ブンデス・リーガ【ドイツ】

ドイツ1部アウクスブルクが18歳の韓国人FWチョンを獲得!


仁川ユナイテッドFWチョン・スンフンがドイツ移籍、アウクスブルクU-19からスタート
ドイツ1部アウクスブルクは現地時間13日、韓国の仁川ユナイテッドFCから18歳の韓国人FWチョン・スンフンの獲得を発表した。スポーツダイレクター(SD)を務めるステファン・ロイター氏は「有能な才能を獲得することができて嬉しく思う」と新進気鋭のストライカー獲得を喜んだ。衛星放送「FOXスポーツ」が報じている。
チョン・スンフンは2000年生まれの18歳。190センチの長身ストライカーであり、今後の韓国を背負う選手として大きな注目を集めている。今回、仁川ユナイテッドFCユースからアウクスブルクへ移籍すると同時に、2023年6月までの契約を締結。まずはアウクスブルクのU-19チームに合流し、ファーストチームを目指すことになる。
アウクスブルクのロイターSDは、「チョン・スンフンという有能な才能を持った選手を獲得できて嬉しく思う」と語り、若き韓国人ストライカーを歓迎した。
「彼は1月にクラブに加入し、まずはU-19で準備を進めることになるだろう。ゆっくりと成長させ、そしてファーストチームに合流させることができると思う。チョン・スンフンは、アウクスブルクに在籍している(韓国代表MF)ク・ジャチョルや(韓国代表FW)チ・ドンウォンのサポートを受けてすぐにここに定着すると確信しているよ」
https://www.football-zone.net/archives/154238

続きを読む

ブンデスリーガは踏み台!子供が夢見るような舞台ではない・・・


ドルトムントは現地時間2日、プリシッチを移籍金6400万ユーロ(約80億円)でチェルシーに売却(今季終了時までは、チェルシーからレンタル移籍の形でドルトムントに残留)。ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル)の6375万ユーロ(約78億2000万円)を上回り、クラブ歴代2位の高額ディールとなった。
18歳未満の選手獲得で規約違反があったとして、FIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分が下る可能性のあるチェルシーとしては、プリシッチを獲得できたことは朗報だ。一方で、今季ブンデスリーガ優勝を見据え、主力クラスを維持しておきたいドルトムントにとっても、今季中はプリシッチを起用できることになり、「ウィン・ウィン」の内容。さらに、怪我やイングランド代表MFジェイドン・サンチョの台頭で出番が減少していたプリシッチにとっても、「子供の頃から夢見ていた」プレミアリーグ行きが叶い、三者が得をする移籍だと言えるだろう。
しかし、記事では憂慮すべき点として、ドルトムントがユース時代から育ててきた「非常に若く才能あるキッカーがトップリーグデビューからわずか3年でプレミアリーグに行ってしまったこと」に言及している。
「プリシッチがチェルシー行きを決めたことは、イングランドのリーグに比べ、ドイツのリーグがまるで練習リーグであるかのような印象をより一層強める。ブンデスリーガは特別な才能を持つ選手にとってうってつけの踏み切り台であり、多くの選手が子供の頃から夢に見るような舞台ではない。プリシッチの契約で唯一の敗者はブンデスリーガだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190106-00159077-soccermzw-socc

続きを読む

迫るブンデス開幕戦!注目の日本人対決も!

DAZN(ダ・ゾーン)は7日、今月18日(日本時間19日)より開幕するブンデスリーガの2017-18シーズンを独占ライブ配信することを発表した。
ブンデスリーガは試合の観客動員数が世界一を記録するなど、世界中で最も注目されるリーグの一つ。日本代表のMF香川真司やMF長谷部誠など多くの日本人選手が活躍していて、日本でも人気が高く、今回の2017-18シーズンの独占ライブ配信に至ったという。
DAZNでは、明治安田生命Jリーグをリーグ戦全試合配信しているほか、海外サッカーではリーガ・エスパニョーラ、セリエA、リーグ・アンなどの、欧州最高峰のリーグを放映。2018-19シーズンからはチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの放送も予定されている。
DAZNのCEOを務めるジェームズ・ラシュトン氏は「私達は、日本のスポーツファンの皆様に人気のあるコンテンツをご提供することでDAZNをよりお楽しみいただけるよう、コンテンツラインアップを充実させることを目指しております。ブンデスリーガは、世界最高峰のリーグであり、皆様にお楽しみいただけることと確信しております。DAZNは、スポーツファンの皆様のライフスタイルに合わせて、テレビやスマートフォン、タブレット、PCなどのマルチデバイスで、いつでも、どこでも魅力的な価格でご利用できるサービスをご提供することを今後も目指していきます」とコメントしている。
ブンデスリーガの開幕戦カードは以下の通り。
■8月19日(土)
3:30(日本時間)~ バイエルン vs レヴァークーゼン
22:30(日本時間)~ ホッフェンハイム vsブレーメン
22:30(日本時間)~ ヘルタ・ベルリン※ vs シュトゥットガルト※
22:30(日本時間)~ ハンブルガーSV※ vs アウクスブルク※
22:30(日本時間)~ ヴォルフスブルク vsドルトムント※
22:30(日本時間)~ マインツ※ vs ハノーファー
■8月20日(日)
1:30(日本時間)~ シャルケ※ vs ライプツィヒ
22:30(日本時間)~ フライブルク vs フランクフルト※
■8月21日(月)
1:00(日本時間)~ ボルシアMG vs ケルン※
※は日本人選手所属のチーム
8/7(月) 13:42配信サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00623168-soccerk-socc
■ブンデスリーガ 2017-18シーズンの独占ライブ配信決定
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」にて、2017年8月19日(土)より開幕するドイツのBundesliga(以下、ブンデスリーガ)2017-18シーズンを独占配信することを発表いたします。
ブンデスリーガには、ロベルト・レヴァンドフスキやピエール=エメリク・オーバメヤンといった多くのスター選手が所属しています。試合の観客動員数が世界一を記録するなど、世界中で最も注目されるリーグの一つです。香川真司や長谷部誠など多くの日本人選手が活躍していて、日本でも大変人気が高く、今回の2017-18シーズンの独占ライブ配信に至りました。
「DAZN」において、サッカーは人気の高いコンテンツです。日本では明治安田生命Jリーグをリーグ戦全試合配信し、海外サッカーではラ・リーガ、セリエA、リーグアンなどの、欧州最高峰のリーグを放映しています。2018-19シーズンからのUEFAチャンピオンズリーグやCONCACAF ゴールドカップ2017の放映権獲得など、幅広く世界各国のサッカーのコンテンツを拡充してきました。
DAZNのCEO ジェームズ・ラシュトンは「私達は、日本のスポーツファンの皆様に人気のあるコンテンツをご提供することでDAZNをよりお楽しみいただけるよう、コンテンツラインアップを充実させることを目指しております。ブンデスリーガは、世界最高峰のリーグであり、皆様にお楽しみいただけることと確信しております。DAZNは、スポーツファンの皆様のライフスタイルに合わせて、テレビやスマートフォン、タブレット、PCなどのマルチデバイスで、いつでも、どこでも魅力的な価格でご利用できるサービスをご提供することを今後も目指していきます。」と述べております。

ダゾーン
http://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2017/08/07/

続きを読む