バロンドールの有力候補にも挙がったスナイデル、今月12日に現役引退を発表
元オランダ代表MFウェズレイ・スナイデルは現地時間12日、現役引退を発表した。レアル・マドリードやインテルで活躍し、バロンドールの有力候補に挙がったこともあるスターは惜しまれつつ引退となったが、約2週間での“激太り”に注目が集まっている。
スナイデルは母国オランダの名門アヤックスの下部組織で育ち、2002年にプロデビュー。03年に代表デビューを飾ると、07年にはレアルに加入してリーグ制覇も経験した。その後インテルへと移り、09-10シーズンには中心選手としてセリエA、コパ・イタリア、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の3冠を達成。オランダ代表としては10年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で母国を準優勝に導いている。
昨季からはカタール1部アル・ガラファでプレーしていたスナイデルは、12日に現役引退を決断。故郷ユトレヒトのFCユトレヒト・ビジネス部門と契約したことも合わせて発表されていたが、それから約2週間が経過して公の場に姿を表したスナイデルの体型が話題を呼んでいる。
米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは「引退からわずか2週間後のウェズレイ・スナイデル。人生を満喫中」と綴って動画を公開。ユトレヒト対VVVフェンロ(1-2)の試合を視察しに訪れたスナイデルは“ふくよか”な体型に変化しており、かなりサイズのキツそうなシャツとジーンズを身にまとっていた。
英メディア「GIVE ME SPORT」は「デイビッド・ベッカムは引退から6年が経っても抜群のシェイプを維持している。クリスティアーノ・ロナウドが引退したとしても、同様だろう。そういった選手以外は自分に少し自由を与えるが、当然ではないか?」と前置きし、「スナイデルは疑問の余地なく後者だ」と言及。「引退発表からわずか2週間…2週間だ! 信じられない」と衝撃を表現している。
アスリートたちは現役時代、食事や生活習慣に細かく気を遣い、競技のために節制しなければならない。スナイデルのように引退後に“反動”が訪れてしまうのも、仕方のないことなのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190826-00213119-soccermzw-socc
動画


画像

続きを読む