インテル

イタリアメディアから絶賛の長友!インテルのSBは熱狂させるパフォーマンスではないが、安定している長友か・・・

名門復活への期待が高まっているインテルにおいて、改めて評価されているひとりが、日本代表の長友佑都だ。
クラブの専門サイト『fcinternews』は現地時間11月2日、新加入のダウベルトとのポジション争いを制してレギュラーを務めている長友を称賛している。
近年、常に左SBが強化ポイントと指摘されていたインテルは、今夏に約2000万ユーロ(約26億円)という大金を投じてダウベルトを獲得した。だが、開幕から11試合のうち8試合で先発出場したのは、放出候補とされていた長友である。
昨シーズンの長友は、ナポリ戦で決勝点に繋がる致命的なミスを犯すなどして、メディアやサポーターから酷評されていた。
fcinternewsも、ナポリ戦でのミスがインテルにおける長友のキャリアのどん底だったと指摘。だが、今シーズンから指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督が、この日本人選手を復活させたと報じている。
スパレッティ監督は開幕前から、「長友は重要な選手だ。過小評価してはいけないよ」と、日本代表SBに賛辞を寄せていた。fcinternewsは、指揮官が長友に「信頼性」を求めたと解説。
攻撃面での貢献は大きく期待できないものの、守備により注力するように指示したという。
「長友はそれに見事に応え、ここまでは実質的に、汚点のないパフォーマンスを見せている。人に対して速く、両足を使え、監督が求めていたことをまさに実践している。
人目は引かないが正確。自分の限界を知り、深くまで行ってクロスを上げることは稀だが、守備を疎かにすることもない。今の長友はもちろん怪物ではないが、機能しているひとりだ」
ただ、大金を投じて獲得しただけに、インテルがこのままダウベルトを起用しないとも考えにくい。fcinternewsも「24歳でこれだけの金額が費やされた選手は、セリエAでレギュラーになる準備ができていなければならず、そうでないなら、何かがうまくいっていないということだ」と指摘する。
「熱狂させるパフォーマンスではないが、安定している長友か、失敗もあり得るが、素晴らしいサプライズにもなり得るダウベルトに賭けるのか。
これまで多くの選手が入れ替わってきた左SBの“呪い”から生まれた、コインの表裏のような状況だ。さらなる飛躍のために、スパレッティ監督はこの呪いを振り払いたいと願っているだろう」
長友はシーズンの最後まで、ダウベルトからレギュラーのポジションを守り切れるか。そして現在、セリエAで2位につけるインテルは、復活を果たすことができるだろうか。
2017年11月3日 17時51分 サッカーダイジェストWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/13841926/

続きを読む

【ハイライト動画】強すぎインテル5発大勝!ついに首位へ!なお、長友は3戦連続出番なし・・・

12/4(月) 1:02配信
強すぎインテル5発大勝、開幕から15戦不敗でついに首位浮上!!長友は3戦出番なし
[12.3 セリエA第15節 インテル5-0キエーボ]
セリエAは3日、第15節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでキエーボと対戦し、5-0で快勝した。これで3連勝。開幕から15戦不敗で、勝ち点を39に伸ばして首位に浮上した。
好調インテルはこの日も危なげなく勝利した。前半23分にDFサントンのシュートをGKが弾いたボールをFWイバン・ペリシッチがボレーで押し戻して先制。同38分にはカウンターからFWマウロ・イカルディが得点し、リードを2点に広げる。イカルディは3戦連発。今季16得点で得点ランキング単独トップに立った。
後半もインテルは後半12分にペリシッチがゴールネットを揺らす。同15分にはDFミラン・シュクリニアル、そして後半アディショナルタイムにはペリシッチがハットトリックとなる、チームこの試合5点目を決めて、ゴールラッシュを締めくくった。
なおベンチスタートの長友に最後まで出番は回ってこなかった。これで3戦連続出番なし。強いインテルでこそ、長友の活躍を見たいところだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-01647118-gekisaka-socc

続きを読む

【悲報】決勝点献上のインテル長友がSNSで“大炎上”!「長友を今すぐ北朝鮮送りにしろ」と過激なメッセージも・・・


Football ZONE web 5/1(月) 12:55配信
インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間30日の強豪ナポリ戦で衝撃的な凡ミスにより決勝ゴールを献上。3試合連続スタメン出場を果たすも、0-1での敗戦を招く戦犯となってしまった。そして長友のミスはSNS上でも大炎上したと、イタリアメディア「ユーロスポーツ.it」が報じている。
問題のシーンが起こったのは前半43分だった。逆サイドから上がったクロスは中央の選手に合わなかったが、ファーサイドに流れたところを長友がカバー。しかし、ワンバウンドしたボールに上手くタイミングを合わせられなかった長友は、右足でクリアしようとするも、ボールにわずかに触れたのみになり後逸。背後にいたFWホセ・マリア・カジェホンに難なく蹴り込まれ、これが決勝ゴールとなって敗れた。
この致命的なミスにより、長友は“大炎上”した。インテルのエンブレムを長友が真っ二つに斬るコラージュ画像で「ザ・サムライ」と揶揄されるものもあれば、「サポーターたちはかつてのサイドバックを思い出しただろう。グレスコだ」と、2002年にリーグ優勝がかかった
最終節で致命的なミスを犯した選手にたとえる声もあったという。
また、ナポリのサポータークラブのアカウントは、先日の“エル・クラシコ”でレアル・マドリード相手に劇的な決勝点を決めたバルセロナFWリオネル・メッシが、ゴール後にスタンドへ向かって10番のユニフォームを掲げたシーンを加工。メッシが長友の55番のユニフォームを掲げる画像に変えて、「彼は我々のチームの一員だ」と痛烈な皮肉を送った。
さらには、インテルのチャン・ジンドン会長の画像に「長友を今すぐ北朝鮮送りにしろ」という過激なメッセージを記載したものや、「彼の国では、これをハラキリと呼ぶ」などと、緊迫する東アジアの政治情勢に悪ノリしたものもあったという。
前節のフィオレンティーナ戦ではインテル守備陣が大崩壊し、5失点を喫して敗れた。そのなかでは「まだマシ」の評価を得ていた長友だが、この日は完全に戦犯としてターゲットにされてしまった。リーグ戦は残り4試合となったが、名誉挽回のチャンスは訪れるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010008-soccermzw-socc

続きを読む

バイエルンとインテルでピザ論争!


インテルが、DFBポカール決勝進出を決めたバイエルン・ミュンヘンのSNS投稿に苦言を呈したことで、話題となっている。
24日、ポカール準決勝でブレーメンに勝利したバイエルンは、米国版のツイッターアカウントにピザ2枚とトロフィーを収めた写真を投稿。「ポカールピッツァ!」と綴り、決勝進出を祝った。だが、そのうちの1枚のピザについて、インテルから苦情が寄せられている。問題とされたのは、具にパスタを載せたピザ。イタリアではタブー視されており、インテルはこれを見かねて、ツイッター上でバイエルンの投稿に返信。「ナイン(独語でノーの意)。ピッツァにパスタを載せるのはやめてくれ」とつぶやいた。
これには、イタリアメディアもインテルに加勢している。『Goal』のイタリア編集部は、「イタリア人が手を加えて欲しくないものと言えば、おそらくピッツァだろう。ドイツでは、イタリアの伝統的なピッツァに“手を加え”、奇抜な具を載せることがよくある」と指摘。『コリエレ・デロ・スポルト』も、「イタリア料理の伝統を侵害していることにほかならない」との見解を示した。『スカイスポーツ』もまた、「寛容できないものだ。外国人、特にアメリカ人とドイツ人は、イタリアの名物料理をデフォルメするという酷い習慣がある」と苦言を呈している。だが同時に、「面白いジョークのやり取りだ」との意見も綴っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00010029-goal-socc

続きを読む

インテル、中国資本「蘇寧グループ」の株式過半数取得合意を発表

日本代表DF長友佑都がプレーするインテルは6日、中国の蘇寧ホールディングスグループが過半数の株式を取得することで合意したと発表した。 中国・南京市内で蘇寧グループの張近東会長やインテルのエリック・トヒル会長、ハビエル・サネッティ副会長らが出席し、会見を行った。
公式サイトによると、トヒル会長は「この新たなパートナーシップは革新的な将来を踏み出すための一歩だ。
私がインテルに関わって2年半、クラブを改革し、強固な基盤を築いてきた。
このパートナーシップはインテルを再び世界トップの正当な地位に戻すためのプロジェクトの一つで、
決定的なステップになるはずだ」とコメントした。
また蘇寧グループの張会長も「この歴史的な合意に中国の前例にないが、インテルの成長のためのものです。 世界のサッカー界のスターを集めて、輝かしい成果を取り戻し、強さを取り戻すことになるでしょう」と喜びを語った。
イタリア『スカイ』によると、蘇寧グループは68.55%の株式を取得。
トヒル会長も持ち株率は31%となり、小株主は0.45%になるという。
なお、クラブ総評価は7億ユーロ(約850億円)にも上ると言われている。
蘇寧グループは近年急成長を遂げる中国最大手の家電量販店「蘇寧電器」を展開している。
中国国内でもサッカービジネスを展開しており、江蘇蘇寧は元チェルシーの
ブラジル代表MFラミレスらを「爆買い」したことで注目を集めた。
一方のライバル・ミランも中国企業への売却が噂されているがこちらは進展の様子を見せない。
一部では撤退の可能性も伝えられている。
世界で猛威を振るう“チャイナマネー”との提携を即座に決めたインテルと、尻込むミラン。復権はどちらが先か。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-01628040-gekisaka-socc

続きを読む

【EURO2016】スウェーデン撃破弾の殊勲のイタリア・エデルに悪夢!中国・江蘇蘇寧へ“強制移籍”・・・

伊テレビ報じる グループ企業の江蘇蘇寧への人事異動第1号

欧州選手権(EURO)第2戦のスウェーデン戦で後半43分に殊勲の決勝ゴールを決めて1-0の勝利を引き寄せた英雄、イタリア代表FWエデル(インテル)に、“中国強制移籍”の可能性が浮上している。イタリア衛星放送局「スカイ・イタリア」が報じている。
エデルは今季、冬の移籍市場でサンプドリアからインテルに加入したが、シーズン後半戦13試合に出場して1ゴールに終わっていた。 サンプドリアでの前半戦で19試合12ゴールを挙げた活躍とは対照的な失速ぶりで、EUROに臨むイタリア代表メンバー選出も危機に陥っていた。
スウェーデン戦では後半終了間際に左サイドからカットインするドリブルで相手DFを振り切り、右足での見事なシュートを決めてイタリアの勝利に貢献した。
試合後のインタビューでは「カルチョはこういうものなんだ。この1年間、何度も難しい状況が訪れて、でも今日はこんなに嬉しい瞬間が訪れる。インテルでのプレーは、僕をすごく助けてくれているよ」とコメントしている。
インテルの中国企業への身売り余波
しかし、インテルからは放出の可能性が高まっている。それも、インテルの株式68.55パーセントを取得したばかりの中国企業、蘇寧グループが中国で保有する江蘇蘇寧への移籍が浮上している。
同グループが所有する2つのクラブ間での移籍だけに、移籍金などの調整はスムーズに進むことが予想される。実現すれば、蘇寧グループによる“人事異動”の第1号になる。
EUROで自身の得点力を見せつけたものの、インテルでのキャリアは危機に陥っている。
蘇寧グループによる買収劇はクラブの資金面を大きく助ける一方で、かつての名門でプレーする選手にとっては中国への送還という悪魔のルートが確立された瞬間だったのかもしれない。

Soccer Magazine ZONE web 6月18日(土)17時58分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160618-00010015-soccermzw-socc

続きを読む