ミラン

ミラン本田、ますます窮地に。監督からの信頼なく、ライバル達がゴール決める

ミランの本田圭佑がますます窮地に追い込まれている。
イタリア・セリエA第2節が現地時間の27日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでナポリと対戦し2-4と敗北を喫した。
この試合でも出場なしに終わった本田は開幕2試合連続で出番なしとなった。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は4-3-3の右ウイングとしては本田に対して信頼を寄せておらず、一貫してスソとエムバイェ・ニアンをウイングに起用している。
さらにナポリ戦ではニアンは左サイドからドリブル突破し角度のないところから見事にGKの足元を撃ちぬくゴールを決めた。 一方でスソもバイタルエリアからゴール左上隅に叩きこみチームを2-2の同点まで導いた。
結果的に2-4で敗れたミランだが、攻撃陣のプレーはポジティブな要素が多く見られていた。
唯一ニアンが終盤に退場したことで、次節本田には左ウイングとして出番が回ってくる可能性が浮上している。
現在はスソ、ニアンに次ぐウイング3番手に甘んじている本田。新加入のホセ・ソサはセンターハーフもウイングもこなすことができる。
また、モンテッラ監督はボナベントゥーラをウイングに上げてソサをセンターハーフに起用するプランも持っており、さらに序列が下がる可能性が予想されている。
次節ニアン不在のミランで確かな存在感を示すことができるのか。本田は正念場を迎えている。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160828-00010008-footballc-socc
フットボールチャンネル 8月28日(日)6時12分配信

続きを読む

伊紙「ジェノア戦は本田の運命を決める一戦!スタメンの可能性!」→後の報道でベンチスタート予想に

本田に先発のチャンス!“新システム”のキーマン!!伊メディア「運命決める」

ゲキサカ 3/17(金) 22:38配信
ミランの日本代表FW本田圭佑に絶好のチャンスが巡ってくるようだ。
今季のこれまでのリーグ戦の出場は、わずかに5試合で95分間にとどまっている本田は、12試合出場から遠ざかっている。 しかし怪我人の続出により、18日のジェノア戦の先発出場が検討されているという。 クラブはインフルエンザと発表したが、問題ないようだ。
『カルチョメルカート』は「ジェノア戦は本田の運命を決める一戦」になるとして記事を掲載。
右FWのスソとMFジャコモ・ボナベントゥーラが負傷欠場。
CFWのカルロス・バッカが出場停止。
『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などではFWジャンルカ・ラパドゥーラの先発が予想されているが、 『カルチョメルカート』はラパドゥーラが筋肉系のトラブルがあると報じている。
そこで本田が起用されるという訳だ。
FWジェラール・デウロフェウ、MFルーカス・オカンポスとの3トップが予想されるが、
3人ともストライカーではないため、ゼロトップになる見込み。
本田が“新システム”のキーマンになるはずだ。
本田が先発すれば、昨年10月25日のジェノア戦以来で、5か月ぶり。
今季2度目となるであろうチャンスを生かすことができれば、W杯アジア最終予選を戦う日本代表にも弾みがつくはずだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637850-gekisaka-socc

続きを読む

ベルルスコーニ体制に幕!ミラン、ついに中国資本への売却を発表!

イタリア・セリエAのミランがついに中国資本への売却を発表した。5日、ミランの親会社である『フィニンヴェスト』が発表した。
ミランは近年シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が財政難からクラブ売却を目指していた。
昨季タイ人資本家ビー・テチャウボン氏への株式売却で合意したが、結局売却は実現しなかった。
今回ミランの買収で合意した中国コンソーシアムは個人投資家が保有する株式を除く株式93.93%を7億4000万ユーロ(約833億円)で買収するとみられている。
今夏の移籍市場へ資金投入を間に合わせるため、急ピッチで手続きを進める見込みだ。
買収の全ての手続き終了は12月末と予想されている。1986年にシルビオ・ベルルスコーニ氏が買収してから30年間が経ったミラン。
チャンピオンズリーグ優勝7回、セリエA優勝18回とバルセロナに次ぐ国際大会タイトルホルダーである名門は中国資本によって復権を果たすのだろうか。
2016年08月05日(Fri)20時59分配信

ミラン、ついに中国資本への833億円で売却を発表。30年のベルルスコーニ体制に幕



ガゼッタ・デ・スポルト紙 Milan cinese: investimenti da 350 milioni. Subito per il mercato solo 15
http://www.gazzetta.it/Calcio/Serie-A/Milan/05-08-2016/milan-cinese-investimenti-350-milioni-subito-il-mercato-solo-15-160608537030.shtml

続きを読む

「『俺がミランを復権させた』とすべてのイタリア人に胸を張れるぐらいになりたい!」by本田圭佑

数か月前とは状況がまるで違う。
埼玉合宿中の日本代表に1日遅れて合流したFW本田圭佑(ミラン)は別メニューで調整した練習後、報道陣の取材に応じ、「だいぶ久しぶりなので、選手たちともお互いに考えていることを共有できればいいなと思う」と、約4か月ぶりとなる代表活動を楽しんでもいるようだった。
昨年11月の代表活動の時期はミランでベンチスタートが続いていた。
スタメンを勝ち取ったのは昨年12月20日のフロジノーネ戦からで、以降、公式戦17試合連続で先発出場を続けている。
「いつか自分の力が必要になる」。
その言葉どおり今ではシニシャ・ミハイロビッチ監督からも絶大な信頼を寄せられている本田は「最低限、そこは有言実行しないといけないことだと思っていた」と淡々と話す。
ミランの背番号10としてスタメンに定着する。しかし、それだけで満足することはなかった。
「チーム内の競争には勝てたけど、ミランの復権というレベルにまでは至っていない。 『俺がミランを復権させた』とすべてのイタリア人に胸を張れるぐらいになりたいけど、まだその領域ではない」
コッパ・イタリアでは決勝進出を決めたものの、セリエAでは最近3試合勝ちなし(2分1敗)。
順位も6位と、来季の欧州CL出場権争いに絡めていない。
「代表で結果を出して、ミランに戻ってから1勝でも多くの勝利に自分が関われるようにやっていきたい。 でも、ミランはなかなか複雑なクラブなので」。そう言って思わず苦笑いを浮かべていた。
ゲキサカ 3月22日(火)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-01625703-gekisaka-socc

続きを読む