メッシ

「メッシvsクリロナ」ついに決着?スーパーコンピュータが分析した結果・・・

1試合で起きる平均動作1600回の価値を計算、試合における貢献度をスコア化

現代サッカーの2大スターであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を巡り、約10年にわたってどちらが優れているかの議論が多くの人の間で繰り広げられてきた。白黒をつけるには難しいテーマだが、スーパーコンピュータによる解析でこの論争に終止符が打たれるかもしれない。英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えている。
2人の実力は誰もが認めるところで、実績を見てもどちらが優れているのかをはっきりさせるのは非常に難しい。バロンドール賞の受賞回数は歴代最多の5回で並び、メッシはバルセロナ、ロナウドは古巣レアル・マドリードでそれぞれクラブ歴代最多得点を保持している。
そんななか、ベルギーのコンピュータサイエンティストらは、2人のどちらが勝っているかを決める“決定的な公式”を発見したようだ。
ベルギーメディア「Sporza」によると、ルーベン・カトリック大学の教授らとオランダのスポーツ・アナリティクス企業であるSciSports社がタッグを組み、「確率評価によるアクションの評価(VAEP)」というスコアをはじき出す公式を見つけ出したとのこと。このスコアは、試合における選手らを総合的に、かつ、ピッチでの攻撃的役割と守備的役割、両面での貢献度を考慮したものとなっている。
ルーベン・カトリック大学のジェシー・デイビス教授は、「サッカー選手の価値はしばしば、ゴールとアシストにより決められる。しかしながら、1試合のなかで平均推定1600回の動作が行われていることを考えれば、ゴールという事象が起こるのは非常にまれ。我々のセオリーでは、シュート、パス、ドリブル、タックルなど、動作一つひとつに目を向け、その価値を計算する」と説明している。
解析結果は歴然、明確な数値差 「非常に多くの動作を行ううえに、その価値が非常に高い」
では、実際の解析結果はどうだったのだろうか?
デイビス教授らは、2013-14シーズンから、ロナウドがシーズン終了後にレアル・マドリードを退団した2017-18シーズンまでのデータを解析。その結果、メッシのVAEPスコアは1試合につき1.21なのに対し、ロナウドは0.61と低く、答えは歴然だった。
博士号を持ち、今回のリサーチを手伝ったトム・デクルース氏によると、最初の数シーズンのメッシとロナウドのVAEPスコアの数値は非常に近かったとのこと。しかし、2015-16シーズン以降はメッシが引き離していったそうだ。さらに現在、世界最高とされる選手らとメッシの違いを、デクルース氏はこう説明している。
「ほとんどのサッカー選手は、二つに分類される。例えば、(マンチェススター・ユナイテッド/フランス代表MF)ポール・ポグバのような、多くの動作を行うものの、その(動作の)価値はあまり高くない選手、または、(トットナム/イングランド代表FW)ハリー・ケイン、(リバプール/エジプト代表FW)モハメド・サラー、ロナウドのような、ボールに触る機会は少ないが、大きなインパクトを残す選手だ。しかし、メッシはこの部分で並外れている。非常に多くの動作を行ううえに、その価値が非常に高い」
スーパーコンピュータの分析ではメッシに軍配が上がった。果たして、この結果が“メッシvsロナウド論争”で一翼を担うことになるのだろうか。
8/22(木) 9:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00212049-soccermzw-socc

続きを読む

メッシもクリロナのようにイタリアに移籍すべき?


ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中でバルセロナに所属するライバルFWリオネル・メッシについて言及した。
レアル・マドリーを退団し、今シーズンからユヴェントスに加入したC・ロナウドはすでに新天地に馴染み、公式戦で11ゴール7アシストを記録するなど活躍を見せる。
ポルトガル人のスーパースターは、セリエAでの新たな冒険に満足している。
「ここにいられて非常に幸せだ。(トリノは)とても素敵な街だし、サポーターも非常に親切だ。ユヴェントスは驚くほどの組織を持ち、最高のクラブだよ。
選手たちは謙虚だし、非常にトレーニングに打ち込んでいる。今のところ、本当に好印象を抱いているよ。マドリードでも選手たちは謙虚だったが、
ここの選手たちはさらに謙虚に見える。ここはマドリードとはかなり違った印象で、より家族的な感じだね」
C・ロナウドは9年間にわたってスペインで戦い、バルセロナのメッシとは様々なタイトルを懸けて競い合ってきた。
イタリアでは長年のライバルとの対決がないことから、「寂しさを感じるか」と問われると否定した。
「いや、むしろ彼の方が寂しがっているかもね。僕はイギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、それに代表でもプレーしてきた。
一方で彼はずっとスペインだからね。もしかしたら、彼の方が僕を必要としているかもね…僕にとって人生は挑戦さ。それに僕は皆を幸せにすることが好きなんだ」
「彼がいつかイタリアへ来てくれたら僕も嬉しいよ。僕と同じように挑戦を受けて欲しい。だがもしあそこ(バルセロナ)で幸せならば、リスペクトするつもりだ。
彼は最高の選手だし、素晴らしい青年だ。だが僕はここで何も不自由していないし、これが僕の新たな人生なんだ。幸せだよ」
12/11(火) 6:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000040-goal-socc

続きを読む

「私はマラドーナがメッシより上だと感じている」by神様・ジーコ


元日本代表監督ジーコ氏が海外メディアに持論「未だにマラドーナがメッシより上」
現在のサッカー界において、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)と並び、世界NO1選手の呼び声高いリオネル・メッシ(バルセロナ)。
その評価は現代を飛び越え、歴史上のレジェンドと比較される域に突入しているが、元日本代表監督のジーコ氏はマラドーナ、ペレにはまだ及ばないと語ったという。英スポーツメディア「オムニスポーツ」に明かしている。
往年のブラジルの神様が、現代のアルゼンチンの至宝について口を開いた。「オムニスポーツ」に語ったインタビューでは、メッシをアルゼンチンとブラジルのレジェンドを比較し、持論を展開している。
「メッシはマラドーナに近い。つまり、私の意見だが、彼はペレと比較できない。未だに私はマラドーナがメッシより上だと感じている。ペレとではなく。ペレはサッカー選手に必要な全ての質と特徴を兼ね備えていた」
このように語り、メッシはまだマラドーナに及ばず、ペレとは比較もできないと言及。その上でリアルタイムで感じてきたペレの凄さについて語っている。
「神は彼(ペレ)を作った時、フットボーラーに必要なもの全てを与えた。スピード、強さ、勢い、テクニック、キック能力、ヘディング、ドリブル――その全て、選手が持ちうるもの全てだ」
「彼のようにヘディングできるものは少数だ。彼は170センチだ。基礎は完璧。ボールさばきとヘディングに精通していた。あらゆる方法で向上していた。ある選手から想像できること全てをペレはやっていた」
ジーコ氏が挙げた“メッシにまだ足りないもの”とは
上背は決してなかったが、サッカー選手として欠点がなかったことを強調。その上でメッシについて「ほぼ全てを持っているが、ペレが持っているワールドカップタイトルを持っていない。これは大きい」と指摘している。
「なぜなら、我々の時代のようにマラドーナも常に選手を背負ってプレーしていた。マラドーナはメッシと同様にクラブに多くをもたらし、アルゼンチン代表にも寄与した。マラドーナは世界王者だ」
「マラドーナは大きな大会で常に活躍していた。アルゼンチン代表が今のようなヨーロッパのビッグクラブの多くのスターがいる本命チームではない頃にね」
このように語り、ペレ、マラドーナの代表チームに対する貢献度の差を強調。さらに「(マラドーナは)メッシが現在バルセロナでプレーしているようなチームではプレーしてないと思う。彼にはピケもイニエスタもスアレスもシャビもネイマールもいなかった」と孤軍奮闘したかつてのアルゼンチンの10番を持ち上げていた。
現代では世界NO1選手の呼び声の高いメッシだが、ブラジルの英雄であるジーコ氏の目にはまだ足りないものあると映っているようだ。
2019.01.04 THE ANSWER
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00048087-theanswer-socc

続きを読む

メッシ、2年間出場停止の可能性!?


アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ(32)が2年間の出場停止処分を受ける可能性が浮上した。7日にスペイン紙アス(電子版)が報じた。
メッシは2―1でチリに勝利した6日の南米選手権3位決定戦で前半途中に一発退場。試合後に南米サッカー連盟と審判団を猛批判した。「我々はこの腐敗に関与すべきではない。今大会期間中、我々に対するリスペクトが欠けていた。もっと良い結果が出せたはずだが、彼らのせいで決勝に進めなかった。腐敗と審判が、ファンから楽しみを奪っているし、サッカーをダメにしている。ブラジルが優勝するよう既に仕組まれていると思う」などと話し、3位表彰式の出席を拒否していた。
南米サッカー連盟はすぐに「南米選手権の名誉を傷付ける、真実を欠いた根拠のない非難は受け入れられない」などと反論する声明を発表。メッシの一連の批判は公式の取材エリアであるミックスゾーンで話しており、南米サッカー連盟に対する侮辱行為を禁ずる規定に違反する可能性が高い。今後検討される処分ではアルゼンチン代表で最長2年間の出場停止となる可能性があるという。その場合は来年にアルゼンチンとコロンビアで共催される南米選手権、2022年W杯カタール大会の南米予選に出場できなくなる。
7/8(月) 18:13配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000199-spnannex-socc

続きを読む

メッシさん、コパ敗退はブラジルの審判買収と爆弾発言!?

「僕は表彰式には出なかった。なぜならこの大会の汚職の一部である必要はないからだ。僕らに対するリスペクトが欠けている!」
「審判のせいで僕たちは決勝進出できなかった!」
「僕はいつだって正しい!いつだって正直だ!」
「この大会はブラジルが優勝することが決まってる!ブラジルは審判買収してるからペルーが可哀想だけどね!」


続きを読む

【動画】メッシ激おこ!表彰式への登壇拒否!

そりゃキレるわな
退場処分に怒りのメッシ、表彰式への登壇拒否 「腐敗した大会の一員でいたくない」
チリに2-1と勝利も…前半にメデルと小競り合いを起こし一発退場
コパ・アメリカ3位決定戦が現地時間6日に行われ、アルゼンチンがチリに2-1で勝利した。しかし、それ以上に物議を醸しているのは、前半途中に起きたFWリオネル・メッシとDFガリー・メデルへの一発レッドなど審判団の判定だ。14年ぶり2度目となる退場処分を受けたメッシは、怒りのあまり表彰式への登壇を拒否。スペイン紙「マルカ」によると、「こんな腐敗した大会の一員でいたくない」と怒り心頭だったという。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00201951-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】アルゼンチン代表メッシ、試合終了の行為が賛否両論に・・・


コパ・アメリカ(南米選手権)は現地時間2日に準決勝が行われ、アルゼンチンは開催国ブラジルに0-2で敗れて涙を呑んだ。アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシはまたもや代表でのタイトルを逃したが、ブラジルメディアは試合直後のメッシの“唾吐き”を捉えて動画を公開すると、賛否両論となっている。
アルゼンチンは前半19分にブラジルFWガブリエウ・ジェズスに先制点を奪われると、後半26分にはジェズスに崩されてFWロベルト・フィルミーノに痛すぎる2点目を献上。メッシのシュートもポストに嫌われるなどゴールを奪えず、宿敵に0-2と敗れた。
憮然とピッチに立ち尽くすメッシの元にブラジルの選手が握手をかわしに集まるなか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」公式ツイッターは相手の歓喜の横で、メッシがピッチに唾を吐く瞬間を公開。「メッシはピッチに唾を吐き、大いに批判される」と一言据えると、ファンからは「メッシ<ロナウド」とライバルであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの比較を行う声が上がった一方で、「唾を吐くのは禁じられている?」とその悔しさをおもんぱかる意見もあった。
スペイン紙「マルカ」は、「メッシ、チームも…幸運なし」と見出しを打ち、「レオ(メッシ)は問題ではない。アルゼンチンには今日、イニシアチブを握れるプレーヤーがいなかったことを認めなければならない。それは悲しい現実だ」と分析している。
これまでも代表でタイトルを獲れない点を指摘されてきたメッシだが、今回のコパ・アメリカ準決勝敗退はまた議論を過熱させることになりそうだ。
7/3(水) 12:07 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00201097-soccermzw-socc

続きを読む

メッシ、ついに移籍へ!?バルサからの契約延長の打診を断る!

サッカースペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシがクラブからの契約延長の打診を断ったという。14日のスペイン紙マルカが伝えているもので、現契約満了後の2018年夏に新天地に移る可能性が示唆されている。
記事によると、メッシは休暇を過ごしていた今年7月、契約満了を待って去就を決める意向をクラブに伝えたという。現契約はメッシが27歳だった14年5月に結ばれたもので18年6月に終了する。通常契約終了の1年前に新契約が結ばれることが多い状況で、通算8回目となるメッシのバルセロナとの契約延長が棚上げされたかたちになっている。
バルセロナは選手側に再考を求めているが、これまで両者が改めて話し合いを持つ場はないとしている。マルカ紙では一連の流れは脱税により行われた裁判の影響があるとしている。
メッシが新天地を求める場合、現地点で最有力視されるのがマンチェスター・シティー(イングランド)だ。グアルディオラ監督、選手時代に浦和レッズでもプレーしたベギリスタイン氏、ソリアーノ氏とバルセロナ出身の人材が現場、強化部、フロントでそれぞれ責任者を務めていることが理由として挙げられる。
グアルディオラ監督は「メッシがキャリアをバルサで終えるのを願っている。でももしかしたらいつか気持ちが変わるかもしれない」とわずかながらも引き抜きの希望を持っていることをほのめかしており、ソリアーノGMも「彼が決めることだが、もし彼が連絡をくれればこちらとしてはすぐに門戸を開く」といつでも受け入れる体制にあるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000085-dal-socc

続きを読む