リオ五輪

リオ五輪・日本代表手倉森監督「とにかく初戦。ナイジェリア戦を取るか取らないかで、メダルを取れるか取れないかを占える」

耐えて勝つ。リオデジャネイロ五輪サッカー男子日本代表の手倉森誠監督(48)が18日までに日刊スポーツなどのインタビューに応じ、8月4日に開幕する夢舞台への戦略を語った。欧州選手権を粘って初制覇したポルトガルを参考に、48年ぶりのメダル獲得を目指す。DF室屋成(22=東京)も負傷から返り咲いた代表への思いを語った。チームは今日19日から千葉県内で国内最終合宿を実施。21日に直前合宿地のブラジル・アラカジュへ出発する。
1日に決まった五輪戦士が、1人も離脱することなく発表後のJリーグを終えた。過去20回の国内外合宿は負傷によるメンバー変更の連続だったが、ついにゼロ。今日19日から、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠のFW興梠、DF藤春、塩谷が初めて23歳以下のチームに合流する。
「OAは軸だけど、絶対的レギュラーと決めつけたくない。彼らには、とけ込む覚悟がある。『俺たちがやんなきゃ!』と気負って合流してきても、歯車の回転のスピードが違ったら元も子もなくなる。3人なら大丈夫だと思うし、うまく融合できれば何か大きなことが起きる気がするね」
1次リーグの初戦は、8月4日(日本時間5日)のナイジェリア戦。ここに、まずピーキング(状態を最高にする調整)を持ってくる。
「とにかく初戦。ナイジェリア戦を取るか取らないかで、メダルを取れるか取れないかを占える。燃え尽きてもいけないけど、準備した全部を注ぎ込む覚悟」
貫くスタンスは「耐えて勝つ」だ。ボール保持率50%を下回りながら優勝したアジア最終予選の戦法を洗練する。参考は、タレントぞろいでも粘って欧州選手権を制したポルトガルだ。
「ポルトガルは勝ち切れなかった(3分けで1次リーグ3位通過)けど、耐え忍んだ。あの姿を見て、自分が考えていた『耐えて勝つ』がトレンドだと確信したし、優勝すると予想したら当たって運を使っちゃったけど…。ともかくナイジェリア戦で耐え、勝っても『俺たち強い』と思わず、次も、その次も我慢する」
日本の再浮上も担う。就任した14年はA代表がW杯で敗れ、世代別はU-16、19、21代表がアジアで準々決勝敗退。15年はA代表がアジア杯8強、今年は女子がリオ五輪出場を逃した。
「いま考えると、最終予選は相当な重圧だったね(笑い)。途切らせる可能性があったことを考えればゾッとするけど、あらためてリオに行けて良かったなと思うし、本当に貴重だと思えてくる。(48年ぶりのメダル獲得を目指す戦いは)日本の発展に対して、ものすごく重要な大会になる」
前評判では最終予選敗退もささやかれた代表に、怖いものはない。【木下淳】

日刊スポーツ7月19日 7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000021-nksports-socc

続きを読む

母校を訪れたリオ五輪代表・藤春が「海外行きたい宣言」!見た目も教師みたいになってるwww



続きを読む

【リオ五輪】金子達仁「日本の全敗もあれば全勝もある!」

バルセロナからメッシ、ネイマール、スアレスがいなくなったらどうなるか。あるいは、レアル・マドリードからクリロナ、ベンゼマ、ベイルがいなくなったら。 もはや別のチームである。
五輪サッカーは、だから難しい。これがW杯であれば、予選での戦いから本大会でのシステムなり実力なりを占うのは決して不可能ではない。
突如として17歳の天才児が現れる、などということがない限り、チームの戦力はそんなに変わるものではないからだ。
ところが、五輪サッカーでは3人のオーバーエージ枠が設けられている。
言ってみれば3人の助っ人が加わるわけで、チームは、予選の時とはほぼ別物になっている可能性もある。よって、五輪サッカーの勝敗を占うのは、W杯よりはるかに難しいものなのだ。
大きな大会が行われる際、わたしはブックメーカーのオッズを確認するのが常なのだが、さしもの予想のプロたちも、五輪サッカーにはてこずっているようだ。
というのも、オッズの多少のズレはあれど、人気の順番に関してもどこもほぼ同じ場合が多いW杯と違い、五輪サッカーの人気はブックメーカーによってかなりの違いがある。
日本が入ったグループBを見ても、あるブックメーカーがナイジェリアをグループの1番人気に推しているかと思えば、あるブックメーカーはコロンビアを推している。
また、あるブックメーカーはスウェーデンが一番力が落ちると見ているが、あるブックメーカーでは日本の力がどん尻に違いないと踏んでいる。
つまりは、どこがグループを勝ち抜けても不思議ではないし、どこが優勝しても驚きではないのが五輪のサッカーなのである。
まして、今年のサッカーはレスターの優勝に始まり、アイスランドの躍進、ポルトガルのユーロ優勝など、何十年に一度あるかないかという大荒れの展開が続いている。
リオ五輪でも本命ブラジルがそのまま優勝する、とはちょっと考えにくい。
願わくば、大荒れの波に乗って日本も突っ走ってもらいたいものだが、カギを握るのは、やはりナイジェリアとの初戦ということになるだろう。
96年のアトランタ以降、日本は5大会連続で五輪本大会に駒を進めているが、初戦を落としてからのカムバックは一度もない。
初戦で負ければ、ほぼアウト。そんな歴史を考えれば、何が何でもナイジェリア相手に勝ち点をゲットする必要がある。
ただ、ものは考えようで、もし初戦を落とし、それでも決勝トーナメント進出を果たせたとしたら、
W杯を含め、日本サッカー界にとって最初の快挙ということになる。若い選手たちにとっては、目指し甲斐(がい)のある勲章ではないか。
全敗もあれば全勝もある。それが、今回の五輪における日本の立ち位置だとわたしは見る。個人的な期待度は、4年前よりも、高い。

(金子達仁氏=スポーツライター)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2016/kiji/K20160721013008100.html

続きを読む

FC東京・石川直宏、五輪メンバー発表を受けてのツイートが深イイ!

ついに発表になったリオ五輪に向けたU-23日本代表。
選ばれし18名の選手たちは今年の8月、リオを舞台にメダルを目指す。
五輪に向けた代表メンバー発表ということで、記者会見が行われたJFAハウスにはこの日多くの記者が押し寄せた。またそのニュースは即座にサッカーファンの間を駆け巡り、大いに盛り上がりを見せていた。
会見冒頭、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「選手にとってオリンピックに出る、出ないというのはその人の人生や、様々なものに関わってくる」と話している。
リオ五輪世代の選手たちは緊張しながらこの会見を見ていたはずだ。そして、メンバー入りを果たした選手は歓喜し、惜しくも落選した選手のなかには涙を流した選手だっていたかもしれない。リオ五輪世代のフットボーラーにとって、7月1日はある意味で特別な日であったのだ。
そんななか、2004年に開催されたアテネ五輪メンバーの一人である石川直宏がこんな内容をツイートしていた。


メンバー発表を受け2004年当時のことを思い返した石川だが、意外にも何も覚えていないのだそうだ。
卓越したスピードを武器に、若くから頭角を現した石川。アテネ五輪ではグループステージ突破はならなかったものの、その後もJリーグで活躍を見せ、2009年シーズンには得点王を争うほどまでのスーパーな活躍を見せた。
日本代表としてもプレーし30歳を越えても第一線で活躍していたが、昨年8月に行われたアイントラハト・フランクフルトとの親善試合で左膝前十字靭帯を断裂し、現在はリハビリ中である。
そうした様々な経験があったからこそ、2004年当時の記憶は薄れているのだろう。10年経って振り返ると、そんなものなのかもしれない。
続けて書かれていた内容がまた深い。
「素晴らしい舞台なのは間違いないけど、あくまで通過点。サッカー人生は続きます。それぞれの想いを胸に嬉しさも悔しさも積み上げて欲しい」
人格者としても知られる石川らしい、含蓄あるメッセージだった。

http://qoly.jp/2016/07/02/naohiro-ishikawa-twitter-20160701

続きを読む

ヤングボーイズ・久保裕也のチームメイト(元スウェーデン代表)の証言!「イブラヒモビッチはOA枠でリオ五輪に出場する」

スイスのヤングボーイズでプレーするU―23日本代表FW久保裕也(22)が14日、リオ五輪1次リーグで世界の強豪と対戦することになった抽選結果に腕をぶした。
“死の組”こそ望むグループだった。久保は「良いグループに入りましたね!」と第一声を弾ませた。「どうせ五輪でやるなら強い国とやりたかった」。対戦相手が決まり早くも臨戦態勢だ。
流れを左右する1次リーグ初戦の相手はナイジェリア。13年U―17W杯でMVPを獲得し、マンチェスターCに所属する1メートル87の大型FWイヘアナチョがいる。久保はここでも「良いじゃないですか」と笑顔。そして最大の興味は最終戦で戦うスウェーデンだった。
「ゲルントに聞いたのですが、イブラヒモビッチがオーバーエイジ枠で出てきそうです。楽しみです!生で見て、どんな選手なのかを感じたい」
ヤングボーイズには元スウェーデン代表FWゲルントが在籍。すでにスウェーデンの情報収集をしたという。イブラヒモビッチは、言わずと知れたパリSGで活躍する世界的ビッグネーム。だが偉大な選手と同じピッチに立てるから喜んでいるのわけではない。
「そういう選手とプレーするには、それなりの舞台にいかないとやれない。日本では厳しいグループに入ったと言われている?ネガティブですね~。強いチームとやれることは良いこと。それを感じられるということは勝敗以上に成長につながる。僕たちは世界を知る必要がある。強く、速く成長するためにもね」
久保世代は世界大会の経験がない。リオ五輪は世界での立ち位置を図る大会でもある。「オレに求められるのはゴール。日本の勝利のために準備したい」と勝利を追求する姿勢は大前提。その上でリオ世代が18年W杯ロシア大会のメンバーに食い込んでいくためには、厳しい戦いこそが重要だと強調する。
リオ五輪本大会まで残り4カ月。久保自身はそれまでにヤングボーイズからのステップアップを目標に掲げている。
「リーグ戦の残り9試合は、今後を左右する。人生、懸けます!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000087-spnannex-socc

続きを読む

【ハイライト動画】開催国ブラジル、南アフリカにまさかの無得点…リオ五輪初戦は引き分けスタート!

【ブラジル 0-0 南アフリカ リオデジャネイロオリンピック1次リーグ】
現地時間4日にリオデジャネイロオリンピック1次リーグが行われブラジル代表は南アフリカ代表と対戦。 開催国として金メダル獲得の期待がかかるブラジルだが、南アフリカを相手に0-0で引き分け初戦は引き分けスタートとなった。
オーバーエイジ枠として選出されていたネイマール、GKウェベルトン、レナト・アウグストの3人は先発出場を果たす。 強力な戦力を揃えるブラジルだが、なかなか得点を奪うことができない。
すると59分、ムバラが退場し南アフリカの選手が一人少なくなった。
その後はブラジルの猛攻が続きシュート20本以上も放ったが、それでもゴールを決めることはできず。 開催国として挑んだリオ五輪初戦は0-0となり引き分けスタートとなってしまった。
【得点者】
なし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160805-00010001-footballc-socc
フットボールチャンネル 8月5日(金)6時13分配信

続きを読む