ウルグアイ

久保は起用すべき!?コパアメリカ日本代表、エクアドル戦の各紙予想スタメン!


コパ・アメリカに出場する森保ジャパンは、6月24日(日本時間6月25日の8時)に決勝トーナメント進出を懸けて、グループリーグ第3戦のエクアドル戦へ臨む。

12チームが3つのグループに分かれて戦う今大会は、各組上位2か国と、3位チームの成績上位2か国、計8チームが決勝トーナメントに進出できる。ここまでチリ(0-4)、ウルグアイ(2-2)と対戦して1分1敗、グループ3位の日本は、勝って初のベスト8進出を目指す。
スタメンについて森保一監督は「ウルグアイ戦の選手がベースになると思います」と語っており、第1戦のチリ戦も踏まえつつ、現状のベストメンバーを構成しそうだ。そう考えると、GKはウルグアイ戦で好セーブを見せた川島永嗣の線が強そうだ。もっとも大迫敬介もアピールを続けており、この19歳を初戦に続いて起用する選択肢もあるだろう。
最終ラインは安定性を考慮すれば、2戦連続フル出場中で疲れもあるだろうが、左SB杉岡大輝、CBの冨安健洋、植田直通の3人は変えないはず。対してウルグアイ戦は原輝綺の負傷により岩田智輝が先発したが、エクアドル戦では原を戻すのではないか。
ボランチでも、キャプテンとして2戦連続フル出場中の柴崎岳は外せないはず。難しいのはその相棒で、第1戦と第2戦でそれぞれ先発した中山雄太か板倉滉に再度チャンスを与えるか、それともここまでピッチに立っていない松本泰志を抜擢するか。柴崎との関係性ではより守備面に特長のある板倉か中山のほうがベターには映る。
・1.5列目は久保と予想
中盤2列目は、左に2試合連続で先発出場している中島翔哉、右にウルグアイ戦で2ゴールの活躍を見せた三好康児と予想。もっともアジカップ直前にキリンチャレンジカップも戦っている中島は疲労が溜まっているはずで、ここまで出番がなかった伊藤達哉の抜擢もあるかもしれない。
1.5列目はウルグアイ戦ではベンチスタートだった久保建英を再び先発に戻すだろう。CFは岡崎慎司、上田綺世、前田大然の3択だが、すでに全体メニューに戻ったものの、怪我明けの前田は無理をさせられない状況のはず。また、キープ力と前線からのプレスという能力を考えれば、岡崎をスタートで使い、動き出しとシュートの上手さが光る上田は切り札として温存する策が想像できる。
サッカーダイジェスト 6/24(月) 7:08
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00060530-sdigestw-socc

続きを読む

【ハイライト動画】コパアメリカ・・・日本と同組!「ウルグアイ×エクアドル」試合結果!


コパ・アメリカ2019のグループC第1節が17日に行われ、ウルグアイ代表とエクアドル代表が対戦。ウルグアイが4-0でエクアドルに勝利を収めた。
ウルグアイはエディンソン・カバーニとルイス・スアレスが強力な2トップを形成。対するエクアドルは アントニオ・バレンシアやエネル・バレンシアらがスターティングメンバーに名を連ねた。
6分、いきなりウルグアイが先制する。スアレスが右サイドからクロスを入れると、ニコラス・ロデイロが巧みなボールタッチから左足のシュートを突き刺した。このゴールはウルグアイにとって、コパ・アメリカでの通算400ゴール目だった。
20分、右サイドバックを務めるエクアドルのホセ・キンテーロが、競り合いのなかでロデイロの顔に肘を入れる。主審は一度イエローカードを提示したが、その後ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が発動。映像確認後にイエローカードが取り消され、代わりにキンテーロにはレッドカードが出された。これにより、エクアドルはシステムを4-4-1に変更せざるを得なくなる。
前半30分を過ぎた頃から、ウルグアイがたたみかける。まずは33分、右CKの流れからディエゴ・ゴディンが頭で折り返すと、カバーニが右足ボレーで合わせてゴールを陥れた。そして44分には、左CKをマルティン・カセレスが流したところをスアレスが押し込み、3点目をゲットした。前半はこのまま、ウルグアイが3-0で折り返した。
後半に入ると、ウルグアイはややペースを落としながらも、カウンターで虎視眈々とゴールの機会をうかがう。78分には、ペレイロがゴール前で折り返したボールが、アルトゥーロ・ミナの足に当たってゴールに吸い込まれる。このプレーの前にファールがあったかどうかを確認するVARが発動されるも、結果的にゴールが認められ、ウルグアイに4点目が入った。試合はこのまま4-0で終了した。
次節、ウルグアイは日本と、エクアドルはチリと対戦する。
【スコア】
ウルグアイ代表 4-0 エクアドル代表
【得点者】
6分 1-0 ニコラス・ロデイロ(ウルグアイ代表)
33分 2-0 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表)
44分 3-0 ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
80分 4-0 アルトゥーロ・ミナ(オウンゴール/エクアドル代表)
【スターティングメンバー】
ウルグアイ代表(4-4-2)
ムスレラ;カセレス、ヒメネス、ゴディン、ラクサール;ナンデス(64分 ペレイロ)、ベシーノ(82分 バルベルデ)、ベンタンクール、ロデイロ(75分 トレイラ);カバーニ、スアレス
エクアドル代表(4-3-3)
ドミンゲス;キンテーロ(24分 退場)、ミナ、アチリエル、カイセド;イントリアゴ、オレフエラ、メナ(29分 ベラスコ);A・バレンシア、E・バレンシア、プレシアード(46分 R・イバーラ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00948849-soccerk-socc

続きを読む

【U20W杯・ハイライト動画】日本と次節対戦する同南米王者ウルグアイ、アマラウの弾丸FKでイタリアを撃破!


U-20イタリア代表 0-1 U-20ウルグアイ代表
【得点者】
0-1 76分 ロドリゴ・アマラウ(ウルグアイ)
FIFA U-20ワールドカップ韓国2017 グループD第1節が21日に行われ、U-20イタリア代表とU-20ウルグアイ代表が対戦した。
スコアレスのまま迎えた前半終了間際の43分、ビデオ判定によりウルグアイがPKを獲得する。しかし、ニコラス・デ・ラ・クルスのPKは、イタリアのGKアンドレア・ザッカグノにセーブされ、ウルグアイは先制のチャンスを逃してしまう。前半は0-0で折り返す。
後半に入り76分、ウルグアイはペナルティエリア右でセットプレーのチャンスを得る。これを途中出場のロドリゴ・アマラウが左足で直接突き刺し、ウルグアイが先制に成功した。
このゴールが決勝点となり、試合は0-1でウルグアイが勝利を収めた。
次節は24日、イタリアはU-20南アフリカ代表と、ウルグアイはU-20日本代表と対戦する。
SOCCER KING5/21(日) 21:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00590654-soccerk-socc

続きを読む