バイエルン・ミュンヘン

バイエルン・フンメルス、今冬に移籍の可能性!


ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスにイングランド・プレミアリーグのチェルシーとトッテナムが興味を示していると現地時間の20日に英メディア『デイリー・ミラー』などが報じた。
フンメルスは今季ここまで公式戦15試合の出場となっている。現状ではDFジェローム・ボアテングとニクラス・ジューレの控えとなっていて、出場機会が減ってきている為、フンメルスが移籍を希望していると同メディアは伝えている。
また、独メディア『ビルト』によると、チェルシーとトッテナムがフンメルスの代理人とすでに接触していて、バイエルン退団が間近であるとも伝えている。
フンメルスはユース時代をバイエルンで過ごし、ドルトムントへ移籍。その後ドイツ代表にまでに成長し、2010年から再びバイエルンでプレーしている。このドイツ代表の大物DFはユース時代も過ごしたバイエルンを去り、新たな挑戦としてプレミアを選択するのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00301940-footballc-socc

続きを読む

バイエルンのミュラーがペップの戦術批判!?「まだこんな事を続けるのか!」

続きを読む

不調のバイエルン、韓国人チョン・ウヨンが初ベンチ入り・・・


【バイエルン 3-3 デュッセルドルフ ブンデスリーガ第12節】

現地時間24日にブンデスリーガ第12節の試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンはデュッセルドルフと対戦し3-3の引き分けに終わった。この試合で初のベンチ入りを果たした19歳の韓国人FWチョン・ウヨンが、にわかに注目を集めている。
仁川ユナイテッドの下部組織でプレーしていたウヨンは、2017年7月にバイエルンへ加入。U-19バイエルンに所属することになったが、すぐに才能が認められ、バイエルンのリザーブチーム(ドイツ4部のバイエルン・ミュンヘンII)に昇格することに。すると今季は16試合出場で6得点3アシストという結果を残した。
そして今回、初めてトップチームの選手としてベンチ入りを果たしている。出番はなかったが、近いうちにトップチームデビューを果たすかもしれない。なお、過去にヴィッセル神戸でプレーし、現在はカタール1部のアル・サッドに所属する韓国代表MFチョン・ウヨンとは名前が同じだが、別の選手である。
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181125-00298613-footballc-socc

続きを読む