エムバペ

クリロナ・メッシに続くサッカー界のスターはやっぱりエムバペ!?


【AFP=時事】
18-19フランス・リーグ1は23日、第26節が行われ、パリ・サンジェルマンは3-0でニームに快勝。2ゴールを挙げたキリアン・エムバペは史上最速でリーグ通算50ゴールに到達した。
サッカーのデータを扱うオプタ(Opta)によると、これまでは1982年に21歳と11か月9日で50ゴール目を挙げたヤニック・ストピラ氏が仏1部リーグの最速記録保持者だったが、エムバペはニーム戦の69分と89分に得点してその座を奪取した。
エムバペは仏テレビ局カナル・プリュスに対して「できる限りチームを助けたいと思って日々サッカーに取り組んでいる」「サッカーは僕にとっていまも楽しいことだし、得点や記録更新はモチベーションになるから、すごくうれしい」とコメントした。
PSGはマルコ・ヴェッラッティの美しい浮き球のパスからクリストファー・ヌクンクが40分に先制点を挙げると、そこから均衡が崩れて快勝を収めた。中位ニームとしては、守護神ポール・ベルナルドーニの奮闘と、エムバペらPSG攻撃陣の決定力不足がなければもっと大敗していた可能性もあった。
2位リール(Lille OSC)がすでに1-1でストラスブールと引き分けているため、PSGは勝ち点差を17に広げて首位を独走している。
【翻訳編集】 AFPBB News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000018-jij_afp-socc
続きを読む