元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが古巣マルセイユに復帰するのは難しいかもしれない。英『ミラー』が報じている。
現在38歳で、1998年にル・マンでトップデビューを果たしたドログバは、ギャンガン、マルセイユを経て2004年7月にチェルシーに移籍。
数々のタイトル獲得に貢献し、上海申花、ガラタサライを経由して14年7月にチェルシーに復帰していた。 その後、15年夏からカナダのモントリオール・インパクトでプレーし、現在は無所属になっている。
先日、フランス『カナルプリュス』の取材でドログバは、今後の去就について、「私はマルセイユのプレイヤーとして今一度ピッチに立ちたい」と発言し、古巣復帰を熱望していた。
しかし、サポーターはそれを望んでいないようだ。
15日にホームで行われたモナコ戦の試合前に、ゴール裏のサポーターが大きな横断幕を掲げ、「ドログバよ、マルセイユを愛していると言うのをやめてくれ。
俺達が一生かかっても手にできないもの(お金)をお前は1か月で稼いだ。中国へ帰れ!」と、ドログバに対して帰還拒否を訴えた。
コリンチャンスの関心も報じられているドログバだが、このまま所属クラブなしで引退となってしまうのだろうか。今後の動向が注目される。

ゲキサカ 1/16(月) 20:54配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-01635964-gekisaka-socc

続きを読む