ポドルスキ

ヴィッセル神戸・ポドルスキさん、ドイツへ一時帰国・・・


神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が一時帰国していることが分かった。
2日間のオフが明け、3日から大阪府内で短期合宿が始まり、この日に34歳の誕生日を迎えた背番号10は不在。原因不明の発熱などで自宅療養が続いていた中、母国の病院で精密検査を受けるため、すでに離日したという。
吉田監督は「何回か高熱やノドの痛みが出ていて、ちゃんとした検査を日本だけじゃなく自分の国でもやるということになった」と説明。週明けの練習には戻る予定になっているという。
練習を重ねるだけでなく、コミュニケーションを深める目的もある3日間の大阪合宿。初日は元スペイン代表MFイニエスタや腰痛を訴えたGK吉丸、MF三原、安井、FW古橋らが別メニュー調整だった。
6/4(火) 21:18配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000176-spnannex-socc
ヴィッセル神戸は4日、リーグ中断を利用したミニ・キャンプを大阪・J-GREEN堺でスタートさせ、練習を公開した。
「VIP」トリオのうち、FWルーカス・ポドルスキ(34)、MFアンドレス・イニエスタ(35)は今季、欠場がちで、この日もポドルスキの姿はなかったがイニエスタは参加。ただ、イニエスタは別メニューでの調整となった。
イニエスタは5月12日の鹿島アントラーズ戦に途中出場して以来、リーグ戦3試合連続で欠場が続いている。
吉田孝行監督(42)はイニエスタの現状について「(練習に合流できるかは)来週になってみないとわからない」と、復帰の見通しが立っていないことを明かした。
6/4(火) 22:44配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06041111-nksports-socc

続きを読む

神戸・ポドルスキがメキシコ移籍!?

さよならかな モンテレイやってさ

Lukas Podolski seria el bombazo de Rayados de Monterrey para el Apertura
https://www.soyfutbol.com/internacional/Lukas-Podolski-seria-el-bombazo-de-Rayados-de-Monterrey-para-el-Apertura-20190603-0009.html

続きを読む

神戸ポドルスキさん、5月だけど熱中症になった模様・・・


明治安田J1リーグ第12節最終日の18日、6連敗中の神戸(勝ち点10)は敵地の日産スタジアム(横浜市)で、横浜M(同18)に挑む。2003年の延長Vゴール廃止後、クラブの連敗記録に並んでいる神戸。吉田監督は失点が続く現状を受け「(守備の)約束事もそうだし、コンパクトさのところを」と修正に力を入れた。
チームはけがなどによる離脱が相次ぎ、15日の一般公開練習で軽快な動きを見せていたFWポドルスキが熱中症の疑いで遠征メンバーから外れる見込み。チームの総得点(14)のうち半分に絡むFW古橋も、前節の鹿島戦で痛めた左脚の影響で、今節には間に合わない見通しだ。
総力戦となる神戸にとって、前線からプレスを仕掛けてくる横浜Mの守備網をどう突破するかが、ポイントの一つになる。GK金承奎(キム・スンギュ)は「(自身は)常にフリーな状況。数的優位をつくることが役目になる」と後方からの援護にも意識を向ける。
3月30日の第5節以来の白星を目指す神戸。指揮官は「選手間、スタッフと選手と、いろいろなコミュニケーションをとってきた。手応えを感じている」。ワースト連敗記録阻止へ、イレブンは一致団結した姿を見せられるか。(有島弘記)
5/17(金) 20:28配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000023-kobenext-socc

続きを読む

【画像】相撲好きのポドルスキ、ついに“まわし姿”を初披露!「素晴らしい肉体美!」


相撲部屋への出稽古でホンモノの力士に挑んだ

ヴィッセル神戸に入団しておよそ1年半。大の相撲好きを公言してきた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、ついにみずから土俵に立った!
日曜日、大阪市内で行なわれた大相撲・春場所の千秋楽を観戦し、親交が深い横綱・白鵬の全勝優勝を見届けたポルディ。
表彰式後に支度部屋を訪れて白鵬との喜び2ショット写真をインスタグラムに投稿するなど、大盛り上がりの一日を過ごした様子だった。
そして翌月曜日、ドイツの英雄は行動に出るのだ。なんと初めて“まわし姿”を披露し、どこかの相撲部屋に出稽古!
土俵に立ってホンモノの力士と手合わせしている模様を投稿したのである。「Don’t surrender(負けられない)」「Who wins?(誰が勝つ)」との文字を添えて、2枚の写真をSNS上にアップした。
単なる「海外の相撲ファン」にとどまらず、自身でプレーまでしてしまうのだからアクティブだ。メッセージ欄には世界中のフォロワーからコメントが相次ぎ、
「素晴らしい肉体美だね!」「えらいハマっとるな」「スモウはエキサイティング!」「ポルディかっこいい」「引退後はスモウレスラーかい?」など、さまざまな意見が寄せられている。
神戸での練習中やゴール後に四股を披露するなど、普段から白鵬ほかプロの力士に体幹を鍛えるべく、アドバイスをもらっているとも言われる。
さすがはプロフットボーラーで、ウェストから大腿部にかけての筋肉隆々ぶりは、力士も顔負けのレベルだ。
土俵パワーを注入され、バージョンアップを果たしたか? 週末に再開されるJ1リーグ(3月30日)、ガンバ大阪戦でのパフォーマンスに注目だ。
3/25(月) 18:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190325-00010005-sdigestw-socc

続きを読む

「色々な憶測が飛び交う前に、浦和戦での負傷によりプレーすることができないことをここで伝えます!」by神戸・ポドルスキ


ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキが26日、自身の公式SNSを更新して明治安田生命J1リーグ第8節浦和レッズ戦で負傷したことを発表した。
浦和戦で先発出場したポドルスキだったが、71分にFW田中順也との交代でピッチを後にしていた。今回ポドルスキは「みなさん、こんにちは。色々な憶測が飛び交う前に、浦和戦での負傷によりプレーすることができないことをここで伝えます‼?1日でも早く100%の状態でピッチに戻り、みんなのために全てを捧げます‼?ポルディより」と綴り、現在プレーできない状況であることを明かしている。
ヴィッセル神戸は28日、明治安田生命J1リーグ第9節で川崎フロンターレと本拠地で対戦する。
4/26(金) 17:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00932166-soccerk-socc

続きを読む

神戸ポドルスキの"お騒がせ"行動がチームにさらなる混乱を招いている模様・・・


J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが26日、自身の公式ツイッターを更新し、次節川崎戦(28日、ノエスタ)の欠場を明かした。「みなさん、こんにちは。色々な憶測が飛び交う前に、浦和戦での負傷によりプレーすることができないことをここで伝えます!!1日でも早く100%の状態でピッチに戻り、みんなのために全てを捧げます!!ポルディより」と投稿。「#ComeBackSoon」とハッシュタグを添え、軽症であることを強調した。
関係者によると、ポドルスキは先月30日のG大阪戦後から太腿裏に軽度の肉離れの症状が見られたといい、6日の松本戦を欠場。14日の広島戦はフル出場したが、20日の浦和戦では先発出場するも後半26分に途中交代した。オフ明けの22日から別メニュー調整が続いており、25日に神戸市内で行われた公開練習でもチームに合流できていなかった。
ただ、欠場が濃厚だったとはいえ、チームが伏せてきた出場可否をクラブの許可なくSNSで発信したことを問題視するクラブ関係者もおり、本人への聞き取りなども含め、今後さらなる騒動に発展する可能性もある。
神戸は原則、非公開練習を行っており、遠征に向かうバスの出発も公開されないなど、ベンチ入りメンバーは監督の口から語られない限り基本的に知ることはできない。指揮官が明かさなかった欠場の事実を、選手が勝手にSNSで発信してしまってはチームの規律は成り立たない。
ポドルスキはリージョ前監督の契約解除が発表された17日に、自身のSNSで主将の座を返上したことを明かし、18日にはツイッターに「他人に誠実でない人が忠誠を期待することはやめろ」などと英語で書かれた画像を投稿するなど、SNSでピッチ外を騒がせている。20日の浦和戦ではボールボーイに暴言を吐き、Jリーグから厳重注意処分を受けたばかりだった。
ドイツ代表としてW杯を制した世界的名手でありながら、周囲のクラブ関係者らの尽力を蔑(ないがし)ろにする振る舞いが、チームにさらなる混乱を招いている。
4/27(土) 5:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000001-dal-socc

続きを読む

神戸ポドルスキの意味深ツイートが話題に・・・


画像に込められたメッセージとは…
昨日、ヴィッセル神戸の主将を退任すると自ら報告した元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ。彼は翌日にも自身のSNSを更新し、投稿した画像が様々な憶測を呼んでいる。
J1ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ監督と契約解除で合意したことを発表。同じタイミングで、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、キャプテンの座から降りることを、自らのSNSで報告した。
そして翌日、ポドルスキはある1枚の画像を投稿。コメントはなく、「#Fact(事実)」というタグと、100点の絵文字を添えている。
画像にタイプされているのは、「Stop expecting Loyalty from people who can’t even give you Honesty」という英文だ。この言葉自体は、海外のSNSで「ビジネス相手への批判」「上司であるべき際に気を付けること」の格言として用いられることが多い。
2017年に、英国のヒップホップアーティスト、ウィット・ロウリィが自身のツイッターで発信したことで、話題となった言葉でもある。

「他人に誠実に接することのできないような人間が、他人からの忠誠を期待するな」
こんな意味の込もった言葉を、ポドルスキは一体、誰に向かって発信したのか。
国内のファンはこの投稿に対し、「チームになっていない現在のヴィッセル神戸を感じる…」「ポルディ大丈夫かな」「いつだってあなたを応援してる」と元主将の心情を思いやった。
また、海外ファンの反応は実にバラバラだ。「名選手は世界のどこにいても名選手」「できるだけ早く神戸を発つべきだ。こんなクラブに忠誠を捧げる必要はない」「文化の違いは大きいだろうから、何かあったのだろうか…」と、エールからクラブ批判まで、実に様々なコメントを寄せている。
神戸の新監督には、昨年まで指揮を執った吉田孝行氏が復帰することが発表されている。ダビド・ビジャ&アンドレス・イニエスタの元スペイン代表コンビにポドルスキを加えた”VIP”トリオを、吉田監督はどう扱うのか。
新体制初戦となる20日の浦和とのアウェーゲームに注目が集まる。
4/18(木) 17:54 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00057350-sdigestw-socc

続きを読む