キングカズ - 三浦知良 -

キングカズ、来季の去就に注目が集まる!


10日の徳島戦に1-0で快勝し、自動昇格圏内の2位に浮上したJ2横浜FC。13シーズンぶりのJ1昇格が現実味を増す中で、現役最年長JリーガーのFW三浦知良(52)の来季の去就にも注目が集まっている。
チームはリーグ戦2試合を残して、3位大宮とは勝ち点73で並んでおり、得失点差で1点上回っている。16日の岡山戦(Cスタ)に向け、12日には横浜市保土ケ谷区のLEOCトレーニングセンターで行われた全体練習にカズも参加した。
取材に応じ、来季の契約について問われても、「その話はシーズンが終わってから」と話すにとどめ、今は自身にとっても13季ぶりとなるJ1復帰に向けて、チームの勝利だけに集中しているようだ。
MF中村も「勝ち点差や得失点差は気にしない。100パーセントの力で2試合勝つだけ」と気合十分だ。
プロ34年目のベテラン三浦は、今季はリーグ戦2試合に出場。4月7日の福岡戦(ニッパ球)ではスタメン出場を果たし、自身が持つJリーグの最年長出場記録を52歳1カ月12日に更新した。以降は8月に1試合、10月には2試合でベンチ入りしているが、出場機会はなかった。
11/12(火) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000020-kana-socc

続きを読む

キングカズとバッジョが再会!「絶対にやめるな、プレーし続けろ、後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」

横浜FCのMF三浦知良がイタリアサッカー界のレジェンド、ロベルト・バッジョ氏と日本で再会した。三浦の妻・りさ子さんが7日、自身のブログ(
https://ameblo.jp/miura-risako/
)で明かしている。
ブログによると、カズとバッジョ氏の再会のきっかけは長男の良太氏。
「良太のフットサル仲間からの繋がりで、ロベルトバッジオ氏が日本に来るらしいけどお父さんに会いたがってるらしいよ!との会話から、主人も、俺も会いたいな!でプライベートで会う事が実現に」と日本での再会が実現したという。
りさ子さん自身もバッジョ氏のファンだったようで、カズがセリエAに挑戦していた当時のことについて、「ユベントス対ジェノバの試合の時にカズはいるか?とロッカールームに訪ねて来てくれた!と喜んでいた主人を思い出します」と2人の出会いを明かしている。
また、「25年も経ってるのにイタリア語が出てくる主人!凄い!私なんて、翻訳機でやっと思い出すくらいなのに…」といまだにイタリア語が話せるというカズの新たなエピソードも。 2人が肩を組んでいる写真やりさ子さんも含めた写真などを掲載し、仲睦まじい様子を伝えている。
カズとバッジョはともに1967年2月生まれの51歳。現役を続けるカズに対し、バッジョは熱いメッセージを残している。
「現役を続ける事は大変で苦しい時もあるだろうが、そんな時は俺の事を思い出してくれ、俺は続けたくても膝がダメで続けられなかった、 今でもプレーしたいよ!だから後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」
11/7(水) 14:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-04596036-gekisaka-socc

続きを読む

キングカズ51歳、現役続行明言!「バッジオの魂で頑張るよ!」

J2横浜FCのFW三浦知良(51)が9日、52歳で迎える来季も現役を続行することを明言した。 練習後、来季について問われ「もちろん、続けるよ。辞めてどうすんの?」と“キング節”で即答。既に年末年始に恒例のグアム島での自主トレも計画済みだ。
偉大なる親友の後押しがあった。6日、セリエA時代から親交深い元イタリア代表FWで94年W杯米国大会準優勝のロベルト・バッジオ氏と再会した。
「現役を続けろ、俺は続けたくても膝が悪くてできなかった。苦しい時は俺を思い出せ。俺が背中を押す、と言ってくれた」とカズ。
別れ際まで何度も言われ、胸が熱くなったという。
イタリアの英雄バッジオ氏とは同い年。
以前から同氏が来日するとカズは「ウエルカムシャンパン」と花束を宿泊先に贈るほどの仲だ。 今回は長男・良太さんのフットサル仲間のつながりからプライベートでの再会が実現した。カズは「バッジオの魂で頑張るよ」と目を輝かせた。
10日はホーム岡山戦。現在4位で自動昇格(2位以内)は十分射程圏、勝てばJ1昇格プレーオフ進出圏内(6位以内)がまず確定する。 「まずは明日の試合に集中したい」。52歳でJ1の舞台へ――。バッジオ氏の魂を胸に、キングがピッチに立つ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000013-spnannex-socc
11/10(土) 5:33配信

親友のバッジオ氏(左)から後押しを受けた三浦

続きを読む

キングカズ、4年ぶりにリーグ戦無得点で終える・・・


明治安田生命J2リーグの今季最終節となる第42節の試合が17日に行われた。
横浜FCのカズことFW三浦知良は最終節の試合でベンチ入りしたが、出場はせずにシーズンを終えた。
前節時点で4位の横浜FCは、上位チームの結果次第ではあるが優勝と自動昇格の可能性も残していた。 アウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦した試合には齋藤功佑のゴールによる1-0で勝利を収めたが、2位以内には手が届かず、3位でJ1参入プレーオフへ進むことになった。
カズはこの試合でベンチには入ったが出場なし。
今季のリーグ戦は9試合に出場して無得点で終えた。
リーグ戦を無得点で終えたのは2014年以来4年ぶりであり、先発出場が一度もなかったのも同じく2014年以来だ。
11月4日に行われた第40節の大分トリニータ戦に後半アディショナルタイムから交代出場したのがカズの今季リーグ戦最後の出場となった。
この出場によりJリーグの最年長出場記録を「51歳251日」にまで更新している。
横浜FCは12月2日にJ1参入プレーオフの2回戦、勝利した場合には同8日にJ1昇格をかけた決定戦を戦う。
横浜FCとともにカズが2007年以来12年ぶりのJ1復帰を果たすかどうかも注目される。
http://news.livedoor.com/article/detail/15610419/
2018年11月17日 16時56分 フットボールチャンネル

続きを読む

「先発出場ゼロは悔しい!また来季しっかりと戦いたい!」byキングカズ


明治安田生命J1参入プレーオフ2回戦の試合が2日に行われ、横浜FCと東京ヴェルディが対戦。1-0の勝利を収めた東京Vが決定戦へ駒を進めた。
横浜FCのFW三浦知良(カズ)は試合後に、J1昇格を逃した今季の戦いについて振り返った。
J2最終節まで自動昇格を争った横浜FCは、最終的に3位でプレーオフ進出。
東京Vとの試合はホームでの開催となり、引き分け以上なら決定戦へ進むことができる状況だったが、後半アディショナルタイムの96分に劇的ゴールを奪われての敗戦に終わった。
ベンチ入りしながらも出場せずに終わったカズは、この結果について「そう甘いものじゃないことは何十年もサッカーやって分かっている。カテゴリーを上に上げるのは本当に世界中どこでも大変な仕事」とコメントしている。
「チームが12年ぶりの昇格に届かなかった。 それが今の自分たちの力だと素直に認めて、こういう経験をどうやって活かしていくか今日から考えなければいけない。選手としてもクラブとしても経験を無駄にしないように、積み重ねていくものを作らなければいけない」とカズは続けた。
カズ自身としては、天皇杯での先発出場はあったが、今季は4年ぶりにリーグ戦で先発出場ゼロに終わった。 交代で出場した9試合もほとんどは終盤のみの出場であり、プレー時間は合計59分間。この結果については「悔しいシーズン」だと振り返っている。
それでも、ほとんどの試合でベンチ入りしていたことについて「常にコンディションは持っていけたということ。
それをひとつの自信にして、その中でも少しでも時間を増やしていきたい」とカズ。
「これから先トレーニングしてコンディションを良くして、また来シーズンしっかりと戦っていきたい」と52歳になる来季への意欲を見せた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299600-footballc-socc
12/2(日) 16:46配信
成績


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/291/296

続きを読む

キングカズ、「1月11日11時11分」に契約更新!前人未踏52歳シーズンへ!


J2横浜FCは代名詞でもある背番号11にちなみ、1月11日の午前11時11分、FW三浦知良(51)との契約更新を正式発表した。
カズはクラブを通じて「2019シーズンの契約を更新しました。これもいつもサポートしていただいている皆さんの支えがあってこそと感謝しています。ありがとうございます。1試合でも多く試合に出場し、1分、1秒無駄にする事なく、サッカーと向き合い全力で日々のトレーニングに臨んで行きたいと思います」とコメントした。
Jリーグ最年長選手で、来月26日に52歳の誕生日を迎えるカズ。2018年シーズン、横浜FCは3位でJ2リーグ戦を終えながらJ1参入プレーオフ2回戦で同6位の東京Vに敗れて12年ぶりのJ1昇格を逃し、自身もリーグ戦9試合、合計59分間の出場にとどまり、4年ぶりのシーズン無得点に終わった。
現在は南国グアムで新年恒例の第2次自主トレの真っ最中。昭和、平成に続いて5月以降は3つめの元号で現役プロサッカー選手…という偉業を達成することになるカズは、前人未踏となる52歳シーズンへ日々、厳しい鍛錬を続けている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000081-spnannex-socc

続きを読む

【W杯落選】キングカズが語る21年前の真相・・・「岡田さんの顔見た時に自分だと思った」


日本中に衝撃が走ったあの時からはや21年。グアムで自主トレーニング中だったカズを30年来の付き合いになる盟友・北沢さんが訪ねての対談形式で“あの時”について初めてじっくり話し合った。
盟友とはいえ、2学年上のカズに対して緊張感もにじませる北沢さんに対し、カズはいつもの柔和な笑みを浮かべながら対談がスタート。
平成で一番高い買い物は何だったか問われたカズが「マンション。2億7000万円。あの年でよく買ったよね…。25歳(の時)」とサラリと答えるなどなごやかに話は進んだ。
だが、話は徐々に“核心”へ。北沢さんが「僕は岡田監督から(外す)ポジションがないって理由として言われたんですよ」と落選の瞬間を明かすと、カズは「それは同じです。使うところがないって」と打ち明けた。
北沢さん「今だから言いますけど、W杯のメンバーから外れたところで、カズさん、パッと何が浮かんでくるんですか?」
カズ「何が浮かんだかね…」
北沢さん「僕は家族…。親孝行としては親を(W杯に)連れて来るっていうことが…。冷静にいられました?話を聞いた時に」
カズ「もう岡田さんの顔見た時に自分だと思った」
北沢さん「ああ、確かに」
カズ「部屋開けた瞬間ね。その時、どう思ったかなあ…。やっぱり“ドーハの悲劇”のこと、あそこでW杯に行けなかった。W杯(初出場を)決めた。また直前で行けない。ああ~W杯と縁がねえなって。いろいろ思い出すとね、やっぱりきついよね、あの状況は」
北沢さん「そうですね」
自身の落選を伝えられた北沢さんはその足でカズの部屋を訪ね、そこでカズもメンバーから漏れたことを初めて知った。カズの部屋には、主将を務めていたDF井原正巳(51=現J2柏ヘッドコーチ)とFW中山雅史(51=現J3沼津)の姿が。
2人は言葉を発することもできず、井原は泣いていたという。「(2人は)言葉が出なかっただろうね…。悔しいじゃないですか。今の人にあの頃の外れた理由みたいなの言ってもピンとこない部分てあると思うんですよ。
ただ、外れたんでしょ?って。調子悪かったんでしょ?って。そういう理解じゃないですか、今。調子いい悪い関係なく。W杯たどりつくためにね、(初招集された)90年から7年間、自分たちが中心であの日本代表は来たって思いがあるじゃない?代表への思い入れ、W杯への思い入れが人より強いと思ってやってきましたから」
代表落選後、2人は極秘でイタリアのミラノに直行。そこで1泊20万円の高級ホテルに宿泊し、カズはW杯への思いを吹っ切るかのように髪を金色に染めてから日本に帰国した。
金髪にした理由について「あんまり意味はない。遊び心的な」と笑うカズ。「ミラノ、雰囲気良かったでしょ?一番高い部屋に2人で泊まっちゃってさ」1泊20万円のホテル代は「サッカー協会に後から請求したら払ってくれたね」と再び笑った。
「魂は置いてきた」の名言は準備してきたのか?という北沢さんの疑問には「瞬発力だよ、あんなの。ホントだよ」と大笑いしながらキッパリ。
「オレ、会見中2度見しましたよ、カズさんのこと」という北沢さんに「絶対人のことは言っちゃいけない。自分のことだけ。今まで一緒にやって来た仲間がね、行くわけだから」と言い切った。
「自分1人だったら、あの時どうなっていたか」と自身を振り返る北沢さんに「行くしかないもんね。先に進むしか」とカズ。北沢さんの「平成でやり残したことは?」という質問には「ないね!特別」と即答するキングカズだった。
2/11(月) 22:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000154-spnannex-socc

続きを読む

「イチロー引退は喪失感がすごい・・・ちょっと休んでカムバックしてもいいんじゃないですか」byキングカズ


J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が22日、横浜市内の練習場で取材に応じ、21日に現役引退を発表した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)について「まだまだ続けてくれるのかなとと思っていたので、ちょっと複雑な気持ちです。喪失感がすごいですね」と心境を明かした。21日のマリナーズ-アスレチックス戦をテレビ観戦していたというカズは「引退に関しては本人の気持ち。その気持ちを尊重したい。これからの人生はまだまだ長いので楽しみにしています」とねぎらいの言葉を送った。
イチローとは20年来の親交があり、よく食事をともにした間柄でもある。2人は顔が似ていると言われることもあったといい、カズは「僕自身がイチローさんに間違えられることがありましたね。イチローさんも間違えられたことがあって“カズダンス”を踊ったと言っていたのを聞いたことがありますね」と懐かしそうに話した。
最近では米大リーグのマーリンズを退団した17年12月末に神戸で会ったといい、「大リーグのチームがなければ、きっぱりやめるという覚悟、その強い意思を感じました。僕は個人的に、イチローさんは大リーグじゃなくても野球を他のところでもやるという考えが少しはあるのかなと、イチローさんのことをそう思っていた。でもその時に、そうじゃないんだと、そのレベルで自分がなくなったら終わりだと、その時のの覚悟、迫力はすごいなと思いました」と振り返った。
さらに「僕の個人的は意見ですが」と断った上で、「どんなカテゴリーであっても続けて欲しかった。本当に理想が高い、10割打ちたいとか、そういう戦いをずっとしてきている人なので、なかなかカテゴリーを落としてというのは難しいのかもしれませんけど、イチローさんにしか分からないと思いますけど、個人的にはそういうふうに思っていましたね。世界中にイチローさんを必要とするチームはあると思う。そこに行ってやる姿を見てみたかった」。
今後のイチローにるいては「カムバックしてもいいんじゃないですか。ちょっと休んで、プロリーグはたくさんありますよね。中南米にも。日本だけでなく。中南米とか行ってほしいね。とにかくもうプレーしている姿を見たいです。、もちろん大変なんですけど、個人的に言えば三振しようが何だろうが、ずっと立ってやってほしいなと思います」。先月26日に52歳を迎えたサッカー界のレジェンドは、寂しそうな表情で話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000057-dal-socc

続きを読む