メッシ

メッシさん、試合前に20回もトイレに行ってる模様w


マラドーナ、メッシの性格を問題視「彼を神格化しちゃいけない。試合前20回トイレに行き、いつもプレイステーションしてる」
これまでメッシに対しての敬意を基本的に欠くことがなかったマラドーナ氏。しかしメキシコ『ラ・ウルティマ・パラブラ』とのインタビューでは、
メッシがフットボールの選手として、性格に問題があることを指摘している。
「彼のことは神格化しない方がいい。彼はチームメートと話すよりもプレイステーションで遊ぶことを優先する。私にとって、彼と話をする
ことは難しい。試合前に20回はトイレに行く男を率いるのは、じつに難しいことだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00010009-goal-socc

続きを読む

史上最多6度目!メッシ、FIFA年間最優秀選手受賞!


現地時間23日、イタリア・ミラノで国際サッカー連盟(FIFA)による2019年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の授賞式が行われ、男子最優秀選手にバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれた。
メッシは昨季公式戦50試合で51得点を挙げる活躍を見せ、リーガエスパニョーラで自身10度目の優勝と15度目の得点王に輝いた。またチャンピオンズリーグ(CL)でも得点王となった。2009年に初めて同賞を獲得したメッシは2010年、2011年、2012年、2015年そして今回で6度目となりクリスティアーノ・ロナウドの5回を超え史上最多となった。
なおユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクも最終候補に選ばれていた。
9/24(火) 5:20フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339655-footballc-socc

続きを読む

メッシ、バルサのチームメイトから嫌われる・・・


バルセロナのロッカールーム内に問題が浮上しているようだ。エースのFWリオネル・メッシに対し、3選手が会話を拒否しているとスペイン『ドン・バロン』が報じている。
原因となったのはFWネイマールの移籍交渉だという。バルセロナはパリSG退団を希望するブラジル代表FWに手を差し伸べ、今夏の復帰実現に向けて積極的に動いていた。
一時は2億ユーロ(約236億円)の移籍金に加え、DFサムエル・ウムティティ、MFイバン・ラキティッチ、FWウスマン・デンベレを1年間レンタルさせることで合意に達したと報道されたが、最終的に契約には至らず。3選手の中で誰もパリSG行きを望んでいなかったようだ。
そして移籍市場の閉幕後に残ったのは、3選手のバルセロナに対する不満だった。同紙によると、3選手は今回の移籍交渉でクラブに裏切られたと感じ、特にネイマール復帰を熱望していたとされるメッシには不快感を覚えているという。
リーガ・エスパニョーラ第3節終了時点で1勝1分1敗(勝ち点4)の8位と、ただでさえ波に乗り切れていないバルセロナ。同紙はロッカールーム内の平穏を取り戻すため、メッシがチームメイトを軽視したことを謝罪しなければならないと指摘している。
9/9(月) 18:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-43471480-gekisaka-socc

続きを読む

「メッシvsクリロナ」ついに決着?スーパーコンピュータが分析した結果・・・

1試合で起きる平均動作1600回の価値を計算、試合における貢献度をスコア化

現代サッカーの2大スターであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を巡り、約10年にわたってどちらが優れているかの議論が多くの人の間で繰り広げられてきた。白黒をつけるには難しいテーマだが、スーパーコンピュータによる解析でこの論争に終止符が打たれるかもしれない。英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えている。
2人の実力は誰もが認めるところで、実績を見てもどちらが優れているのかをはっきりさせるのは非常に難しい。バロンドール賞の受賞回数は歴代最多の5回で並び、メッシはバルセロナ、ロナウドは古巣レアル・マドリードでそれぞれクラブ歴代最多得点を保持している。
そんななか、ベルギーのコンピュータサイエンティストらは、2人のどちらが勝っているかを決める“決定的な公式”を発見したようだ。
ベルギーメディア「Sporza」によると、ルーベン・カトリック大学の教授らとオランダのスポーツ・アナリティクス企業であるSciSports社がタッグを組み、「確率評価によるアクションの評価(VAEP)」というスコアをはじき出す公式を見つけ出したとのこと。このスコアは、試合における選手らを総合的に、かつ、ピッチでの攻撃的役割と守備的役割、両面での貢献度を考慮したものとなっている。
ルーベン・カトリック大学のジェシー・デイビス教授は、「サッカー選手の価値はしばしば、ゴールとアシストにより決められる。しかしながら、1試合のなかで平均推定1600回の動作が行われていることを考えれば、ゴールという事象が起こるのは非常にまれ。我々のセオリーでは、シュート、パス、ドリブル、タックルなど、動作一つひとつに目を向け、その価値を計算する」と説明している。
解析結果は歴然、明確な数値差 「非常に多くの動作を行ううえに、その価値が非常に高い」
では、実際の解析結果はどうだったのだろうか?
デイビス教授らは、2013-14シーズンから、ロナウドがシーズン終了後にレアル・マドリードを退団した2017-18シーズンまでのデータを解析。その結果、メッシのVAEPスコアは1試合につき1.21なのに対し、ロナウドは0.61と低く、答えは歴然だった。
博士号を持ち、今回のリサーチを手伝ったトム・デクルース氏によると、最初の数シーズンのメッシとロナウドのVAEPスコアの数値は非常に近かったとのこと。しかし、2015-16シーズン以降はメッシが引き離していったそうだ。さらに現在、世界最高とされる選手らとメッシの違いを、デクルース氏はこう説明している。
「ほとんどのサッカー選手は、二つに分類される。例えば、(マンチェススター・ユナイテッド/フランス代表MF)ポール・ポグバのような、多くの動作を行うものの、その(動作の)価値はあまり高くない選手、または、(トットナム/イングランド代表FW)ハリー・ケイン、(リバプール/エジプト代表FW)モハメド・サラー、ロナウドのような、ボールに触る機会は少ないが、大きなインパクトを残す選手だ。しかし、メッシはこの部分で並外れている。非常に多くの動作を行ううえに、その価値が非常に高い」
スーパーコンピュータの分析ではメッシに軍配が上がった。果たして、この結果が“メッシvsロナウド論争”で一翼を担うことになるのだろうか。
8/22(木) 9:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00212049-soccermzw-socc

続きを読む

メッシもクリロナのようにイタリアに移籍すべき?


ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中でバルセロナに所属するライバルFWリオネル・メッシについて言及した。
レアル・マドリーを退団し、今シーズンからユヴェントスに加入したC・ロナウドはすでに新天地に馴染み、公式戦で11ゴール7アシストを記録するなど活躍を見せる。
ポルトガル人のスーパースターは、セリエAでの新たな冒険に満足している。
「ここにいられて非常に幸せだ。(トリノは)とても素敵な街だし、サポーターも非常に親切だ。ユヴェントスは驚くほどの組織を持ち、最高のクラブだよ。
選手たちは謙虚だし、非常にトレーニングに打ち込んでいる。今のところ、本当に好印象を抱いているよ。マドリードでも選手たちは謙虚だったが、
ここの選手たちはさらに謙虚に見える。ここはマドリードとはかなり違った印象で、より家族的な感じだね」
C・ロナウドは9年間にわたってスペインで戦い、バルセロナのメッシとは様々なタイトルを懸けて競い合ってきた。
イタリアでは長年のライバルとの対決がないことから、「寂しさを感じるか」と問われると否定した。
「いや、むしろ彼の方が寂しがっているかもね。僕はイギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、それに代表でもプレーしてきた。
一方で彼はずっとスペインだからね。もしかしたら、彼の方が僕を必要としているかもね…僕にとって人生は挑戦さ。それに僕は皆を幸せにすることが好きなんだ」
「彼がいつかイタリアへ来てくれたら僕も嬉しいよ。僕と同じように挑戦を受けて欲しい。だがもしあそこ(バルセロナ)で幸せならば、リスペクトするつもりだ。
彼は最高の選手だし、素晴らしい青年だ。だが僕はここで何も不自由していないし、これが僕の新たな人生なんだ。幸せだよ」
12/11(火) 6:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000040-goal-socc

続きを読む

「私はマラドーナがメッシより上だと感じている」by神様・ジーコ


元日本代表監督ジーコ氏が海外メディアに持論「未だにマラドーナがメッシより上」
現在のサッカー界において、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)と並び、世界NO1選手の呼び声高いリオネル・メッシ(バルセロナ)。
その評価は現代を飛び越え、歴史上のレジェンドと比較される域に突入しているが、元日本代表監督のジーコ氏はマラドーナ、ペレにはまだ及ばないと語ったという。英スポーツメディア「オムニスポーツ」に明かしている。
往年のブラジルの神様が、現代のアルゼンチンの至宝について口を開いた。「オムニスポーツ」に語ったインタビューでは、メッシをアルゼンチンとブラジルのレジェンドを比較し、持論を展開している。
「メッシはマラドーナに近い。つまり、私の意見だが、彼はペレと比較できない。未だに私はマラドーナがメッシより上だと感じている。ペレとではなく。ペレはサッカー選手に必要な全ての質と特徴を兼ね備えていた」
このように語り、メッシはまだマラドーナに及ばず、ペレとは比較もできないと言及。その上でリアルタイムで感じてきたペレの凄さについて語っている。
「神は彼(ペレ)を作った時、フットボーラーに必要なもの全てを与えた。スピード、強さ、勢い、テクニック、キック能力、ヘディング、ドリブル――その全て、選手が持ちうるもの全てだ」
「彼のようにヘディングできるものは少数だ。彼は170センチだ。基礎は完璧。ボールさばきとヘディングに精通していた。あらゆる方法で向上していた。ある選手から想像できること全てをペレはやっていた」
ジーコ氏が挙げた“メッシにまだ足りないもの”とは
上背は決してなかったが、サッカー選手として欠点がなかったことを強調。その上でメッシについて「ほぼ全てを持っているが、ペレが持っているワールドカップタイトルを持っていない。これは大きい」と指摘している。
「なぜなら、我々の時代のようにマラドーナも常に選手を背負ってプレーしていた。マラドーナはメッシと同様にクラブに多くをもたらし、アルゼンチン代表にも寄与した。マラドーナは世界王者だ」
「マラドーナは大きな大会で常に活躍していた。アルゼンチン代表が今のようなヨーロッパのビッグクラブの多くのスターがいる本命チームではない頃にね」
このように語り、ペレ、マラドーナの代表チームに対する貢献度の差を強調。さらに「(マラドーナは)メッシが現在バルセロナでプレーしているようなチームではプレーしてないと思う。彼にはピケもイニエスタもスアレスもシャビもネイマールもいなかった」と孤軍奮闘したかつてのアルゼンチンの10番を持ち上げていた。
現代では世界NO1選手の呼び声の高いメッシだが、ブラジルの英雄であるジーコ氏の目にはまだ足りないものあると映っているようだ。
2019.01.04 THE ANSWER
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00048087-theanswer-socc

続きを読む