スペイン

欧州CL開幕!「スペイン天下」は続くのか…岡崎、香川、清武の活躍は?

「スペイン勢のクラブにどう挑むのか?」
現地時間13日に開幕する今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグも、そこが焦点になるだろう。
スペイン勢が欧州を席巻している。過去3シーズン、決勝に残った6チーム中、5チームがスペインのクラブだった。レアル・マドリーが優勝2回、バルセロナが優勝1回、アトレティコ・マドリーは2度の決勝進出を果たした。
欧州王者として連覇に挑むマドリーは「PEGADA」に優れる。PEGADAとはスペイン語のKOパンチの意味から転じ、圧倒的な得点力を指す。ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、 クリスティアーノ・ロナウドの3トップの頭文字を取って“BBC”と称され、相手をノックアウトする一発を持つ。ボールを運ぶことに苦しみ、受け身に回ることもしばしばだが、アンカーに入るカゼミーロが中央を重点的に封じ、打たれ強さも備わった。
マドリーと対照的なのがバルサだろう。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールという“MSN”が先頭を切り、ボールを持って攻め立てる能動的なプレーが特長。ボールを失っても、敵陣での出足鋭い守備で奪い返し、二次三次攻撃を仕掛け、敵を滅多打ちにする。相手は手も出せずマットに突っ伏す。セルジ・ブスケッツ、アンドレス・イニエスタを軸にしたボール回しは、一つのオートマチズムが貫徹されて止めようがない。
ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコも、今や巨人の風格がある。4-4-2でサイドを封鎖し、相手に付け入る隙を与えない。相手を消耗させつつ、とっておきのカウンターを繰り出す。前線のアントワーヌ・グリーズマンは「ロナウド・メッシ時代」を継ぐ“新しい王”と目される。得点を入れるポジションに入るタイミング、ボールを叩き込むスキルと胆力に優れる。
この3強の牙城を崩すのは、容易ではない。激しく迫るのは、マンチェスター・シティ(イングランド)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)の2チームだろうか。
シティは今シーズンから名将ジョゼップ・グアルディオラが率い、先日のプレミアリーグで宿敵マンチェスター・ユナイテッドを撃破するなど、徐々にその色が出つつある。万難を排して獲得したGKクラウディオ・ブラーボから始まるポゼッションゲームはスペクタクル。まだ戦術的には熟していないが、プレミアリーグの速さや強さと指揮官の求めるボールプレーの美しさがどう融合するのか。
バイエルンは4シーズン前の欧州王者。直近は3季連続で準決勝止まりだが、それは地力の証左でもある。そもそも優勝最有力候補でありながら、グアルディオラ監督が理想を追い求めた結果、つかみきることができなかった。新任のカルロ・アンチェロッティは常勝監督だけに、現実路線も選択できる。頭角を現しつつあるヨシュア・キミッヒや新加入のマッツ・フンメルスらドイツ代表組が鍵を握るだろう。
日本人の注目は、岡崎慎司のレスター・シティ(イングランド)、香川真司のドルトムント(ドイツ)、清武弘嗣のセビージャ(スペイン)か。
レスターは組み合わせには恵まれたが、国内リーグとの二足のわらじを経験したことのない選手ばかりで、そこは不安要素だろう。成長を続ける岡崎は、この大会を触媒にできるか。心強いのは昨季大ブレークしたリヤド・マフレズの残留で、その左足はスペシャルだ。

続きを読む

【画像】テネリフェ柴崎、ゴーカートを楽しむ・・・


昇格“レース”に打ち勝て!?テネリフェ柴崎がゴーカートで同僚と仁義なき戦い
ゲキサカ 3/9(木) 23:04配信
MF柴崎岳が所属するスペイン2部のテネリフェは8日、レクリエーションの一環として屋内サーキットを訪れ、ゴーカートでレースを楽しんだ。
クラブ公式サイトが伝えている。
この日のテネリフェの選手たちが向かったのは、練習場ではなく屋内サーキットだった。
使う道具もボールやスパイクではなく、ゴーカートとヘルメット。クラブによると、レクリエーションとして用意された活動だったようで、選手たちはサッカーを忘れてレースに夢中になった。
スペイン『エル・ドルサル』では、柴崎が仲間と競い合う様子をツイッターに投稿。
チームを操作するゲームメイク術と同様(?)に、冷静かつ丁寧な操縦術を見せている。
キャプテンのMFスソ・サンタナは「非常にポジティブな活動だ。これは団結するのに役立つんだよ」とコメント。
クラブの公式インスタグラムでは「テネリフェ・ファミリー」と題して選手やスタッフの集合写真を掲載し、「フィールドとサッカーを離れて素晴らしい時間を過ごしました」とファンに伝えている。
テネリフェは現在、スペイン2部の第28節終了時点で昇格プレーオフ圏内の3位。
自動昇格圏内の2位とは勝ち点10差だが、残りの試合数が14あると考えると、十分に射程圏内だ。 12日には昇格を争う6位のヘタフェと敵地で対戦。
なお、スペイン『エル・ドルサル』では柴崎が今節にメンバー入りするのではないかと報じている。
http://headlines.yahoo.09-01637600-gekisaka-socc

続きを読む

スペインへ出発した柴崎、移籍先はラス・パルマスではない可能性!?


スペインへ出発した柴崎、移籍先はラス・パルマスではない? クラブ側は現時点での獲得否定
28日にスペインへと向かった鹿島MF柴崎岳だが、その移籍先がラス・パルマスではない可能性が浮上している。
柴崎は28日にスペインへと出発。その理由は、かねてから移籍先と噂されていたラス・パルマスと契約を結ぶためとみられていた。
しかしながらラス・パルマス関係者は、現時点で柴崎と契約を結ぶことを否定する。同クラブは日本人MFをあくまで“プランB”の獲得候補と捉えており、プライオリティーを置いているのはFWヘセ・ロドリゲス、ウェスト・ハムFWジョナタン・カジェリ、フィオレンティーナMFエルナン・トレドといった選手の獲得であるようだ。
またスペインのラジオ局『カデナ・コペ』で、カナリア諸島のスポーツ報道を担当するフアン・フランシスコ・クルス記者は、柴崎の移籍先がラス・パルマス以外のクラブになるとの見解を示す。『ツイッター』で、「柴崎はマドリードで、欧州担当の代理人と会うことなる。しかし彼の移籍先はラス・パルマスにはならない」と記した。
柴崎がスペインへと向かった明確な理由は、現時点では不透明だ。ラス・パルマスから声がかかるのを現地で待つか、それとも違うクラブに加わるのだろうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000030-goal-socc
続きを読む