ミラン

クラブ史上最短!ミラン、ジャンパオロ監督を解任!


ミランは8日、マルコ・ジャンパオロ監督(52)の解任を発表した。就任から111日での解任はクラブ史上最短とのことだ。
昨シーズン限りでミランを退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の後任として、今年6月に就任したジャンパオロ監督。エンポリやサンプドリアで評価を高め、ロッソネリの指揮官の座を勝ち取ったものの、チームはここまでセリエA3勝4敗と低迷。直近のジェノア戦の勝利で3連敗から脱したが、内容は芳しくなく、不満の声が募っていた。
イタリア『スカイ』によれば、後任には昨季までインテルを率いていたルチアーノ・スパレッティ氏の名が挙がっていたが、2021年まで残っていたインテルとの契約を巡る違約金の関係で合意には至らず、ステファノ・ピオリ氏(53)を招へいする方向とのことだ。
ピオリ氏はこれまでボローニャやラツィオ、インテルで手腕を振るい、直近では2017年夏から2年間フィオレンティーナで指揮を執っていたが、今年4月に突如辞任を発表していた。
ただ、ミラニスタからはインテルで結果を残せなかったピオリ氏の就任をSNS上で反対する声が上がっているとのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00362671-usoccer-socc

続きを読む

イブラヒモビッチの3シーズンぶりにミラン復帰の可能性!?

タイの富豪、ビー・テチャウボン氏を少数株主として経営陣に加えることで合意に達したミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長は、来シーズンに向けたチーム強化に動き出している。

最大の焦点は監督人事。“夢”はカルロ・アンチェロッティを呼び戻すことだが、たとえ今シーズン限りでレアル・マドリーを去ることになっても、マンチェスター・シティという強力な競合相手がいて復帰実現は難しい。
そこでターゲットとなっているもうひとりの大物が、現在イタリア代表を率いているアントニオ・コンテ。
しかし、コンテはEURO2016本大会までの契約を残しており、本人が強く望んでイタリア・サッカー協会との契約を破棄しない限り、招聘は不可能だ。
現実的な有力候補として名前が挙がっているのは、昨夏も噂に上ったウナイ・エメリ(セビージャ)。
ベルルスコーニ・オーナーの良き助言者であるアリーゴ・サッキの推薦もあって、リストの上位にいることは間違いない。
他には、ヴィンチェンツォ・モンテッラ(フィオレンティーナ)、シニシャ・ミハイロビッチ(サンプドリア)も候補。 一時有力とされたジョルジ・ジェズス(ベンフィカ)は、考え方がミランのポリシーと合わないという判断で、リスト上の順位が下がっているようだ。
戦力面については、テチャウボン氏のパートナーである投資ファンド「ドイエンスポーツ」が保有権を持つ選手を無償で貸し出すという形で、強化に協力するという構想も持ち上がっている。
それに関連して、ラダメル・ファルカオ(マンチェスター・ユナイテッド)という大物の名前も挙がっているが、ベルルスコーニ・オーナーの意中の選手はズラタン・イブラヒモビッチである。
今シーズン限りでパリ・サンジェルマンを去る可能性が噂されているイブラヒモビッチだが、もし年俸の大幅ダウンを受け入れるのなら、 3シーズンぶりのミラン復帰も現実味を帯びてくるだろう。
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
SOCCER DIGEST Web
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150506-00010004-sdigestw-socc

続きを読む

本田圭佑の逆オファーに伊メディアが反応・・・「ミランでの3年半ほとんど納得させなかったトップ下からのアピール」


自身のツイッターで古巣ミランにメッセージも現地メディアの反応は冷ややか
元日本代表FW本田圭佑は自身のツイッターで、古巣でイタリア・セリエAの名門ACミランに逆オファーを行ったが、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、「3年半ほとんど納得させなかった」と手厳しく振り返っている。
本田は現在リーグ開幕6戦して2勝4敗と苦しみ、マルコ・ジャンパオロ監督の解任論も噴出しているミランの公式アカウントに向け、英語で「いつでも助けたいと思っていた。必要とする時には呼んでくれ」と逆オファーを展開した。
それを受け、記事では先日にイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドに同様の逆オファーを行ったことも紹介。
しかし、本田については「(ミラン在籍の)3年半ほとんど納得させなかったトップ下からのアピール」と手厳しく記している。 本田は2014年1月から17年6月の所属で、92試合出場11ゴールだった。
また、本田の現状については「33歳で選手としての所属クラブはないが、1年間カンボジア代表の監督をしている」としている。
ミラン在籍時には「パンキナーロ(ベンチ要員)」や「マーケティング・マン」といった厳しい称号を本田に与えてきたイタリアメディアだが、ツイッター上での逆オファーにも反応は冷ややかなものになっていた。(Football ZONE web編集部)
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17164377/

続きを読む

【悲報】ミランがヤバい!今季年間チケット購入者が10年間で「65.8%」も減少

名門の凋落ぶりを示す衝撃の数字 81-82シーズン以来の少なさと伊紙が報じる
日本代表FW本田圭佑の所属するACミランが、歴史的な不人気に苦しんでいることが明らかになった。
前節の本拠地サッスオーロ戦では、1-3の状況から3連続ゴールを奪い4-3と大逆転勝利を収めたが、今季の年間チケット購入者はわずか1万2767人であることが明らかになった。
イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、「ミラン、痛恨」と報じている。
3年連続で欧州カップ戦の出場権を逃すなど低迷するミランだが、本拠地サンシーロの入場者数も危機的な状況を迎えている。
年間チケット購入者が1万2767人という数字であることが判明し、これは1981-82シーズン以来の少なさで、10年間で65.8%も減少したという。
ちなみにJリーグの浦和レッズでは、今季約1万9000人が年間チケットを購入しており、欧州屈指の名門であるはずのミランは、サポーターの支持に関しては浦和にも負ける体たらくぶりとなった。
本田はサッスオーロ戦で、主将のMFリッカルド・モントリーボが交代した際にサポーターが浴びせかけたブーイングに対して苦言を呈した。
日本代表のトレーニング後には、「日本では基本的にブーイングがない。ミランではそれがありすぎる。そして、それがダメだと思っている。
負けている試合では、彼らは完全に見放す。そこに愛情は感じられない。
だけど、勝てばアッという間に家族に戻る。結局、数字の問題だけなのか。これはミランだけでなくイタリア全体がそう。結果にだけしか興味を持たない」と語ったことが、イタリアメディアでも報じられた。
本田ら“格安補強路線”失敗への怒りが増幅
ミランサポーターが不甲斐ない戦いを続けるチームに対して、根強い不満を抱えているのは明らかだ。
近年の経営難により、アドリアーノ・ガリアーニCEOは本田らを移籍金ゼロで獲得する“格安補強路線”を続けてきたが大失敗。
かつての栄光の面影もない現状に、サポーターのクラブ幹部への怒りは膨れ上がっている。
本田が発したブーイングに関する苦言に対して、地元サッカーメディアでは一部のサポーターが理解を示す声を上げていたが、
今季開幕後全試合スタメン落ちで、出場時間わずか19分の10番こそが「ブーイングされるにふさわしい存在」など、厳しい意見が相次いでいた。
今季就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督の下、ピッチ上では復活の気配を見せるミラン。
目に見える結果を残し、減少の一途を辿るサポーターの支持を取り戻したいところだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00010004-soccermzw-socc
Football ZONE web 10月8日(土)11時19分配信
http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表
http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング






https://www.1101.com/francorossi/images/090527/LEONARDO1.jpg

続きを読む