カレン・ロバート

現在イングランド7部のカレン・ロバートさん、今年春から日本復帰!


2005年に磐田でJリーグ新人王を獲得し、現在はイングランド7部のレザーヘッドFCでプレーするFWカレン・ロバート(33)が19年春から日本に復帰することを3日、自身がオーナーを務めるローヴァーズFCの公式ホームページで発表した。
カレンは市船橋高(千葉)から2004年にJ1磐田に加入。
その後、当時J2の熊本をへて、VVV(オランダ)、イーランドFC(韓国)、ノースイーストU(インド)でプレーし、2018年からイングランド7部のレザーヘッドFCでプレーしていた。
同クラブは12月いっぱいで退団。現在はイングランド6部クラブのトライアルを受けている最中だ。だが、19年春からの日本への復帰を決断。オーナーを務める千葉県社会人1部のローヴァーズFCでプレーすることになった。同リーグは5月に開幕する。
ローヴァーズFCはこれまで本拠地を置かなかったが、木更津を本拠地にすることを決定。
チーム名をこれまでの「ローヴァーズFC」から「ローヴァーズ木更津FC」に変更し、木更津から房総半島初のJリーグ加入を目指すという。
また、来季から胸スポンサーに千葉県を代表する建設・不動産大手の新昭和(本社・千葉県君津市)がつくことが決定。チームの強化ももちろんだが、木更津市での認知度をアップし、地域密着でJの舞台を目指すことを目標に据えている。
オーナーを務めるカレンは「まずはクラブを木更津で認知してもらえるように積極的に活動していきたい。
強化ももちろんですが、サッカーの普及も千葉県各地で行い、サッカーへの恩返しをしていければと思っています。自分が見てきた世界を生かし、他にはない魅力あるクラブを作れるよう努力してい来ます。そしてアカデミーの子供たちに憧れてもらえるようなトップチームを作りたいと思っています」と力強く抱負を語った。
今後はオーナー兼選手として自身が立ったJの舞台へ、導いていくことになる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000055-sph-socc
1/3(木) 12:03配信

続きを読む

「15年間応援ありがとうございました」・・・33歳カレン・ロバートが現役引退を表明


国内外さまざまなリーグでプレーしたカレン・ロバートが2日、現役引退を表明した。
カレン・ロバートは自身のSNSで「プロ選手活動終了のお知らせ」として、現役を退いたことを明かした。
「はっきりとお伝えしていなかったのでこの場を借りて伝えさせてください プロになり7年間をJリーグで過ごし、そこから今日まで約8年間海外サッカーに触れてきました 我ながらまったく想像もしてなかったキャリアです」
「最後の2年は色々ありましたが、中途半端で終わりたくなかったので結果はどうあれ今はチャレンジしきれて気持ちは晴れやかです」
「ありがたいことに既に次の人生のスタートを切れています またハードな日々が待っているとは思いますが、プロ生活で培ったもので次は木更津市のサッカークラブをプロクラブまで押し上げていきたいと思います 15年間応援ありがとうございました!」
1985年生まれ、現在33歳のカレン・ロバートは市立船橋時代から大きく脚光を浴び、高校卒業とともにジュビロ磐田に加入した。その後ロアッソ熊本を経て2010年からはオランダのVVVフェンロでプレー。タイのスパンブリー、韓国のソウルイーランド、グアムのローヴァーズなどを渡り歩き、2018年夏からはイングランド下部リーグのレザーヘッドでプレーしていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00010006-goal-socc

続きを読む