがまた一つ、素晴らしいゴールを記録した。
先月16日、キャリア500得点目を見事なジャンピングボレーで決めて話題となったイブラヒモヴィッチ。依然として好調を維持しており、9月30日に行われたバンクーバー・ホワイトキャップス戦では2得点を記録した。3-0の勝利に貢献したイブラヒモヴィッチは、この試合でマン・オブ・ザ・マッチを獲得している。
なかでも、2得点目が豪快だった。58分、イブラヒモヴィッチはポストプレーから味方とワンツー。バイタルエリアに進入すると、ペナルティアーク付近で対面するDFをはずして右足を振り抜く。強烈なシュートがゴール上に突き刺さった。
このゴールについて、LAギャラクシーの公式Twitterは、「ズラタンによる強烈なサンダーボルト!」と絶賛している。イブラヒモヴィッチは、今シーズンからプレーするLAギャラクシーで20得点を記録。出場した直近の16試合で17得点を挙げている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010002-goal-socc
動画

続きを読む