チェルシー

【ハイライト動画】楽天カップ!「バルサvsチェルシー」試合結果!


前半にエイブラハム、後半にバークリーがゴール バルサはラキティッチが豪快弾
スペインの名門バルセロナとイングランドの強豪チェルシーが23日、埼玉スタジアムで行われた親善試合Rakuten CUPで対戦し、前後半にそれぞれ1点ずつを決めたチェルシーが2-1で勝利した。
チェルシーは19日に、J1リーグ王者の川崎フロンターレと対戦(0-1)し、これが日本での2試合目となった。一方のバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらコパ・アメリカ(南米選手権)参戦組が、日本遠征のメンバーには含まれず。また今夏、鹿島アントラーズからバルセロナBへの移籍が発表された日本代表MF安部裕葵は、試合の登録メンバーに入らなかった。
序盤から両チームともそれほどプレースピードを高めない展開になった。そのなかでバルセロナは、3トップの中央に入った新加入のFWアントワーヌ・グリーズマンが攻撃の最終局面で変化をつける場面が目立ち、前半15分にはFWウスマン・デンベレに技巧的なスルーパスを狙ったが、わずかに流れた。
前半の半ばからはチェルシーが立て続けにチャンスを迎えた。同23分にはMFクリスチャン・プリシッチが左サイドからカットインしたシュートをGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたところにFWエイブラハムが詰めたが、無人のゴールにボールを抑えきれなかった。続く同24分にはMFメイソン・マウントがゴール正面からミドルシュートを放つも枠外。さらに同28分にはマウントから右サイドに展開し、DFセサル・アスピリクエタの折り返しをプリシッチが狙ったが、ヒットせずに枠を外れた。
そして同34分、チェルシーは敵陣でプレスをかけ、バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツのパスをMFマテオ・コバチッチが弾くと、そのボールをエイブラハムがペナルティーエリア内で受けて、そのままテア・シュテーゲンとの1対1を制してゴール。チェルシーが1点を先制してハーフタイムを迎えた。
ハーフタイムでバルセロナは11人がすべて交代。MFイバン・ラキティッチや、新シーズンに向けアヤックスから加入したMFフレンキー・デ・ヨングがピッチに立った。また、チェルシーはDFダビド・ルイスら最終ラインの3人を交代させて後半がスタートした。
後半のメンバーのほうがコンディションの良さを感じさせたバルセロナは、中盤からの速いパスワークでチェルシー陣内に切り込む場面が増えた。その中でFWカルラス・ペレスやMFカルラス・アレニャーが枠内にミドルシュートを飛ばしたが、チェルシーのGKケパ・アリサバラガが安定感のあるセービングを見せてゴールを許さなかった。
チェルシーは同15分にFWオリビエ・ジルーら3人、同25分にFWミシー・バチュアイら4人を投入し、アリサバラガ以外のフィールドプレーヤーがすべて交代した。バルセロナはチェルシーが大幅に選手を交代してからはなかなか相手ゴール前まで切り込むことができなかった。逆に同36分、左サイドから攻め込んだチェルシーは、MFロス・バークリーが左足でミドルシュートを流し込み追加点を挙げた。
バルセロナは同アディショナルタイムにラキティッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点を返したが、同点には至らず。来日2試合目とリーグ開幕戦が1週間早いチェルシーがコンディションに勝った感はあったが、5万1126人を集めた豪華な親善試合はチェルシーが2-1で勝利を収めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00205692-soccermzw-socc

続きを読む

チェルシー新監督はランパード!


イングランド・プレミアリーグのチェルシーは4日、クラブOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏(41)が新監督に就任すると発表した。3年契約。ユベントス(イタリア)の監督に就任したマウリツィオ・サリ氏(60)の後任となる。
ランパード新監督はクラブ公式サイトで「チェルシーに監督として戻れることを非常に誇りに思う。私のクラブに対する愛情と歴史をみんなが知っている。全力を尽くしてクラブにさらなる成功をもたらしたい。仕事を始めることが待ち切れない」と喜びと意気込みを語った。
ランパード氏は現役時代、プレミアリーグのウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティー、米MLSのニューヨーク・シティーなどでプレー。2001~14年のチェルシー時代には3度のプレミアリーグ優勝、欧州チャンピオンズリーグ制覇などに大きく貢献し、一時代を築いた。
2017年2月に現役を引退した後は、解説者を務めながら指導者ライセンスを取得。昨年5月にイングランド2部ダービーの監督に就任し、2018~19年はリーグ6位で昇格プレーオフの決勝進出に導いたが、アストンビラに1―2で敗れてプレミアリーグ昇格を逃した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000203-spnannex-socc

続きを読む

川崎と対戦するチェルシーが来日予定メンバーを発表!




続きを読む

「サッリを見てくれ!チェルシーをアーセナルみたいにした・・・」byリヴァプールOBキャラガー


リヴァプールのレジェンドで現在は解説者を務める元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、チェルシーを酷評した。
チェルシーは、9日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティと対戦。終盤の厳しいチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに向けて敗戦を避けたい試合だったが、0-6という歴史的な惨敗を喫し、一気に6位にまで転落した。
イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めたキャラガー氏は、「私はこれまで、チェルシーのパフォーマンスについて恥だと言ってきたことがあったが、今回はその中でも酷いね」と酷評。さらに、「サッリを見てくれ。シーズンも半分を越えているが、彼はチェルシーをアーセナルみたいにした。アーセナルはこの7,8年、敵地でのビッグゲームで脆さを見せてきたからね」と、アーセナルを引き合いに出して、マウリツィオ・サッリ監督を糾弾した。
そして再び、「我々は本当に弱いフットボールチームを目撃した」と切り捨てたキャラガー氏。チェルシーは今後、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32のマルメ戦のほか、マンチェスター・ユナイテッド(FAカップ5回戦)、マンチェスター・シティ(カラバオカップ決勝)、トッテナム(プレミアリーグ第28節)ら強豪との連戦が続くが、批判を跳ね返すパフォーマンスを見せることができるだろうか。
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%83
%BC%E3%B9/1/1uqvboifm10s91b1rvj7hegu9c

続きを読む

チェルシーは監督交代すべき?


チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督の解任が近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。
チェルシーはリーグ戦で15勝5分6敗と現在6位。10日に行われたプレミアリーグ第26節・マンチェスター・C戦で0-6と大敗を喫し、19日のFAカップではマンチェスター・Uに0-2で敗北したことを受け、サッリ監督の解任が噂されている。指揮官の後任候補としてジネディーヌ・ジダン氏とフランク・ランパード氏が挙がっている模様。
ジダン氏は選手としてかつて在籍していたレアル・マドリードに2016年に指揮官として就任すると、クラブをチャンピオンズリーグ3連覇に導いた。2018年に退任を発表している。ランパード氏は選手時代に2001年から2014年までチェルシーに在籍。チェルシーで公式戦通算648試合に出場して211得点を記録した。現在は監督としてダービー・カウンティを率いている。
チェルシーは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・セカンドレグでマルメと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00908927-soccerk-socc

続きを読む

7.19!「川崎vsチェルシー!in日産スタジアム」

J1川崎VSチェルシーが決定 7・19日産スタジアムで 小林悠「意地を見せたい」
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/03/20/0012164621.shtml
Jリーグは20日、J1を2連覇している川崎が、イングランド・プレミアリーグのチェルシーと7月19日に日産スタジアムで対戦すると発表した。
Jリーグとして海外の強豪を招へいする「Jリーグインターナショナルシリーズ」として、今回はチェルシーを招き、世界レベルのチームに、J1王者がぶつかる。
川崎のFW小林悠は「すごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います」とコメントした。
ベルギーのFWアザールや、フランスのMFカンテといった世界トップクラスの選手がそろうだけに、「メンバーを見ても知っている選手ばかりで、
私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです。以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、
今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」と誓った。
カンテもいたよ 忘れてた
ゴリゴリに縦にくる所にメッサ弱かったな そういえば

続きを読む

【動画】アザールさん、チェルシーファンの残留要請を拒否しちゃう!


ベルギーの至宝、エデン・アザールは、21歳でフランスの古豪リールからチェルシーに加わって以来、7年もの間、スター選手として活躍を続け、サッカー界のスターダムを駆け上がってきた。しかし、いよいよ別れの時を迎えるのかもしれない。
それを裏付ける動画が英国内で話題となっている。
大衆紙『The Sun』をはじめとする複数の英メディアが一斉に報じたのは、とあるチェルシー・ファンがSNSで公開した一本の動画だ。
5日に本拠地スタンフォード・ブリッジで開催されたワトフォード戦(プレミアリーグ第37節)後の映像には、車に乗っているアザールへ「ここに長く残ってくれよ。なぁチェルシーに残ってくれ! 頼むよ、兄弟!」と熱心に声をかけている男性ファンの求めに対して、アザールが苦々しい笑みを浮かべながら首を横に振るシーンが映し出されているのだ。
以前からエル・ブランコ(マドリーの愛称)への愛情を公言してきたアザールは、同じアルジェリア系移民であるマドリーの指揮官ジネディーヌ・ジダンが憧れの存在だったことも明かしており、昨年12月には「彼の下でプレーするのが夢であり、マドリーが大好きだ」と、大胆な発言もしていた。

それだけに今回の動画に関して、『The Sun』は、「このジェスチャーはベルギー代表MFがスペインの銀河系軍団に加わることを決定付けるものではないか?」と報じている。
チェルシーとアザールの現行契約は2020年6月。そのためマドリーも高額な移籍金を支払うことが必至となっているが、今夏の移籍市場でマドリーの再建を目指しているジダンも28歳の天才肌のアタッカーの獲得を熱望しており、リスクを冒してでも大枚を叩くことが見込まれている。
英紙『Daily Mail』によれば、1億2000万ポンド(約168億円)でクラブ間合意もしており、チェルシーが今週木曜日に開催されるフランクフルトとのヨーロッパリーグ準決勝・第2レグを落としてファイナルに進めなかった場合には、プレミアリーグ最終節後の今月12日にも公式な発表をする予定であるという。
果たして、アザールは7年もの蜜月の関係を築いたチェルシーを離れ、新たな挑戦を目指すのか。その決断が注目される。
5/6(月) 21:15 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190506-00058159-sdigestw-socc

続きを読む