J1のガンバ大阪に所属するU-18日本代表MF堂安律に、オランダ・エールディヴィジのPSVが興味を示しているようだ。蘭紙『テレグラフ』が報じた。
PSVは今季のリーグ戦で優勝を果たし、2連覇を達成。通算では23回のリーグ優勝を誇り、アヤックスやフェイエノールトと並ぶオランダ屈指の名門クラブでもある。
国内外から高い評価を得ている18歳の堂安には今年1月にチェルシーへの移籍も報道されたこともあったが、PSVは期限付き移籍での獲得を望んでいると同紙は伝えている。
G大阪のユース出身の堂安は、U-13から各年代の日本代表に選出されており、昨年6月には16歳でJリーグデビューを果たしている。
今季のトップチームではリーグ戦の出場機会はないが、J3に所属するU-23チームでは10試合に出場して5得点を記録している。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160621-00010020-footballc-socc
フットボールチャンネル 6月21日(火)11時50分配信

続きを読む