「史上最強の2トップ」と聞いて、皆さんは一体どんな2人を思い浮かべるだろうか?
まるでテレパシーで感じ合っているかのような抜群のコンビネーションを誇ったセット、大きな選手と小さな選手が互いを補完し合った玄人好みのセット、そして圧倒的なネームバリューで
サッカーファンを魅了したセット。
そのタイプは様々だが、記憶に残る2トップというのは多かれ少なかれ存在しているはずだ。
そこで今回は、Qoly編集部のそれぞれに「史上最強の2トップ」を考えてもらった。
対象となるのは、クラブチームで実現した2トップ。
イバン・デ・ラ・ペーニャ×ロナウド、フアン・カルロス・バレロン×ロイ・マカーイといったいわゆる「トップ下×1トップ」は対象外とした。またあまりにも数が膨大になるため、代表チームで実現したコンビも今回は無しとさせていただいた。 1トップ主流の今だからこそ、「サッカー史に残る2トップ」を思い出してみたい。
編集部I
1位:ドワイト・ヨーク × アンディ・コール(マンチェスター・ユナイテッド)
2位:ティエリ・アンリ × デニス・ベルカンプ(アーセナル)
3位:ラウール・ゴンサレス × フェルナンド・モリエンテス(レアル・マドリー)
4位:ニハト・カフヴェチ × ダルコ・コヴァチェヴィッチ(レアル・ソシエダ)
5位:ナイアル・クイン × ケヴィン・フィリップス(サンダーランド)
【コメント】
2トップといえばコール&ヨークというイメージがあるが、個人的にはニハト&コヴァチェヴィッチの凸凹コンビ!
“衛星役“のニハトは小柄ながらエネルギッシュかつパワフルなシュートも持ち合わせており、好きな選手だった。
当時のソシエダは、カルピン、デ・ペドロ、シャビ・アロンソら渋い選手が多く、チームとして好印象な影響もあるかも。

続きは↓の記事から
http://qoly.jp/2016/04/01/two-striker-selection-by-qoly

続きを読む