プレミア・リーグ【イングランド】

FC東京幹部、チェルシーからのオファーは否定せず!「武藤の移籍について”合意はない”」


続きを読む

もしもバイエルンがプレミアに参戦したら優勝しそう?


リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグでの生活を楽しんでいるようだ。ドイツ誌『キッカー』のインタビューでブンデスリーガとの違いについて指摘し、バイエルン・ミュンヘンが同リーグで優勝する可能性などについて語っている。
2015年秋にリヴァプールの監督に就任したクロップ監督は、新チームにも”ゲーゲンプレッシング”を導入。チームは現時点(第37節消化時点)で来季チャンピオンズリーグ(CL)予選出場権を得られる4位に位置しているものの、特に引いて守る相手に苦戦することが多かった。クロップ監督はそんなプレミアリーグについてこのように話している。
「自分も以前そう思っていたが、ドイツでは彼ら(プレミア製)は国際舞台に弱いと見られがちだね。ただ、(CLで成功していないのは)プレーヤーや監督たちが急に能力を失っているためではない。本当の理由は、プレミアリーグが死ぬほどタフだからだ。
私はここで簡単な試合を一つも経験していないし、ほとんど見たこともない。消耗戦なんだ。とにかく競争、競争、カップをめぐる競争が続き、リーグ戦もより多い。現代のインテンシティーでは、欧州の挑戦との調整が難しいんだ」
ジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、アーセン・ヴェンゲル、アントニオ・コンテ…。国外からのスター監督が集まるプレミアリーグだが、クロップ監督は「その1人として言及されることには以前から違和感を覚えている」とコメント。
その一方で、「プレーヤーや監督のクオリティーは確かに全体のレベルを上げている。ここのサッカーは最高だよ。インテンシティーが際立っている。ブンデスリーガでの仕事はいつも楽しんでたけど、ここはものすごくスリリングなんだ」と続けた。
なお「プレミアリーグの上位7チームはブンデスリーガではトップ10に入るのか」との質問に対し、同監督は「100パーセントそう言い切れる。まったく疑問がない」と返答。
「バイエルンにとってもイングランドで優勝するのは簡単ではないだろう。ただ、それでもそうできる可能性は低いとも言えないけどね」とかつてのライバルクラブについて話している。
GOAL5/18(木) 18:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000020-goal-socc

続きを読む

今季のプレミアは大混戦!チェルシー、プレミア記録の14連勝かけトッテナムと対戦した結果!

チェルシー、”プレミア最多連勝記録”ならず。トッテナムに敗れ13連勝でストップ
2017年01月05日(Thu)6時56分配信

トッテナム 2-0 チェルシー プレミアリーグ第20節
【得点者】
45分+1分 1-0 アリ(トッテナム)
54分 2-0 アリ(トッテナム)
現地時間4日にプレミアリーグ第20節の試合が行われ、チェルシーはトッテナムと対戦。デル・アリにゴールを許し、チェルシーは0-2の敗戦を喫している。
対戦成績で言うとチェルシーは最近4試合負けなし(2勝2分)となっており、全体的に見ても相性は悪くない。ただ一方で、アウェイ(ホワイト・ハート・レーン)で勝利したのは2012/2013シーズンまで遡る。アウェイでは引き分けや敗戦が続いている状況だ。
前半アディショナルタイム、ゴール前のクロスにアリが頭で合わせてトッテナムが先制。さらに54分、1点目と同じような形から再びアリがヘディングで押し込みトッテナムに追加点が入る。
結局、1点も返すことができずチェルシーは0-2の敗戦を喫してしまった。リーグ連勝記録は13でストップし、1シーズンでのプレミアリーグ最多連勝記録を更新することはできなかった。

好調継続ユーベ、チームの雰囲気も良好。C・ロナウドらにディナーをおごったのは…

続きを読む

ヤヤ・トゥレがバルセロナからシティ移籍時、当時監督のペップは『あんなクソな所に行くのか?』と言っていたwwww

選手と監督が起用法を巡って争うことは日常茶飯事だが、マンチェスター・シティに所属するヤヤ・トゥレの場合は少し事情が異なる。
このコートジボワール代表MFはかつて名門バルセロナでペップ・グアルディオラと共に仕事をしていた。
もちろん彼らの間柄が最高に理想的な師弟関係だったかは定かでないが、ヤヤの居場所がカタルーニャから無くなってしまったのは、紛れもなくペップの決断によるものだ。
そしてこの出来事を未だに引きずっているのが、ヤヤではなく代理人のディミトリ・セルク氏である。
スペイン『SPORT』はペップの粗探しに明け暮れる同氏のコメントを伝えた。
「ヤヤが2010年にバルサを離れてシティへと向かった時、ペップは彼に『あんなクソな所へ行くのか?』と言ったんだ。 今、ペップ・グアルディオラはそのクソなチームで監督を務めている」
6年前のペップが“放ったとされる”発言以上に、代理人によるこの暴露の方がヤヤにとっては致命傷になりかねない。 英『Daily STAR』によるとヤヤが一連の騒動の主人公となっているセルク氏に呆れ、 ただちに自らのボスへの口撃を止めるように叱りつけたという。
今後、本来であれば優秀なはずのコートジボワール人にペップ政権下で出場機会が与えられるかは分からないが、 どうやらヤヤの敵は身内に居ると言わざるを得ないだろう。
theWORLD(ザ・ワールド) 9月23日(金)16時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00010014-theworld-socc

続きを読む

【プレミア】韓国代表ソン・フンミンがアジア人シーズン最多得点記録を更新!

ソン・フンミンがアジア人のプレミア最多得点更新…抜かれた2位も韓国代表MF
ゲキサカ 4/6(木) 22:17配信

[4.5 プレミアリーグ第31節 スウォンジー1-3トッテナム]
プレミアリーグ第31節が5日に開催され、2位トッテナムは敵地で17位スウォンジーと対戦し、3-1で逆転勝利を飾った。韓国代表FWソン・フンミンは1-1の後半アディショナルタイム1分に決勝ゴールを奪取。今季9得点目を挙げ、チームの劇的勝利に貢献した。
韓国『コリア・ヘラルド』によると、ソン・フンミンはこの試合のゴールで、プレミアにおけるアジア人選手の1シーズン最多得点記録を更新。これまでは、同じく韓国代表のスウォンジーMFキ・ソンヨンが2014-15シーズンに記録した8得点が最多だった。
なお、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は今季のプレミアで2得点をマーク。
加入初年度となる昨季は5得点を挙げていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-01638502-gekisaka-socc

続きを読む