ゴール

「鹿島アントラーズ」の新エースFW鈴木優磨にハリルも密着マーク!?

中村俊輔(横浜F・マリノス→ジュビロ磐田)や、大久保嘉人(川崎フロンターレ→FC東京)らビッグネームがチームを移り、 日本代表の清武弘嗣(セビージャ/スペイン→セレッソ大阪)や、元日本代表の高萩洋次郎(FCソウル/韓国→FC東京) といった海外組が国内復帰を果たすなど、過去に例を見ないほど選手移籍が活発だった今オフのJリーグ。
昨シーズンのJ1王者・鹿島アントラーズも大型補強を敢行し、磐石の陣容を固めつつある。とりわけ熱心だったのが、アタッカー陣の補強だ。
元ブラジル代表のレアンドロ(パルメイラス/ブラジル→)、昨季J1で11ゴールをマークしたペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸→)、 リオ五輪代表候補だった金森健志(アビスパ福岡→)らを獲得。チームには昨季優勝の立役者である金崎夢生と土居聖真がいるうえ、赤崎秀平なども控えており、攻撃陣のポジション争いは熾烈を極めている。
その中で、開幕スタメンの座を勝ち取りそうな、新シーズンのブレイク候補生がいる。
1996年生まれで、プロ3年目を迎えたFW鈴木優磨だ。
1月のタイ遠征では、地元スパンブリー戦で2ゴールを含めて3点に絡む活躍を見せると、2月2日のJリーグDAZNニューイヤーカップのV・ファーレン長崎(J2)戦、 6日の福岡(J2)戦でもゴールを奪取。疲労のピークを迎え、動きが重いチームの中でひとり気を吐いた。
そんな鈴木の姿に、2歳年上の先輩、DF植田直通も大いに刺激を受けている。
「(優磨からは)ポジションを取ってやる、という強い気持ちが伝わってくる。それを見て、俺らもゼロに抑えてやる、という気持ちで守っています。互いに、いい刺激を与え合っていると思います」
鈴木と言えば、昨年末のFIFAクラブワールドカップで、ゴールを決めたあとにクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)を真似たゴールパフォーマンス(反転して胸を張り、 両手を広げるポーズ)を披露したり、浦和レッズとのチャンピオンシップ決勝で、PKのキッカーをめぐってチームメイトと揉(も)めたり、テレビの優勝特番でラップをお披露目したりして話題をさらったが、決して話題先行タイプではない。着実に力を伸ばし、常勝チームの中での地位を堅実に築いてきた。
プロ2年目の昨シーズン、前年は2ゴールだったにもかかわらず、「2桁得点」を目標にぶちあげると、Jリーグで8得点、天皇杯で2得点、クラブW杯で1得点を挙げ、公式戦トータルで2桁を記録した。
つづく
webスポルティーバ 2/11(土) 17:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170211-00010002-sportiva-socc

続きを読む

久保建英、香川真司や中田英寿・宇佐美貴史を超える!


【パルマデマジョルカ(スペイン)10日=高橋智行通信員】スペイン1部のマジョルカに所属するMF久保建英(18)が待望の移籍後初ゴールを記録した。ホームのビリャレアル戦に先発。2-1の後半8分に左足で鮮やかなミドルシュートを決めた。18歳5カ月6日での一撃は、日本人の4大リーグ史上最年少得点となった。
4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)の日本人の最年少得点。これまでの記録は、カターニア在籍時の森本貴幸の18歳8カ月21日だったが、久保は18歳5カ月6日で、最年少記録を更新した。
4大リーグ年少得点記録上位5傑は次の通り。
(1)久保建英(マジョルカ) 18歳5カ月6日 19年11月10日 対ビリャレアル
(2)森本貴幸(カターニア) 18歳8カ月21日 07年1月28日 対アタランタ
(3)宇佐美貴史(ホッフェンハイム) 20歳4カ月10日 12年9月16日 対フライブルク
(4)香川真司(ドルトムント) 21歳5カ月25日 10年9月11日 対ウォルフスブルク
(5)中田英寿(ペルージャ) 21歳7カ月22日 98年9月13日 対ユベントス
※所属は得点時のもの
11/10(日) 22:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-11101197-nksports-socc

続きを読む

史上初の5年連続CL得点王のクリロナ!バロンドールも決まりっぽいよな!


レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、史上初の5年連続チャンピオンズリーグ(CL)得点王に輝いた。
C・ロナウドはグループステージ6試合でわずか2ゴールと出遅れたが、準々決勝のバイエルン戦では2試合で計5ゴールと量産。続くアトレティコ・マドリードとの準決勝ファーストレグではCL2試合連続のハットトリックを達成し、10ゴールに伸ばしていた。
11ゴールのバルセロナFWリオネル・メッシに1点差で臨んだ決勝では、20分に先制点を挙げてトップに並ぶと、64分にも追加点を獲得。2ゴールで4-1の勝利に貢献し、史上初のCL連覇に導いて、自身も単独得点王に輝いた。
CLでまた新たな記録を打ち立てた。C・ロナウドは12-13シーズンに12ゴール、13-14シーズンに17ゴールを記録し、14-15シーズンは10ゴールでバルセロナのネイマールとメッシと並んで得手王に輝いた。15-16シーズンは16ゴールで単独トップに返り咲いて、メッシが2008年から2012年に記録した4年連続に並び、今シーズンでCL史上初となる5年連続得点王の快挙を達成した。
C・ロナウドはマンチェスター・U時代の08-09シーズンに初めてCL得点王に輝き、今回で最多6回目。CL通算140試合に出場し、歴代最多の105ゴールをマークしている。
また、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイトによると、C・ロナウドは史上初となる3度の決勝でそれぞれゴールを決めており、先制点はレアルのCL通算500点目だった。
6/4(日) 6:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00596233-soccerk-socc

続きを読む

【ハイライト動画】CL開幕!バルサ&バイエルンが大勝!アトレチコとナポリも白星発進!

[グループ A]
■パリSG 1-1 アーセナル
【パ】エディソン・カバーニ(1分)
【ア】アレクシス・サンチェス(77分)
■バーゼル 1-1 ルドゴレツ
【バ】レナト・ステファン(80分)
【ル】ジョナタン・カフー(45分)
[グループ B]
■ディナモ・キエフ 1-2 ナポリ
【デ】デニス・ガルマッシュ(26分)
【ナ】アルカディウシュ・ミリク(36分)
【ナ】アルカディウシュ・ミリク(45分)
■ベンフィカ 1-1 ベシクタシュ
【ベン】F. チェルビ(12分)
【ベシ】タリスカ(90分)
[グループ C]
■バルセロナ 7-0 セルティック
【バ】リオネル・メッシ(3分)
【バ】リオネル・メッシ(27分)
【バ】ネイマール(50分)
【バ】アンドレス・イニエスタ(59分)
【バ】リオネル・メッシ(60分)
【バ】ルイス・スアレス(75分)
【バ】ルイス・スアレス(88分)
■マンチェスター・C [試合延期] ボルシアMG
[グループ D]
■バイエルン 5-0 ロストフ
【バ】ロベルト・レヴァンドフスキ(28分)
【バ】トーマス・ミュラー(45分)
【バ】J. キミッヒ(53分)
【バ】J. キミッヒ(60分)
【バ】フアン・ベルナト(90分)
■PSV 0-1 A・マドリー
【ア】サウール(43分)
UEFA.com日本語公式
http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/index.html
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節1日目を行った。
A組では、パリSGがホームでアーセナルと対戦。前半1分にFWエジソン・カバーニのゴールでパリSGが先制するが、アーセナルも後半33分にFWアレクシス・サンチェスが同点ゴールを決め、1-1で引き分けた。バーゼル(スイス)対ルドゴレツ(ブルガリア)の試合も1-1の引き分けに終わっている。
B組では、ナポリ(イタリア)が敵地でディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦し、今季アヤックスから加入したFWアルカディウシュ・ミリクの2ゴールで2-1の逆転勝利を飾った。ベンフィカ(ポルトガル)はホームでベシクタシュ(トルコ)と1-1で引き分けた。
C組では、バルセロナ(スペイン)がホームでセルティック(スコットランド)に7-0で大勝。FWリオネル・メッシがハットトリックを達成するなど、FWネイマール、FWルイス・スアレスを含めた“MSNトリオ”がさっそくそろい踏みした。なお、マンチェスター・シティ対ボルシアMGの試合は悪天候のため延期となっている。
D組では、バイエルン(ドイツ)がホームでロストフ(ロシア)に5-0で快勝。アトレティコ・マドリー(スペイン)もアウェーでPSV(オランダ)を1-0で下し、白星発進を切った。
ゲキサカ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-01631227-gekisaka-socc
スカパー!UEFAチャンピオンズリーグ
http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/ucl
続きを読む