バロンドール

クリロナ?メッシ?モドリッチ?今年のバロンドールは?

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は8日、2018年のバロンドール候補選手30名を発表した。
候補には、昨年度の受賞者(5回目)で今夏の移籍市場でレアル・マドリードからユヴェントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、FIFAの年間最優秀選手賞を受賞したレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチらが選出された。
また、16日に国際親善試合で日本代表と対戦するウルグアイ代表からは、パリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニやアトレティコ・マドリードDFディエゴ・ゴディンらが選出されている。
“世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めた。そして契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止されることとなった。受賞者、最終順位は12月3日に発表される。投票はジャーナリストのみによって行われる。
バロンドール候補30選手は以下のとおり。
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/アルゼンチン代表)
アリソン(リヴァプール/ブラジル代表)
ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/ウェールズ代表)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード/元フランス代表)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ代表)
ティボー・クルトワ(レアル・マドリード/べルギー代表)
クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル代表)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル代表)
ディエゴ・ゴディン (アトレティコ・マドリード/ウルグアイ代表)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
イスコ(レアル・マドリード/スペイン代表)
ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス代表)
ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス代表)
マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/元クロアチア代表)
サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル代表)
マルセロ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)
ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/スロヴェニア代表)
ポール・ポグバ(マンチェスター・U/フランス代表)
イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/クロアチア代表)
モハメド・サラー(ローマ/エジプト代表)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)
ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00844601-soccerk-socc

続きを読む

【公式発表】2016年度バロンドールはクリロナ!CL制覇やユーロ優勝に貢献


レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年度のバロンドールに輝いた。
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12日に今年度のバロンドール(年間世界最優秀選手賞)を発表。ジャーナリスト173名の投票により、C・ロナウドが2年ぶり4度目(FIFAバロンドールを含む)の受賞を果たした。
C・ロナウドは2015-16シーズンのチャンピオンズリーグで12試合出場16ゴールを記録し、レアル・マドリードの11度目の欧州制覇に貢献した。さらに今夏に行われたユーロ2016では全7試合に出場し、3ゴールをマーク。開催国フランスとの決勝はケガにより開始25分で涙の負傷交代となったが、キャプテンとして最後までチームメイトを鼓舞し続け、ポルトガル代表を初のヨーロッパ王者へと導いた。
C・ロナウドはマンチェスター時代の2008年度にバロンドールを初受賞。翌2009年度からメッシの受賞が4年続いたのち、2013年、2014年にC・ロナウドが2年連続でタイトルを手にした。前年度はメッシが最多5度目の受賞を達成している。
1956年に創設されたバロンドールは、2010年からFIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めていたが、2015年度をもって契約満了となり、
今年度から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活した。それに伴い、候補者も旧制度の23名から30名となり、最終候補者の発表は廃止。投票はジャーナリストのみによって行われ、バロンドール受賞者と得票数に応じた各候補選手の最終順位も発表される。
SOCCER KING12/13(火) 4:08配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00526945-soccerk-socc

続きを読む

バロンドール授賞式でエンリケ監督のコメントを聞くメッシの表情がwww(バロンドール授賞式まとめ)

続きを読む

クリロナ&メッシ、バロンドール賞の最終候補から外れる!


ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール賞の最終候補から、イタリア1部リーグ・ユベントスのクリスティアノ・ロナウドとスペイン1部リーグ・バルセロナのメッシがもれていることがわかった。
21日付のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。
それによると、候補として残っているのはスペイン1部リーグ、レアル・マドリッドのクロアチア代表モドリッチ、フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのフランス代表МFエムバッペ、そしてレアル・マドリードの若手フランス人DFラファエル・ヴァランだという。
これまでに、ロナウドとメッシは同賞を5回ずつ受賞していた。
11/21(水) 17:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000110-dal-socc

続きを読む

2018年度バロンドールはモドリッチ!

12/4(火) 6:22配信
GOAL
2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010003-goal-socc

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年バロンドール受賞者を発表。ルカ・モドリッチが、世界最高の選手に選ばれた。
1956年に創設されたバロンドール。世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。
そして2日、バロンドールの受賞者が発表。モドリッチがキャリア初めて栄冠に輝いた。
モドリッチは昨シーズン、所属クラブのレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ史上初の三連覇に大きく貢献。さらに今夏行われたロシア・ワールドカップでは、クロアチア代表の主将として、同国史上初の決勝進出に導いた。大会最優秀選手にも選出されている。
その活躍から、2018年のUEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手賞をすでに獲得。今回のバロンドール受賞で、同年の個人賞三冠達成という偉業を成し遂げている。
(以下ソース参照)

続きを読む

【スナイデルの立場www】「バロンドール」が元の形式に戻ることが決定!

AFP=時事 9月17日 16時46分
【AFP=時事】
仏サッカー専門誌「フランス・フットボール(France Football)」と国際サッカー連盟(FIFA)は16日、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール」の契約が満了を迎え、現行形式の終了を発表した。
選手が熱望する「バロンドール」の受賞者は、以前の形式に戻って記者の投票で選出され、選手(代表チームの主将)と監督の意見は反映されなくなる。
今後も独自で男女の年間最優秀選手を選出するとしているFIFAは、「FIFAとフランス・フットボールの合意は今年1月に満了した。フランス・フットボールに対しては、8月上旬に契約を更新しないと伝えていた」と明らかにしている。
2015年にはアルゼンチン代表でFCバルセロナに所属するリオネル・メッシが、史上最多となる通算5回目のバロンドールを受賞。
FIFAとフランス・フットボールが2010年に統合させて以降、FIFAバロンドールを受賞した選手はメッシとクリスティアーノ・ロナウドしかいない。
1956年に創設されたバロンドールでは、当時イングランドンのブラックプールでプレーしていたスタンリー・マシューズが、アルフレッド・ディ・ステファノを抑えて初代受賞者に輝いた。
それ以降、1994年までの候補者は欧州国籍の選手のみに限られていたが、その規定が変更された翌年には、ACミランでプレーしていたリベリア人選手のジョージ・ウェアが、欧州以外の選手では初めてバロンドールを受賞した。
2007年に選考対象が全世界に広げられたバロンドールは、FIFA前会長のジョセフ・ゼップ・ブラッター氏がフランス・フットボール誌と手を結んだことにより、2010年からFIFA最優秀選手賞に統合された。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.j/hl?a=20160917-00000027-jij_afp-socc

続きを読む