ジーコ

鹿島のOB・神様ジーコもクラブW杯決勝進出を祝福!「これまでの歴史の賜物」


Jリーグ王者の鹿島アントラーズは14日、FIFAクラブW杯の準決勝で南米王者のアトレティコ・ナショナル(コロンビア)と対戦した。
試合は、アトレティコ・ナシオナルがボールを支配したが、FIFA主催の大会としては初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、鹿島が前半にPKを得る。これを土居聖真が落ち着いて決めると、後半終盤に遠藤康と途中出場の鈴木優磨が追加点を挙げて試合終了。鹿島が3-0で南米王者を撃破し、アジア勢初の決勝進出を決めた。
そんな中、現役時代に鹿島でプレイし、引退後は監督として日本代表を率いたこともあるジーコが15日に自身の公式Instagramを更新。「鹿島アントラーズおめでとう。華々しい勝利とW杯の決勝進出。これまでの歴史の賜物だね」と綴り、古巣の決勝進出を祝福している。
決勝進出を決めた鹿島は、北中米王者クラブアメリカ(メキシコ)と欧州王者レアル・マドリード(スペイン)の勝者と18日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で対戦する。この勢いで鹿島は栄光を勝ち取ることができるのだろうか。
theWORLD(ザ・ワールド)12/15(木) 7:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00010002-theworld-socc

続きを読む