マンチェスター・ユナイテッド

出番がなければ・・・ヤヌザイ、モウリーニョ新監督に対し完全移籍を直訴!

■ドルトムントから半年で帰還後も、信頼をつかめず沈黙
マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、ファーストチームで出番がなければジョゼ・モウリーニョ新監督に対し、完全移籍を直訴することになると、英地元紙「サン」が報じた。
2013年にデイビッド・モイーズ元監督の下でユナイテッドデビューを果たし、瞬く間にスターダムにのし上がったヤヌザイだったが、ルイス・ファン・ハール前監督の下では出番が少なく、昨夏はドルトムントに期限付き移籍した。
しかし、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督からも信頼を得られず、今年1月にわずか半年でユナイテッドに急きょ出戻りを果たしていた。
復活が待たれるヤヌザイだが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンら大型補強の煽りを受けて、自らの立場が危うくなることを危惧している。構想外ということであれば、ヤヌザイは期限付きではなく完全移籍でクラブを離れることを望んでいるという。
■モウリーニョ監督はレンタルでの放出を望む
ユナイテッドでのキャリアが終幕に向かっているとヤヌザイが心配している一方、モウリーニョ監督はベルギー代表アタッカーを高く評価しているともレポートされている。
指揮官は、21歳のヤヌザイには出場機会を得られるプレミアリーグクラブへ期限付き移籍し、経験を積んでほしいと考えているようだ。
出番がなければ完全移籍を望むヤヌザイと、期限付き移籍で武者修行に出したいというモウリーニョ監督と、現時点では両者の意見にはズレが生じている。
ヤヌザイと代理人は今週中にもモウリーニョ監督と会談し、将来について決定を下すという。神童として持て囃されたヤヌザイだが、タレント軍団ユナイテッドでポジションを勝ち取るためにはイバラの道が待っているようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160705-00010000-soccermzw-socc

続きを読む

驚愕!マンU・ファーガソン監督が噛んで吐き捨てられたガムの値段→〇〇〇〇万円!?


マンチェスター・ユナイテッドの伝説的指揮官であるアレックス・ファーガソン氏が最後に噛んだチューインガムに驚異的な値段がついた。『FOX SPORTS』などが報じた。
ファーガソン氏と言えば、1986年から27年間指揮したマンチェスター・Uで、プレミアリーグ13回、チャンピオンズリーグ2回、FAカップ5回など、それまで低迷していたクラブを常勝軍団に返り咲かせた名伯楽。チューインガムを噛みながら指揮を執る姿がお馴染みとなっていた。
そのファーガソン氏のラストマッチは、2013年5月19日に敵地ホーソンズで行われたWBA戦。香川真司も出場したこの試合は、WBAのロメル・ルカクがハットトリックを記録するなど、壮絶な打ち合いとなった。この一戦でファーガソン氏が、噛んで吐き捨てられたガムが今回、ネットオークションにかけられたとのことだ。
競売にかけられたガムの出品紹介には、「これは古いチューインガムだが、レア物である。マンチェスター・ユナイテッドで1500試合目を戦ったサー・アレックスが噛んだ最後のガムの一つである。非公式の品物だが、ホーソンズで回収されて木製と風防ガラスによるケースで保管されてきた」と説明された。
そして、このガムには39万ポンド(約5760万円)という破格の高値がついたとのこと。ファンにとっては家宝になるものかもしれないが、それにしても驚きの値となっている。
なお、このガムの収益は全て、マンチェスター・ユナイテッド財団に寄付されて慈善事業に充てられるとのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010011-goal-socc

続きを読む