ドルトムント

ドルトムント・ゲッツェ、今季絶望!公式サイトで治療に専念と発表!


2月の精密検査で判明し離脱 クラブ公式サイト「次のシーズンの準備を進める」
代謝障害で離脱中のゲッツェが今季絶望 ドルトムント公式サイトで治療に専念と発表
余儀なくされているが、今季の全日程を欠場することが決まった。クラブ公式サイトで発表されている。
「治療にポジティブな反応があるなら、ゲッツェは夏の早い段階でトレーニングを再開できる。中盤の選手は現在リハビリを行い、個別なトレーニングをこなしている。選手にとっても、長期的な目標は完全に復調することで、次のシーズンの準備を進めること」とドルトムントは声明文を発表している。
2014年ブラジル・ワールドカップの決勝弾を決めた英雄ゲッツェは、今季開幕前にバイエルンから移籍金2600万ユーロ(約32億円)で復帰した。だが、コンディション不良に悩まされ、ドイツ最高の才能と呼ばれるポテンシャルを発揮できていなかった。
日本代表MF香川真司とかつて流麗な連携を誇った至宝の今季絶望というニュースは、チームにとっても痛手となる。
Football ZONE web3/15(水) 22:29配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010023-soccermzw-socc

続きを読む

香川がいなくなったドルトムント、ついにバイエルンに追いつかれる・・・


3/3(日) 5:31配信
バイエルンがボルシアMGに5発快勝! 首位ドルトムントと勝ち点で並ぶ
ブンデスリーガ第24節が2日に行われ、2位バイエルンはボルシアMGとアウェイで対戦し、1-5で勝利を収めた。この試合の結果により、バイエルンは首位ドルトムントとの勝ち点が「54」で並んだ。
バイエルンは2分、ハビ・マルティネスが先制点を決めると、続く11分にはトーマス・ミュラーが公式戦12試合ぶりにゴールを決めて追加点を挙げた。一方のボルシアMGも、37分にラース・シュティンドルが1点を返して前半を終える。
後半に入ってもバイエルンがボールを支配し、47分にはロベルト・レヴァンドフスキ、75分にはセルジュ・ニャブリがそれぞれゴールを挙げて勝負を決定付ける。90+1分にはバイエルンがPKを獲得し、レヴァンドフスキがこれを決めてダメ押しの5点目。ボルシアMGに1-5と快勝を収めたバイエルンは、勝ち点で首位ドルトムントと並び、史上初の7連覇に向けてその調子の良さを見せた。
次節、バイエルンはホームでヴォルフスブルクと、ボルシアMGはアウェイでマインツと対戦する。
【スコア】
ボルシアMG 1-5 バイエルン
【得点者】
0-1 2分 ハビ・マルティネス(バイエルン)
0-2 11分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
1-2 37分 ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
1-3 47分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-4 75分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
1-5 90+1分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK/バイエルン)
【スターティングメンバー】
ボルシアMG(4-3-3)
ゾマー;ラング(76分 ジョンソン)、ギンター、エルヴェディ、ヴェント;ノイハウス(65分 ザカリア)、クラマー、ホフマン(72分 ラファエウ);アザール、シュティンドル、プレア
バイエルン(4-2-3-1)
ノイアー;キミッヒ、ズーレ、ボアテング、ラフィーニャ;J・マルティネス、アルカンタラ;ミュラー(86分 チョン・ウヨン)、J・ロドリゲス(80分 R・サンチェス)、ニャブリ(83分 デイヴィス);レヴァンドフスキ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00913762-soccerk-socc

続きを読む