横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良(カズ)は、J2開幕を迎える2月26日に50歳の大台に到達する。その驚異的なキャリアの長さに世界から注目が集まっており、スペイン紙「ラス・プロビンチアス」では日本の人気サッカー漫画「キャプテン翼」(スペイン名オリベル&ベンジー)になぞらえてカズを紹介している。
漫画の主人公・大空翼のスペイン名「オリベル・アトム」をもとに「オリベル・アトムはいまだボールを離さない」とのタイトルで報じられた記事では、「“オリベル&ベンジー”にインスピレーションを与え、半世紀近くを生きたカズヨシ・ミウラは、横浜FCでプレーし続けている」と、いまだ現役であることに触れている。
また、カズが契約更新時に語った「2017シーズンの契約を無事に更新することができました。いつも支えていただいているクラブ関係者、チームメイト、サポーターのみなさんとともに、今シーズンも全力で戦い続けたいと思います」というコメントも伝えている。
そして「彼の言葉は空っぽの内容ではない。なぜならば彼は“マネキン”ではなく、いまだに新鮮なオリベルでいるからだ。彼は昨シーズン、2ゴールを奪って日本のJリーグ公式戦史上最年長ゴールを更新した」と、49歳だった2016シーズンにも結果を残したことに触れた。
26日の松本戦、50歳でのJリーグ出場達成も
記事内では、カズが常に栄光に包まれていたわけでないことも伝えている。セリエA挑戦初戦で元伊代表DFフランコ・バレージ(当時ACミラン)と空中戦で競り合った際に鼻骨を骨折。
また、帰国後は中田英寿氏にスーパースターとしての座を奪われたとの記述もある。それでも「サッカーについて重要なのは年齢ではなく、パフォーマンスです」とのカズの言葉を引用し、その強靭な精神力を称えている。
カズは26日のJ2第1節・松本山雅戦に出場すれば50歳でのJリーグ公式戦出場達成となる。弛まぬ鍛錬によって築き上げた足跡は、世界的な偉業としてさらに注目を集めるはずだ。
Football ZONE web2/20(月) 22:10配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170220-00010020-soccermzw-socc

続きを読む