マンチェスター・ユナイテッド

"日本の天才・香川真司"にマンUサポーターも大興奮!「もう1度香川が必要」「ルーニーの全盛期より良い」


モナコ戦でも魅せた
ドルトムントMF香川真司の勢いが止まらない。
香川は12日にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ・モナコ戦に先発出場すると、1G1Aと大暴れ。中でもゴールシーンは圧巻で、トラップからキックフェイント、そしてシュートまでの流れが実に美しかった。まさに「香川らしい」ゴールだったと言えるのではないか。チームは残念ながらホームでの第1戦を2-3で落としてしまったが、英『Daily Mirror』は2ndレグに希望が残ったと香川の活躍を称賛しており、ドルトムントは日本代表のエースに救われる格好となった。
そしてこのパフォーマンスを古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターが見逃すはずはない。現在のマンUは得点力不足が指摘されていることもあり、SNS上ではマンUサポーターから「もう1度香川が必要だ!」、「なぜ香川をドルトムントに戻したのか疑問」、「ファーガソンが獲得したことを納得させるパフォーマンス」、「マンUは香川を台無しにした」など、改めて香川放出を嘆く意見が出ている。
こうした意見は香川が活躍するたびに出ているのだが、今マンUが得点力不足に陥っていることもあって余計に香川のパフォーマンスが恋しく思える のだろう。中には「全盛期のルーニーより良い」と主張している者までおり、復調した香川の評価が異常なレベルにまできている。
果たしてドルトムントは香川が繋いでくれた希望をアウェイの2ndレグで活かすことができるのか。ここ数試合で香川はドルトムントを引っ張るキープレイヤーとなっている。
theWORLD(ザ・ワールド)4/13(木) 19:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010030-theworld-socc

続きを読む

マンU・ルーニーが来夏にアメリカMLSか中国クラブへ移籍!?

レギュラーの座を失い放出の危機に直面 週給3800万円がネックか
マンチェスター・ユナイテッドが不振の続くキャプテンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーを、今季限りで放出する可能性が高まっている。
英地元紙「デイリー・ミラー」が、「マンチェスター・ユナイテッドは2600万ポンド(約33億円)のジレンマに直面し、来夏の排除を検討する」と報じている。
週給30万ポンド(約3800万円)というプレミアリーグ最高級のサラリーを手にするルーニーは、2017-18シーズン終了時点で契約満了となる。
だが、イングランド代表とユナイテッドでキャプテンを務めながらも、レギュラーの座を失ったルーニーは不透明な未来に直面しているという。
記事では「明確になってきていることはオールド・トラッフォードで彼の最後のシーズンになりそうだ、ということだ。
デイビッド・モイーズとルイス・ファン・ハールは弱すぎてスタメンからルーニーをクビにすることができなかったが、新たなユナイテッドのボス、ジョゼ・モウリーニョにはそれをする勇気があった。
そして、イングランドの暫定監督ギャレス・サウスゲイトも即座に続いた」と、厳しい論調でルーニーの苦境が紹介されている。
巨額の年俸を担保できるのは…
12シーズンにわたってユナイテッドと代表でアンタッチャブルな存在だったルーニーは、今や放出の危機に立たされている。
そして放出時の移籍先は、ルーニーの巨額年俸を担保できるアメリカMLSか中国リーグになるという。
代表とクラブで通算724試合出場を果たしてきた英雄だが、パフォーマンスの劣化は周知の事実。
擁護発言を続けながらもモウリーニョ監督にトドメを刺された格好のルーニーは、“赤い悪魔”から今季限りで去ることになりそうだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161014-00010001-soccermzw-socc
Football ZONE web 10月14日(金)8時21分配信

続きを読む

ユベントスFWディバラがマンU移籍に合意!?


獲得の必須条件は…ルカク、ポグバ、デ・ヘアの3人がチームを去ることか
マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で大型補強に動くと見られている。そんななか、ターゲットの1人だったユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・デイバラと、「原則的に合意した」と英紙「デイリー・スター」が報じた。移籍金は8600万ポンド(約123億円)になるという。
25歳のディバラは、2015年にパレルモからユベントスへ移籍。加入初年度から19ゴールを挙げるなど、3年連続で二桁得点を挙げ、リーグ優勝に貢献した。だが今季、レアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入すると出場機会が減少。公式戦10ゴールこそ記録したが、リーグ戦は27試合5得点にとどまり、満足のいくシーズンを過ごせていない。
今夏の移籍市場ではレアルやバルセロナがディバラ獲得に関心を寄せていたが、先日フットボールコンサルタントのイアン・マクガリー氏が大胆な主張をしたことでユナイテッド入りが大きく噂されている。
「ユナイテッドがディバラへの関心を表明したというイタリアの報告があったが、我々の情報源が伝えているところで言うと、実際にはユナイテッドがユベントスからディバラを引き抜くためにかかるであろう8600万ポンド(約123億円)の買収条項を支払うことで原則的に同意したようだ」
もっとも、この話には続きがあり、記事では来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失ったユナイテッドは、ディバラを獲得するには3選手がチームを去る必要があるしている。それがベルギー代表FWロメロ・ルカク、フランス代表MFポール・ポグバ、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの3人だ。
チームの中核を担う彼らがチームを離れた場合、中盤や前線の補強が急務になることは間違いない。そのなかでディバラという選択肢は、チームの強化へとつながるだろう。
2019.05.09フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/187803

続きを読む

【ゴール動画】ユナイテッド、18歳の超新星・ラッシュフォードが凄い!マンチェスターダービー制し5試合ぶり勝利

マンチェスター・シティ 0-1 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第31節】
プレミアリーグ第31節が現地時間20日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはマンチェスター・シティのホームに乗り込んで対戦。18歳FWマーカス・ラッシュフォードのゴールにより、1-0の勝利をおさめている。
前半はお互いに激しい立ち上がりとなったが、先に得点を奪ったのはユナイテッドの方だった。15分に縦パスに抜け出したラッシュフォードが相手選手をかわし先制点を決める。その後は両者ともに得点を奪えず前半を折り返す。
後半に入るとシティがチャンスを作るも同点に追いつくことはできず。結局、ユナイテッドは先制点を守りきり、シティとのマンチェスターダービーで1-0の勝利をおさめている。2日に行われたワトフォード戦で勝利して以降、公式戦5試合ぶりの勝利となった。
【得点者】
15分 0-1 ラッシュフォード(ユナイテッド)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160321-00010003-footballc-socc

続きを読む

モウリーニョ監督はファンハールやモイーズ以下!?マンU・26年ぶりホーム4戦未勝利


イングランド・プレミアリーグは現地時間27日に4試合が行なわれ、6位マンチェスターUは本拠地で17位ウェストハムと1対1の引き分けに終わった。
マンUは開始わずか90秒でセットプレーからサコにゴールを奪われ、出鼻をくじかれる。
21分にポグバのアシストからイブラヒモヴィッチが同点弾を挙げるも、26分にポグバがダイブの判定で警告を受けると、これにモウリーニョ監督が激怒。
ボトルを蹴り飛ばし、今月2度目の退席処分を受ける。結局、試合はそのまま1対1で終了した。
この結果、マンUはホームでのリーグ戦は4試合連続ドロー。
「オールド・トラフォード」でリーグ戦4試合白星がないのは、1990年以来初のこと。
勝ち点は20にとどまり、首位チェルシーとは11ポイント差と、優勝の可能性が早くも消滅へ向かっている。
4位アーセナルはホームで10位ボーンマスに3対1と勝利。
12分にサンチェスのゴールで先制すると、その後PKで同点に追いつかれるも、後半立ち上がりにウォルコットが勝ち越し点をマーク。
さらに終了間際にサンチェスがこの日自身2点目のゴールを奪ってダメを押した。
首位チェルシーと勝ち点3差、2位リヴァプール、3位マンチェスターCと2差をキープしている。
ISM 11/28(月) 8:35配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000010-ism-socc
http://qoly.jp/media/c0575474-8596-49ef-8d0b-9ad0ca7a50c7?w=800

続きを読む

【公式発表】マンU、モウリーニョ氏の新監督就任を正式発表!


2016年05月27日 17:45 発信地:ロンドン/英国
【5月27日 AFP】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は27日、ジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)氏の新監督就任を正式に発表した。
クラブが発表した声明によると、モウリーニョ氏は3年契約にサインし、2020年まで契約を延長するオプションが付いている。
モウリーニョ氏は「マンチェスター・ユナイテッドの監督になるということは、サッカー界において特別な栄誉だ。」とコメント。「ユナイテッドは世界中の誰もが知っているし、高い評価を得ているクラブだ」
ユナイテッドは23日、今季のチームをリーグ4位以内に導けなかったとして、ルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)氏を解任していた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3088297

続きを読む

出番がなければ・・・ヤヌザイ、モウリーニョ新監督に対し完全移籍を直訴!

■ドルトムントから半年で帰還後も、信頼をつかめず沈黙
マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、ファーストチームで出番がなければジョゼ・モウリーニョ新監督に対し、完全移籍を直訴することになると、英地元紙「サン」が報じた。
2013年にデイビッド・モイーズ元監督の下でユナイテッドデビューを果たし、瞬く間にスターダムにのし上がったヤヌザイだったが、ルイス・ファン・ハール前監督の下では出番が少なく、昨夏はドルトムントに期限付き移籍した。
しかし、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督からも信頼を得られず、今年1月にわずか半年でユナイテッドに急きょ出戻りを果たしていた。
復活が待たれるヤヌザイだが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンら大型補強の煽りを受けて、自らの立場が危うくなることを危惧している。構想外ということであれば、ヤヌザイは期限付きではなく完全移籍でクラブを離れることを望んでいるという。
■モウリーニョ監督はレンタルでの放出を望む
ユナイテッドでのキャリアが終幕に向かっているとヤヌザイが心配している一方、モウリーニョ監督はベルギー代表アタッカーを高く評価しているともレポートされている。
指揮官は、21歳のヤヌザイには出場機会を得られるプレミアリーグクラブへ期限付き移籍し、経験を積んでほしいと考えているようだ。
出番がなければ完全移籍を望むヤヌザイと、期限付き移籍で武者修行に出したいというモウリーニョ監督と、現時点では両者の意見にはズレが生じている。
ヤヌザイと代理人は今週中にもモウリーニョ監督と会談し、将来について決定を下すという。神童として持て囃されたヤヌザイだが、タレント軍団ユナイテッドでポジションを勝ち取るためにはイバラの道が待っているようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160705-00010000-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】マンUファルカオ終了の予感・・・U-21トットナム戦に出場しさらに評価を下げる!


「惨めなキャリアはさらなる底を打つ」
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは10日、
U-21チームの一員としてU-21トットナム戦に出場するという“降格人事”の屈辱を味わった。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。
9日のFAカップ準々決勝アーセナル戦は、ベンチから1-2でチームが敗れる姿を見守った。
自分と入れ替わる形でマンUを去ったアーセナルのFWダニー・ウェルベックが豪快な決勝点を沈めても、ルイス・ファン・ハール監督からはお呼びはかからなかった。
そのストライカーには翌日、屈辱の宣告が待っていた。リザーブリーグU-21ト ットナム戦への出場を命じられたというのだ。
記事では「ラダメル・ファルカオのマンUでの惨めなキャリアは火曜日にさらなる底を打った。 彼はルイス・ファン・ハール監督によりリザーブチームに投げ捨てられた」と伝えられた。
アシスタントコーチのライアン・ギグス氏がスタンドから鋭い視線を送る中、ファルカオは72分間プレーしたが、無得点に終わった。
試合は、トップチームで出場機会を激減させているDFラファエルのゴールで1-1のドローに終わっている。
ファルカオは今季、週給26万5000ポンド(4800万円)という高待遇で、モナコから期限付き移籍してきた。
だが、今季は4得点4アシストと、期待通りの結果を残せていない。今回のリザーブリーグ降格は、ファルカオの実戦感覚 を高める目的があるが、
記事では「マンUの監督は通常トップチームの選手に関してはけがから回復途中の場合のみ、このレベルでプレーすることを要求する」と指摘した。ファルカオは現在故障を抱えていない。
フランスメディアはマンUがすでにモナコにファルカオの買い取りオプションを行使しない旨を伝えたと報じている。
完全移籍に必要な金額は4350万ポンド(79億円)。ファン・ハール監督には今オフも昨夏に続き270億円の補強費を準備されているという。
だが、この非情な“降格人事”で、ファルカオをモナコに送還する意思を明確にしたのだろうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150311-00010001-soccermzw-socc
続きを読む