チーム

次回の女子W杯、日本・韓国・北朝鮮の共催の可能性!?


国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は5日、現在開催されている女子W杯フランス大会(FIFA Women’s World Cup 2019)を「史上最高」と称賛した上で、次回2023年大会から出場枠を32チームに拡大する計画を推し進めていく意向を示した。
7日の決勝カードが前回覇者の米国とオランダに決まり、その舞台となる仏リヨン(Lyon)で記者会見に臨んだインファンティーノ会長は、今大会を「目を見張るもの」と評価し、女子サッカーの将来に向けた投資と賞金の大規模な増額を約束した。
先月の会長選で再選を果たし、これからの4年間もサッカー界を統括することになったインファンティーノ会長は、「W杯には過去と未来があり、チャンスをつかんでそれをどうにかするのは私たち次第だ」と補足。女子サッカーの発展に向けたさまざまな提案を示しながら、4年後の大会では出場チーム数を24から32に拡大する計画を明かした。
男子のW杯については2026年大会から出場枠を32から48に増やすことに成功したインファンティーノ会長は、「参加チームの数を増やしていく必要がある」とする一方で、「ややこしいのは2023年大会に向けた招致活動が、24チームを前提に数か月前から始まっていることだ。従って2023年から出場枠を増やすなら、もっと迅速に行動する必要がある」と述べた。
1991年に12チームで開始された女子W杯は、その後16チームに増加して4年前のカナダ大会から24チームにまで拡大した。インファンティーノ会長は、FIFAが「招致プロセスをやり直して、誰もが大会の主催や共同開催に乗り出せるチャンスを与える」必要があると訴える一方で、「不可能なことは何もない」と強調した。
2023年大会の開催地は来年決定されることになっており、これまでオーストラリアを筆頭にブラジル、アルゼンチン、ボリビア、コロンビア、日本、南アフリカ、そしてニュージーランドが招致に名乗りを上げているほか、韓国と北朝鮮による共催の可能性も浮上している。
7/6(土) 16:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00000026-jij_afp-socc

続きを読む

【リオ五輪】ナイジェリア、不手際で三たび飛行機逃す失態・・・日本戦前日にブラジル到着へ!

リオデジャネイロ・オリンピックに出場するナイジェリア代表チームは、またしてもブラジルへ飛び立つことができなかったようだ。3日、ナイジェリアメディア『Wolexis.com』が報じた。
五輪ナイジェリア代表チームは、大会本番に向けて7月末からアメリカ・ジョージア州のアトランタでトレーニングキャンプを行っていた。8月4日(日本時間)にはグループステージ初戦で日本代表と対戦するが、チームはトラブルによってアメリカで立ち往生しているという。当初の予定では7月29日にブラジルへ出発する予定だったが、不手際によってチケットを手配できず、出発を8月1日に延期していた。しかし、1日のチケットを取ることができなかったために2日の便へ変更したことが報じられていたが、再度チケットを入手できず、出発を三たび先延ばしすることになってしまったようだ。
これを受けてチームはチャーター便を手配することに決め、直接アトランタから試合会場のマナウスまで向かうという。アトランタからマナウスまでは8時間を要するため、チームは前日に現地入りすることになる。選手やスタッフは度重なるトラブルによってフラストレーションを溜めているが、これに加えて現地との時差にも苦しめられることになる。
なお、ナイジェリアメディア『Sports Day』によると、ノルウェーのハウゲスンでプレーするDFウィリアム・トルースト・エコンは、クラブから直接チームへ合流することになっていたため、スケジュール通りにブラジルへ到着。遅れて現地入りするはずが、結果的に一番乗りでマナウスへ着いた模様だ。また、トルコのオスマンルスポルに所属するFWアミヌ・ウマルはヨーロッパリーグ(EL)3次予選のノーメ・カリュ戦に出場する見込みなため、日本戦は欠場するという。
今回のトラブルの責任は同国スポーツ省とナイジェリアオリンピック委員会(NOC)にあるが、スポーツ大臣のソロモン・ダラング氏はオリンピックのプログラムを把握していなかったと伝えられている。

http://news.mynavi.jp/news/2016/08/03/374/

続きを読む

「イングランド・プレミアリーグを征服するのに3か月しかかからなかった」byマンU・イブラヒモビッチ


マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、わずか3か月でプレミアリーグを征服したと感じているようだ。公式サイトにインタビューが掲載されている。
「プレーできるかぎり、自分の力ならチームの助けになれると確信しているんだ。また逆もしかりさ。チームが俺を助けてくれてもいる。イングランドで3か月プレーしたけど、すでに大体わかった。イングランドを征服するのに3か月しかかからなかった」
イブラヒモビッチは現在、プレミアリーグの得点ランキング2位。チェルシーのFWジエゴ・コスタを1ゴール差で追いかけている。これについても「俺は別に誰のことも追いかけない」と話すと、「俺が追い求めているのはトロフィーを掲げることだけだ。プレミアリーグのね。それが俺の目標だ。個人の目標はメインの目的の一部でしかない。まあボーナスみたいなもんさ」と強調した。

「最近は勝ち続けている。チームとしてうまくまとまってきたってことだ。監督も自分のベースを見つけた。新しくやってきてチームを率いる監督にとって、これは簡単なことじゃない。新しいチームに自分の哲学を教えこむってことはね」
「最初から言ってることだけど、俺らはゆっくりゆっくり良くなっている。あとはチームとしてハマるだけだった。今じゃしっかりとチームのアイデンティティができている。これからさらにどんどん良くなっていくと思うよ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-01635825-gekisaka-socc

続きを読む